★マカオと香港を一人旅してきたよ②ー西洋の息吹を感じるマカオへー★


刺激的なマカオの街を歩いてみましょう。

まず、事前にちょっぴりお勉強。
マカオは中国大陸の南、広東省の南にあり、香港の南西約60kmのところに位置しています。
時差も一時間で、飛行機、フェリーともに便も多く便利すし、旅行しやすい場所といえるでしょう。
気温は日本より温かく、2月の平均が17度程度とガイドブックには書かれていましたが、嘘つけと文句言いたくなるほど滞在中寒かったです。防寒対策もそれなりにしておいた方が良いようです。

マカオは1999年12月20日に中国に返還されるまで、ポルトガルの統治下にありました。現在は特別行政区となっており、返還後も司法、立法、行政の自治権が認められたため制度としては大きく変わったところは見当たらないようです。
香港同様に言論の自由や、複数の子供を持つことも認められています。(とはいえ中国の意向を重視するような首長が立つようになっているようですが)
そしてこの返還から50年までは一国二制度というこの制度が継続されることが決められており、逆に言えば、50年後には現在の香港、マカオではなくなっているのかも知れません。。。
先のことは分かりませんが、まぁそういう土地だということです。

公用語は中国語とポルトガル語だそうです。感覚的には中国語で話しかけられることがほとんどでした。看板などは中国語(広東語)、ポルトガル後、英語の列記でした。

IMG_6245.jpg


マカオにはマカオ半島と、タイパ、コロアネ、コタイという地域があります。
コタイは埋め立てて作られたリゾートエリアな模様。
今回はマカオ半島のみ観光してみました。橋が架かっているためバスで訪れることが出来るようですよ。

Map_of_Macau.gif 
 
ちなみにどのあたりだったのか忘れましたがフェリーで移動中、海上を巨大な橋が通っていたのです。
今、建設中というよりは忘れられたかのような姿。端がどこにつながっているのか全く見えないほどの巨大な橋がぽっかり。
グーグルマップを見ても分からず、はてはまぼろしかと思っておりましたが、
どうやら香港、マカオ間を繋ぐ計画の「港珠澳大橋」の一部であるようです。
余りに壮大な計画で一時凍結などしていたため、結構古い部分もあり、まさか現在建設中だとは思いませんでした。

「キノの旅」を思い出すような、およそ現地離れした光景でした。








IMG_6242.jpg

ホテルのチェックインなどしつつ、3時頃から町歩きを開始します。
あんまり下調べが出来ておりませんでしたが、ひとまず歩き回ってみました。
これは水坑尾街のあたりでしょうか。
異様にスポーツブランドのショップが多く、目を引きました。めぼしい店は大概あったんじゃないかな。
風が強く小雨と霧が多いのが原因か、ウィンドブレーカーを着ている人が多いようでした。便利だし人気なのかも。
スポーツシューズも多かったなぁ。


IMG_6247.jpg

ゴハンを食べ損ねておりましたので、地元の人でいっぱいだった「湯之麺」というお店に入ってみました。
頼んだのは「番茄豬肉鬆湯泡飯」というメニュー。トマトがたっぷり入ったおかゆで美味しかったですね〜
今思い出してもまた食べたい!ガイドブックによるとレモンコーラはホットででてくるときいて期待していたのですが、普通に冷やでした。そういえば同じドリンクでもホットよりコールドの方がちょっとだけ高い設定になっております。氷代かな?
全部で65HKD(=MOP)


IMG_6249.jpg

なにか舞台をやるようでその準備をしているみたい。文化圏としてはやっぱり中国なのね。

IMG_6250.jpg

街には集合y図歌区が多く、コンクリートは基本打ちっ放しのよう。経てきた時間が目に見える街です。

IMG_6236.jpg

ポルトガルの歴史の残る地区にはきれいなタイル細工があったりも。
タイルの修繕をやっている場所もあり、今後もこの街並みは残されていくのでしょう。



ラザロ地区というポルトガルの面影を色濃く残すエリアをまわってみます。

IMG_6256.jpg
聖ミカエル墓地(聖味墓墳場)
質素な礼拝堂ではありますが、ステンドグラス、綺麗でした。

IMG_6257.jpg 
墓石があまりにもうつくしかったので、墓地も一枚だけ写真を・・・。




IMG_6272.jpg

香港もそうですが、マカオは坂の多い町でした。
長崎や神戸しかり、良港と言われる街はやはり坂の街なのですね。



IMG_6263_20170305222559b8e.jpg
馬忌士街(マーゲイシガァイ)
マカオで一番ポルトガル風情を漂わせている通り。それであって中国風の家飾りがしているところなんて、奇妙であって、不思議と調和しているのです。



IMG_6265.jpg


IMG_6282.jpg 
瘋堂斜巷(フォントーンチェーホーン)だと思う。




IMG_6268.jpg
旧仁慈堂婆仔屋(old lady's house)
旧老人ホームだったものを改装し、オシャレなエリアに・・ということでしたが、(2回訪れましたが)お店も閉まっていたりで、あんまり人もいないようでした。


IMG_6284.jpg 
聖ラザロ協会(望徳聖母堂)
1568年に立てられたマカオ最古の教会の一つらしいです。
特筆することもない割と普通の教会ですが、5時をまわっても確か中に入れたのがびっくりでした。

IMG_6280.jpg 

味のあるいい教会です。

IMG_6287.jpg 
和隆街(ウォーリンガーイ)
夜は街灯に灯がともりいっそうロマンチクらいしです。

IMG_6269.jpg 




IMG_6293.jpg
とにかく坂が多くって、若者のハズのnittiでもちょっと大変なことも。
おばあさんが一歩一歩段を下っていく姿が印象的でした。エスカレーターがあるところもあるんですけどね。


IMG_6288_201703052226047af.jpg
中華らしい活気のある街。





IMG_6302.jpg 
【世界遺産】大堂(主教座堂:カテドラル)を広場から1622年創建で再建を重ね1937年に現在の形に。
調度ミサのようなものをやっており、写真は撮れませんでしたが壮麗な教会でした。
世界で最も美しいカテドラルのひとつ、らしいです。(個人的には褒めすぎだと思うけどw)

IMG_6307.jpg 
ポルトガルのアズレージョと呼ばれるタイルの装飾もなかなか見事でした。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






マカオ名物エッグタルトをカテドラル広場で頂きます。
すごく玉子感が強くって美味しいヾ(*´∀`)ノはんぺんと玉子で作る、伊達巻きみたいな味がしたっていったら起こる?

IMG_6301.jpg
[ 2017/03/06 22:14 ] 海外旅行 香港・マカオ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/604-3f6ef498