★カンボジア旅行記⑤アンコールワット第三回廊編★

IMG_1420_20160124174324e2b.jpg

ハッハッ!見ろ!人がゴミのようだ・・・!
嘘です。すみませんでした。


アンコールワットの第3回廊へは入場規制がされており一定の人数しか立ち入れないため、列に並んで待たねばなりません。また、服装等についても、肌の露出だとか、スカーフだとか!禁止されています。
スカーフが禁止される場所って初めてです。

他には立ち入れない日が月に3−5日程度(カンボジア歴で定められた仏教の日)あるようなので、事前に調べる必要がありますね。

IMG_1429_2016012417595122d.jpg
階段は急なので、手すりを握って気をつけて。
上階へのぼるというより、塔を登るというようなイメージ(ㅎωㅎ*)
アンコールの遺跡群ではかなりの上下運動を課されますので、足腰に自信のある内に行くのが一番な気もします。近いですから、引退後なんて言わずに早め早めに・・・。

IMG_1372_201601171730236d8.jpg
登るのは大変ですが、それだけの価値は十分にあります。



IMG_1365.jpg

妖艶なデバダー。しばし見とれる美しさです。


IMG_1381.jpg

あんな塔の上部まで精緻な細工が施されています。デバダーに赤い色が着いていますが、かつては着色されているのでしょうか。
色がついていた時代のアンコールワット、見てみたいものです。

IMG_1387_20160124174232a72.jpg

第三回廊には猫がおりました。何でこんなところに、とも思ったのですがあんまりゴハンは食べれていなさそう。
第3回廊は飲食禁止だからゴハンももらえないのかな・・・

そういえば第三回廊上には見張りの人なんかもいなくって、観光客がやりたい放題。
皆でジャンプしたり、大声を出したり、気分のいいものではないし、ちょっと残念でした。

わたしたちだって、日本のお寺でバカ騒ぎをする人達がいると気分が悪いですし、敬虔な人が多い国では一層嫌なものでしょう。


IMG_1399_20160124174234eb6.jpg




IMG_1402_201601241742352a4.jpg

あの手がいっぱいあるのは、ヒンドゥー教の神ヴィシュヌでしょうか。アンコールワットはヴィシュヌに捧げられた寺院ですのでおそらくあっているのでしょう。
こういう門の上などにあるレリーフを見るとその寺院がどの神に捧げられたものなのかが分かると、最終日に訪れたアンコール国立博物館で学びました。

あと、今更ですがアンコールワットの「ワット」とは寺院の意味です。クメール語だけでなくって、体でも寺院はワット・チャイモンコンとか(今なぜか浮かんできた)ワット・プラケオーとか名付けられてます。
文化圏としては近いのだろうな。


IMG_1404.jpg




IMG_1407.jpg


窓から身を乗り出して見たところにあったデバダーは保存状態もきわめて良く、一層美しい姿でした。

IMG_1423_20160124174326303.jpg

第3回廊にまで登って初めて遺跡の全体像を眺めることができるのです。
第1、第2回廊似いる際にはそれぞれ自分のいる場所しか目にすることはできませんでしたが、ここ第3回廊では、この間コールワットがどれだけ広大な遺跡なのか分かるのです。

IMG_1424_201601241743277e2.jpg







IMG_1426_20160124175949a14.jpg






IMG_1432.jpg

これだけの塔の上にいたのですね。しみじみ。

IMG_1435.jpg

これは第1回廊の外側ですが、なんだか絵になるなーと思い一枚。

IMG_1440.jpg
乾期には水を足してたりするのでしょうか・・・?
謎です。


IMG_1441.jpg

これは地図によると経蔵。仏教でいう意味の通りであれば経典などの書物をしまっておく場所だとか。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





[ 2016/01/24 22:41 ] 海外旅行 カンボジア | TB(0) | CM(4)

こんにちは

こういう昔ながらのが残ってるってすごい事ですよねぇ。
大切に守られてきたり、誰も深入りせずに荒らしたりせずにいたから、今も存在するのしょうねぇ(・。・)

そして猫ちゃんかわいいねぇ。
ご飯かぁ~。食べれてたら良いんですけどねぇ(>Д<)
[ 2016/01/30 15:57 ] [ 編集 ]

よしおさん、こんばんは!
古いものがきちんと残っているということは、国として誇ることができるものですよね。
そういう点では日本だって負けてはいません。また、残すといっても創建されたときそのままの姿で残していくのがいいのか、あるいは、時代時代に合わせて姿を変えつつ生活に溶け込むように残すのがいいのか、ここも判断の分かれる難しいところのように思います。

そういえば猫ちゃんに限らず、カンボジアの動物たちはみんなすらりと痩せていたのが印象的でした。動物に限らず人もですが・・・(・∀・)ウラヤマシイ
[ 2016/02/01 02:01 ] [ 編集 ]

こんにちは

でも痩せてるって事は、食べ物に困ってそうな感じもしてしまいます。
どうなんだろうねぇ~。
誰かに飼われてたりするのだろうか・・・
自分としては今後もこの猫ちゃんは、頑張って生きていけるのかって心配になっちゃいますよ(・。・;)
[ 2016/02/01 15:06 ] [ 編集 ]

よしおさん
食べ物は豊富ではないのでしょうね・・・
残飯とかもなければ町中で暮らす猫もやっぱりゴハンにこまっちゃう訳で・・・
女子としてはw痩せてるとウラヤマシイですが、不足なく美味しいご飯を食べれることはそれだけでありがたいことですよね(>_<)
[ 2016/02/23 05:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/504-4941950a