スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★インターメディアテークが悔しいほど良かった話★

2016-04-30 16

最近友人に勧めまくっているのが東京駅の目の前にある元郵政の建物内であるKitte(きって)
その中にある、インターメディアテークこと東京大学総合研究博物館です。

kitte自体が郵政民営化に伴い、最高の立地のビルを有効活用しよう的なものなんですが、これがなかなかセンスのいいお店だらけで、
しばしば東京駅でちょっと暇をつぶす必要ができちゃうおのぼりさん的nittiにはありがたーい場所でした。

欲しい物がありすぎて、逆に物欲が消える現象をしばしば味わえますw


余談ですが一番欲しくなったのが(そして我慢したのが)
ひとしずくという萬古焼の茶器

温かい手触りに、ひとりぐらしにぴったりなサイズ感、惚れました。
th_hitoshizuku_title.jpg
http://www.fujisou-s.jp/hitoshizuku.html

あと、ロールタイプで簡単に塗れるのネイルオイル。

さてさて、そんな中にしれっとあって気づかなかったのが
このインターメディアテーク、なんたって無料だしね、と軽い気持ちで訪れたんですが・・・


13G100947_01_880x660.jpg



13G100947_02_880x660.jpg
https://www.g-mark.org/award/describe/40400
グッドデザイン賞のページから写真をお借りしてきているんですが、そりゃ選ばれもするわって。


大学博物館だろうと嘗めてかかっちゃいけません。
入り口には白衣を着たお姉さんが、深々とお辞儀をして中へ案内してくださいます。
その時点でまず、びっくり。無料コインロッカーも完備だし。

展示物もですが、まず見せ方が上手い、悔しくて震えるほど上手い。

あの某O大学はなんだというのでしょう。
入り口にワニの剥製なんて飾っちゃって、もうお鉢を奪われたもいいとこです。


歴史のありそうな重厚な展示ケースに入れられて、贅沢にスペースを使い飾られるエピソードのありそうな一品たち

さらに、触れられるほど近くにガラスもなく展示された骨格標本。

遅くまで開いている割りにがらりとした館内を独り占めする贅沢。


これだけ余裕を持って展示されているにもかかわらず、一周見て回るころにはカナリの時間が経っていました。(カフェで休憩して、さらに気に入った展示をもう一度見たnitti、贅沢ですな)


top91+.jpg




ギメルームと題されたエリアでは「エミール・ギメ」ゆかりの展示ケースの寄贈を受けたことを機に開設されたエリアで、「驚異の小部屋」。かつて西洋で流行した驚異の部屋(独ヴンダーカンマー)的な物なんでしょう。

奇妙な鹿類のツノに、人よりも大きな葉、巨大さと不気味さでエイリアンと見まごうタカアシガニの標本・・・
見応えがあります。


博物趣味だけでなくって、最新の研究の一端や、ノーベル賞ネタなどをちらりと紹介してくるところも心憎く、にゅーとりの、勉強しようとこっそり誓うnittiです。



同系統のいくらでもいれる博物館、みんぱくこと民族学博物館を有する大阪は恵まれてるわーと思っておりましたが、、、、こやつなかなか・・・


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






ちなみにkitteに入っている根室花まるというお寿司屋さん。並んでおりましたが、珍しいネタが多く、味も美味しくなかなかの満足度でした。

一人回転寿司は勇気がいりましたが、よくよく考えれば一人飲みよりハードル低いな。。。
お隣にこれまたお一人でお座りだった、どこかの国からの旅行者さんに話しかけなかったのを今でも後悔しているのでふ。
[ 2016/05/20 21:52 ] 国内旅行 東京 | TB(0) | CM(2)

初めまして!
Kitte内にこんな素敵場所があるなんて、全く知りませんでした。
この記事読ませていただいていたら、もう行ってみたくて仕方ありません。
コレは是非行かなくては!

若冲は、平日でもあの有様では人混みが苦手な人にはレヴェル高過ぎです。
諦めました・・・ 私は海モノが大好きなので、特に貝甲図には大変お目に
かかりたかった・・・
[ 2016/05/27 00:04 ] [ 編集 ]

よ〜かんさん!!コメントありがとうございました。
なかなか返信を返さないままにしておりまして大変失礼致しました。

インターメディアテーク、オススメですので是非是非行ってみてくださいね。(これを返信する頃にはもう行かれていたりして)
普通の博物館よりもインテリア的なこだわりがある様に感じ、何時間でもいれますし、わりとすいていて穴場感がありましたヾ(*´∀`)ノ

若冲展は、激混みは覚悟の上でしたが、それでも耐えがたいほどの人・・・。
もう二度とこんな機会はないかもと必死で行きましたが、案外あっさりと再公開されそうな気もします!笑

貝甲図いいですよね。他の作品とは毛色が違ったのでずいぶんと目を引きました。今は画集をデスクの上においてしばしば愛でていますw
[ 2016/06/12 16:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/536-a3572f14










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。