スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★鹿児島を旅行してきたよ②ー指宿ですなにうずもれる★


星月夜 海もなぎさも 白けれど 葭簀の屋根の 暗き砂風呂
                                与謝野 寛(鉄幹)

しら波の 下に熱沙の 隠さるる 不思議に逢へり 揖宿に来て
                                与謝野 晶子

指宿を訪れた二人が詠んだ句だそう(「霧嶋の歌」より)

写真 2016-12-17 16 50 26
鹿児島でやりたいことは2つありまして、1つめが友人が何度も話していた鳥刺しを食べること♥
それは初日の朝食には既に達成していました( ̄▽ ̄;)ww

朝っぱらから鳥刺しwww

そして、もう一つは指宿(いぶすき)で砂蒸し体験をすることー!!!
冬でもやっているのか少し不安でしたが、年中体験できるようです。
今回訪問したのは「砂むし会館 砂楽」なんと夜8時30分まで受付しているのだそう!

一番大きい施設で、他の砂むし会場は5時くらいまでらしいですので使い勝手という意味ではここが一番なのかもとは鹿児島在住友人談。



海岸からわき出る温泉の熱で暖められた砂に包まれる入浴法である砂蒸し
その蒸され方ですが
素っ裸の上に砂蒸し用の浴衣を着て砂浜まで歩きます。冬は寒いです。
入浴料に含まれる浴衣、持参or購入の頭に巻くようのタオル、写真撮影用のカメラor携帯を携え砂蒸し会場に行くと、
係員さんが砂に埋めてくれます。若いお兄ちゃんががっさがっさ埋めてくれるのでちょっと気恥ずかしいです。(おばちゃんのような感想やな)
写真_2016-12-17_16_56_19

砂があったかく、特に底の方が温度が高いため、背中側が熱くなります。低温やけどをしないように10分程度を目安に出るようにとのこと。

浴衣のまま砂から出て、お風呂場へ直行し、砂と汗を流します。
nittiの背中は頑丈なのかどうにもなりませんでしたが、皆さん真っ赤になっていて、ちょっと痛そうな人も・・・。

お風呂も温泉なので気持ちがいいですよー(。・ω・。)


ちなみに携帯電話を持って行くと、スタッフさんがビニール袋をくれ、記念写真も撮ってくれますよー
(砂蒸しの後はお風呂まで直行するので注意です!)


写真 2016-12-17 17 11 23


●砂むし会館 砂楽 入浴料920円(浴衣レンタル代含む) タオル販売110円
 お風呂セットを持って行くといいですね。



特に写真が残っているわけじゃないのですが、開聞岳という綺麗な形をした山がなかなかに美しく、印象的でした。



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







写真 2016-12-17 19 32 02


晩ご飯は鹿児島市の方へ戻って「花ん華」というホテルに併設されたレストランで鶏飯(けいはん)を食べたのですが、これが最高に旨い!
鶏飯ってトリメシちがうのん?と思ってましたが、ひつまぶしの蒸し鶏版のようなお出汁で食べるお料理で、奄美の伝統料理なのだそう。
食べたことのない料理でしたが、最高!自宅でなんとか再現できないかしらん・・・。

友人のオススメのお店らしく、大満足の夜ご飯でも1500円くらい。このコスパ、味、お店の雰囲気何をとっても間違いないと思います。唯一車がないといけないのはしょうがないですね。

ちなみに関西に住んで長いので京阪電車が真っ先に思い浮かびから「け→はん↘」なんですが、鹿児島の人は「け→は↑ん」って発音のようです。

鹿児島って結構方言がきつくて、nittiも同じ九州人で、実家に帰った瞬間バリなまりますが、イントネーションにかなりの違和感を感じますね〜(ㅎωㅎ*)
他では聞かないような抑揚をつけるみたい。

「将来なんになりたいのー?」「こ→むい↑ん」というこのCMがよく現していると思います。


[ 2016/12/21 23:09 ] 国内旅行 九州 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/594-186ccd3c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。