スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★マカオと香港を一人旅してきたよ①ー西洋の息吹を感じるマカオへー★


出発前日に気付いたところによると、香港国際空港からマカオへ直接フェリーで行けるらしい。
せっかくならばと、ホテルも決まっておりませんでしたのでそのフェリーで行ってみることにしました。

ちなみにnitti香港もマカオも中国の経済特区みたいなものというイメージはあって、
勝手に島なのかなぁなんて思っていたのですが、大陸と地続きだそうで、割とすぐいけちゃうんですね。例えば香港ー深圳では短期ならビザもいらず、40分程度でいけるみたいですね・・・

次はゆっくり中国側も訪れてみたいです〜


map_asiaHK220.gif

ちなみに香港国際空港は香港とマカオの間にある大きな島、ランタオ島(香港ディズニーランドもここ)にありますので時間的にも値段的にもフェリーで直接マカオに行くメリットはあるんですよ。


ちなみに航空券はpeachのセールで¥14,080
往路8:20(関空・第2ターミナル)ー11:45(香港・第1ターミナル)
復路17:50(香港・第1ターミナル)ー22:15(関空・第2ターミナル)

受託手荷物などは全てなしの一番シンプルなものです。行きがけから10kgの手荷物制限にひっかかりかけて、「ポケット入る荷物は入れていいですよ」と言われてしまう始末・・・先行きが不安です( ̄▽ ̄;)

ちなみに帰りはチェックが緩くスーツケースしか測られませんでした(頑張って守ったのに)。

IMG_6214_2017030520430954b.jpg


とにもかくにも香港までの3時間強のフライトが始まる訳です。
8時20分発で第2ターミナルだと我が家からは4時台の始発に乗らないといけないし、復路便もかなり終電が怪しくて、手荷物を預けていると家まで帰り着けるか不安というレベルのギリギリ日程ではありましたが、乗り遅れることもなく、どうにかこうにか無事に帰ってこれています。安いのは安いなりというのは確かですけどね。

でも、深夜に現地に着いたり、現地早朝発だと、そもそも空港で夜を明かさないといけなくなりまして、しんどいので、有難い日程ではありますが。
(ちなみにこの旅行の前後でたまたまプレゼン計4回が組み込まれており、帰ってこれないは絶対NGということ、人前で話すのが苦手なnittiとしては発表そのものが気が気ではありませんでした。。。)


さて、話は戻ってマカオへ向かう道中。
まず、香港国際空港で香港に「入国せずに」フェリーに乗ります。
イミグレの前に「turbojet(噴射飛航)」のチケット売り場でチケットを買います。値段は254HKD(香港ドル)
nittiが向かったときの相場でおおよそ3700円くらいでしょうか、今レート悪いんですよね〜( ̄▽ ̄;)
IMG_6220_20170305204313035.jpg
マカオにはマカオ本島とタイパというリゾート島があるので、ホテルの場所を間違えないよう気をつけないといけません。

手荷物を飛行機に預けていればそれもスルーチェックインで運んでくれるシステムがあるみたいですが、その場合乗り継ぎ間の時間が長くなるようです。nittiは特に預け入れの荷物もありませんでしたので、すぐのチケットを購入できました。

ちなみにnittiのチケットはボーディングの時間を早く書き換えられたんですね、
他の人達のチケットをこっそり見てみてもそんなこともないようで、よっぽど挙動が心配だったんでしょうか・・・(。・ω・。)


フェリー乗り場までは地下鉄のようなものにのって運ばれます。
その地下鉄が地下坑道を走るゲームのアトラクションのようで、結構楽しかったですヾ(*´∀`)ノまた、それだけ乗りたい・・・w
IMG_6219.jpg

フェリー乗り場で待っている間も空港内と同様WIFIが高速で使えました。今回、本当にマカオに行けることが分かってからホテルを取ろうと思っていたのでちょうど良かったです。マカオ側のフェリーターミナルも同様にWIFI使えましたよ(ㅎωㅎ*)ホテルの予約はここでするといいかも!


道中の船は、悪天候のためかかなり揺れ、ジェットコースターの落ちる感覚が何度も何度も繰り返します。

げろっという程ではありませんが船酔いしてしまいました。しんどいです。
ほとんど船酔いしないたちのnittiでもしんどかったので、不安のある方は酔い止め薬を飲むことを強くオススメします( ̄▽ ̄;)
私はHUNTER試験会場にすらたどり着けない人間であったようです。

とにかく惨事を引き起こすことなく、無事マカオのフェリー乗り場につきまして、市内にあるホテルを目指します。
インフォメーションで市内中心部へ向かうバスの番号を聞いて、乗り込みます。香港ドル=マカオのパタカで、香港ドルがマカオでも同様に使える用でした。
ただ、観光客があまりこないような路地の食堂などでは、使えないこともありましたので多少注意が必要かな!

3番バスで3.2MOP(マカオ通貨)数十円程度です。
おつりが出ないので大概払いすぎる羽目になりますが、すっごく安いですね!
地下鉄などがないのでバスかタクシーしかない中、安く、便利だったので、メインのバスをいくつか覚えて使いこなすといいと思います。
マカオの見所はまとまっているので、正直大概の場所は時間さえあれば歩いて行けますが・・・

IMG_6223.jpg
ちょっぴり体調が優れなかったことも有りますし、安全にカジノを覗いてみたいという好奇心があり、
カジノ併設の4つ星ホテルに泊まってしまいました・・・www

マカオの安宿、ざっと調べた感じではあんまりなくって、女性がお客さんを取るためのホテルというのも多いらしく、もういろいろ考えるのがめんどくさかったというのもあります。
お値段日本円で11765円、Holiday inn(暇日酒店)というインターコンチ系チェーンのホテルです。酒におぼれた暇人って感じ。

中華圏ではホテルは酒店と表記されます。
ちなみに、香港で見かけたevergreen hotelは萬年青酒店なんか、意味としてはあってるんですが、こう、字面がなぁー。


こちらがHoliday innの室内。水回りも良くで、アメニティも十分。
さらには、スマートフォンを無料で1台レンタルしてくれ、電話代も全て無料だそうです!!(表記は中国語・英語のみでしたが)

電波が遅く使い物にならなかったので普通の使用は諦めましたが、いざというとき電話が使えるというのは心強いです(。・ω・。)


前置きが大変長くなりましたがようやくマカオの町歩き編に入っていきたいと思います〜

IMG_6237_201703052043330a5.jpg
マカオの家事のの写真

IMG_6240.jpg
集合住宅の密集具合

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






IMG_6216.jpg

空港、街中、セブンイレブンがたくさんあります。置いてある品物も普通に日本と同じものもずらり。
せっかくの外国なので、見慣れないドリンクを試してみましょう。
どうやらミルクティーのようです。ありふれた味ですが美味しいです。同じ店で生クリーム?牛乳に文句をつけているお客さんがいました。店員さんがパックを明けて流しに流しておえっという顔。急に不安になりました・・・

ちょうどいいサイズだったので水筒に使用とも思ったのですが「本産品開封後為未完全密閉之容器・請小心擺放・避免滲漏」と書いてありました。
止めました。
簡体字(簡略化された字)になっている中国本土よりも日本の漢字に近く読みやすいですね。
[ 2017/03/05 21:14 ] 海外旅行 香港・マカオ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/603-ce51df9d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。