スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★神戸ファッション美術館(こどもとファッション展)とローストビーフ丼な休日★

灘の酒造めぐりのあとは、神戸ファッション美術館へ(。・ω・。)
女子会ですからね!酒蔵だけでなくちょっとはこういうのを混ぜていかないと!

六甲ライナーの魚崎駅からアイランドセンター駅へと、ルートもちょうど今回の酒蔵めぐりとぴったりでした。
IMG_3386.jpg



IMG_3383.jpg

遙か上空を走る六甲ライナーからの景色がなかなかにフォトジェニックで、とても気持ちがいいのです。


th_event_photo01-1_2016.jpg

以前行われていた「超絶刺繍」という展示にいきそこねて以来機会をうかがっていたので、良いタイミングでした♥
現在の展示は「こどもとファッションー小さな人達へのまなざし」
子供服を中心とした展示で、「子供に対しての認識」の変化といった見方でも楽しめる内容でした。
大人服のミニチュアが子供服であった時代から、子供服としてのデザインが始まる時代
まさか服を見に行って教職で習ったことを思い出すとは・・・w

教育学なんぞの分野でもてはやされる?ジャン・ジャックルソーの 「エミール」
中世まで子供とは「小さな大人」であった、こどもとは単に小さな大人であった。
ルソーはこの著作でこどもはこども特有のものの見方、考え方があるとし、その特有の価値があると主張しました、これによって「子供が発見」されたのです!

ま、読んだことないのですけどね。今ぽちったので頑張って読みます・・・。上中下巻式でハードル高いんだよー



展示自体は、ざらざらとたくさんの大人の服や子供服が展示されているという内容の物で、
どの衣装も丁寧な刺繍が施されていたり、細工がされていて、こういった服を身につけることができるのは
果たしてどういった子供達だったのだろうか、とそればかり考えてしまいました。

子供服なんて長く着れる物でもないし、何しろ子供は汚す。


ここだけでなく、民俗学展示等を行う博物館などでもしばしば感じることですが、
人類の歴史において、(余裕があれば)着飾りたいと言う欲求は根源的なものなんでしょう。

私にはその根源的な物が欠けているのかしらん( ̄▽ ̄;)



普段nittiが行く美術館とはずいぶん雰囲気が違っていました。

まず、客層が若い女性ばっかり、特に専門学校?かなにかで、服飾を専門にしているような印象の方が多かったです。男性は皆無でしたねー。

また、スケッチや本の一頁のような紙物が当時のファッションを知るための材料として展示されているのですが、これもまた、スタイリッシュでオシャレなんですよ。
これぞファッションの世界のスケッチという印象ぴったり何ですが、これもまた普段nittiの行く美術展で見かけることはない、少ない?展示で印象的でした(・∀・)


こどもの〜展はま、ぶっちゃけた話をすると、そんなに好みではなかった訳ですが、また言ってみたい興味深いコンセプトの美術館です。ドレスの歴史とかきになるしw

event_photo01-4_2016.png
トヨクラタケル氏の「こどもふく」よく見ると小さなフェルトの「こども」でできたおよふくなのです!

またトヨクラタケル氏の作品も印象的で、ちょっぴりファンになっちゃったかも!?!?
松岡圭祐の「ミッキーマウスの憂鬱」だとか有川浩の「フリーター家を買う」なんかの表紙デザインを手がけた方なのですが、実際フェルト作品をみると、なかなか感動的。実物の力ってすごいです。


141031_01.jpg

141031_02.jpg
http://neo.exhn.jp/osaka/news/
あとは現代の浮世絵作家と名高くnittiもぷちファンである武田秀雄氏の「ジョルジュ・スーラに捧ぐ」という
まち針にて、印象派画家スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」を再現した
200×320×15cmの大作が展示されていました!ちょっとびっくり!!



e2bb90ab-09af-4670-9bd5-55991bbc88f7.jpg
http://www.obayashi.co.jp/works/search_purpose/search_purpose12/work_1464

シェラトンホテルから出ている普通のバスに乗って三宮へ向かいます。
このバスは港湾沿いの幹線道路を走って三宮まで安価で連れて行ってくれるのですが、その景色がまたすごくいい!
工場地帯があるので見ていて飽きませんし、上下に一車線づつ積み重なって海の上を走るルートは、それだけでなにかのアトラクションのようでした。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






2016-05-14 198


そして最後は最近話題のレッドロックのローストビーフ丼!!!

人は結構並んでおりましたが、わりかし回転が速く、すぐに入店できました。
並サイズで女子にちょうどいいくらいかしらん。

わさびことホースラディッシュ(せいようわさび)は絶対追加するべきです!!
nittiあやうくわさびおかわりするところでしたwww

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/535-deb72d58










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。