スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★キューバ旅行記③バスとかご飯とか★

IMG_3608.jpg



IMG_3606.jpg

7時からと聞いていたので朝ごはんを。
滞在中に思ったんだけど、キューバ料理なる伝統食ってないのよね。正確に言うと、観光客向けに伝統食を出している店がないというべきか。基本スペイン料理、とアメリカのテイストが混ざった西洋料理という印象をうけました。パンや焼き菓子類は甘すぎず、結構美味です。
いろいろ食べたわけじゃないけどね。

テーブルクロスをあまり洗っていないのか、小虫の止まったりつぶれたりしているテーブルクロスではあったものの、料理は美味しく、(コーヒーも作り置きなのに美味しく)
そして何より、生搾りのジュースがおいしかった!どうやらキューバでの朝ご飯に生搾りジュースがつきものらしく、どこのホテルでも最高に美味しいジュースが提供されていましたよ。トリニダーで宿泊したクラブアミーゴ・コートダジュールなどは何種類も!

聞くところによるとカサパルティクラールという民宿で朝ご飯をお願いした場合もついてたりするのだと!!

あと小虫、コバエについては、最初ぎょっとしていた同行者も旅行中にどんどん慣れていってましたw

IMG_3609_20160917230737bb1.jpg
食堂の窓からの眺めもなかなかヾ(*´∀`)ノ


IMG_3604.jpg
レトロな仕様のエレベーター。飾りなのか壊れているのか、針は動いてませんでしたがね。

両替はホテルのフロントでもユーロからなら1CUC=1EURで「交換」できるそうですが、レート的にちょっと損だよと。計算上はほとんど変わらないみたいではありますが。
nittiの用意していたメキシコペソは出来ませんでした。

CADECA(両替所)はオビスポ通りやホテルイングラテーラの裏にあるけれどオープンは8時半(多分)だそうです。
朝食後にトライはしたものの、やはりすごく並んでいて、長距離バスの時間に間に合いそうになかったので、諦めて、友人の持つタクシーのお釣り70CUCでしばらく過ごしてみることに。
このまま違う街まで行ってしまうのですちょっと不安ではありますが・・・。

IMG_3613-001.jpg
CADECA周辺。


そしてCADECAの位置を教えてくれた親切なホテルイングラテーラ前のイエロータクシードライバーさんのところに戻って、viazulバスのターミナルまで連れて行っていただきました(10CUC)。
イエロータクシーは新車を使っているので分かりやすいのですが、基本ぼったりすることもなく、紳士的なタクシーのようで、わくわくどきどきには多少欠けますがオススメはオススメです。
このバスターミナルが結構遠くて、さらに20分前くらいにチェックインをしないと、他の人にチケットを売られてしまったりするらしく、要注意なんだそうです。
一応路線バスでも行けるようですが、観光客以外向けの物は、傍目で見ていても、激混み、ですんでナカナカ大変かとは思います。



VIAZULのバスはとても、死ぬほど寒いと友人Aに聞いており、覚悟して色々防寒グッズを持ち込んだものの、そこまでではありませんでした。季節柄かもしれませんし、苦情があったのか、たまたまかもしれません。
バスターミナルに早めに行くメリットに、荷物を預けて乗り込む際、定員いっぱいまで人が乗るので(時期による、nittiたちは8月のどうやらハイシーズンに行きました)あまりギリギリで向かうと、並び席が取れなかったりもするようです。
運行自体は親切で、定刻を過ぎていても、まだ来ていない人がいると待っていてくれたりしてます。休憩時間も同じ感じ。ちなみに遅れてきたやつは一人旅の日本人みたいでしたwコノヤロウw


VIAZULバスは中国製と聞いていましたが、シートはふかふかでかなり座りごこちがよく
すごーく体にフィットして、起きていようと努力しても眠ってします、魔のシートw
長距離をいくのであればコンタクトを外して休憩モードに入ってもいいのかも。
飛行機よりも快適に眠りに誘ってくれました、見習って欲しいwww

IMG_3854 2

トリニダーの駅には、ベンツのマーク付きのVIAZULまでもおりましたよw絶対違うけど。


街から離れるとバスからの風景は、一面みどりとなり、ほとんど民家などはない状態。ただ路面は整備されており、オールドハバナ内のガタガタボロボロとは落差があります。
低木と草原、そして少しのヤシのような南国植物。これがひたすら続いていきます。

風を切りひた走る二人乗りのバイクは、革命家になる前のゲバラの南米の旅を描いた「モーターサイクルダイアリー」の世界のようで、道がどこまでも続いていきそうでした。

のんびり進む、純粋に移送を目的としての馬車、かっ飛ばすクラシックカー屋根なし(クラシックカーが本当に現役でたくさん走っているのです‼︎)ピックアップの後ろに何人も乗り旅をする様子、どれもこれも気持ちが良さそうです。(実際はすごく暑いのでしょうけれど、とクーラーの効いた室内から。)


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







ところどころに、柱の上にUFOのような、なんだか奇妙なものがのった近未来的な建造物ががニョキニョキとたっておりました。
見張り塔なのかなんなのか、スピーカーなのかなんなのか、それともこの国はもうUFOに侵略されてしまったのかwww

バスなどで郊外を走っているときに割合何度も見かけたのですが、毎度写真をとるチャンスに恵まれず、わからず仕舞いです。旧ソ連圏には奇妙な建物がしばしばみられると聞きますが、それと似たセンスを感じる建造物でした。

写真ないですが、ご存じの方いらっしゃれば是非教えてください〜!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/565-5e986a25










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。