スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★カンボジア旅行記②ナイトマーケットとパブストリート★


IMG_1111.jpg
宿泊したホテルはタ・プロームホテル。タ・プロームとは樹木に浸食されたような姿をした遺跡。その名に見合った木肌の美しい内装のホテルでした。
ドアマンの方がドアを開けてくれ、荷物を運んでくれ、案内してくださったボーイさんも日本語を話せますし、みなさんが「いらっしゃいませ」と日本語でご挨拶してくださいます。
広々とした部屋に、アメニティも(使われてないものはずっと使い回しされていて、数が2名分なかったりもしますが)ありますし、紙が流せるトイレに綺麗な水回り、タオル類にバスローブ、コンセントは日本のものがそのまま使える型、水は1日1本プレゼント、冷蔵庫は電源が入っている、と至れり尽くせり
感動したのは、外から帰ってきた人は少なからず砂を持って帰ってしまうので、すぐにモップでフロアを掃除していたことでしょうか。

三つ星ホテルとは思えない対応に恐縮ですわ・・・
ちなみに朝ご飯もおいしいし、街の中心で立地がものすごくいい。
少々夜うるさいですが、歩いてナイトマーケットもパブストリートも行くことができます。
リゾートではありませんが、観光の拠点としては最高だったと思います。

シェムリアップではホテルが林立しており、非常に厳しい競争の元、サービスが競われているのだそうです。


IMG_1578_20160117152025bf2.jpg

名前の由来となったタ・プローム遺跡




IMG_1113_20160115045911a80.jpg


IMG_1115.jpg

せっかくですので、ナイトマーケットでお買い物とパブストリートで晩ご飯をと思い出発です!(。・ω・。)
ナイトマーケットは近年オープンしたという観光客向けの土産物が並ぶ市、夜までやっていることもあり、またこぎれいな商品が多いこともあり、テンションが上がりすぎていくつか買い物してしまいましたが、

同じものが他の場所でもいろいろと売ってありますし、さらにいうと、他の場所の方が値段はずいぶん安いはずです。
もちろん値切りましたが、値切った最終値が、一番寂れたお店での初値でしたwww

IMG_1119.jpg

あ、でもカンボジアの方は商売上手だと思いましたよ。おいてあるものはどの店も大概同じですが、
センスがいいものが多く、滞在中あれもこれもとついつい買い物してしまいました。

IMG_1118_20160115045914ed5.jpg
このヘビがつけ込まれたお酒の購入大分迷いました。夜にうっかり目があったら・・・と思うと購入を断念・・・www
大中小いろいろなモノがありましたが、やはり飾るなら大きいモノかしら?

IMG_1120_20160115045933f51.jpg
ポストの写真とか意味もなく撮っちゃう。


そういえば、全くといっていいほど物乞いを見なかったのも印象的。
唯一見かけたのはこのナイトマーケットへ向かう橋の上に一人だけでしたが、
その人も帰り道にはいなくなっていました。



IMG_1130.jpg

晩ご飯を食べるために訪れたパブストリートではまず驚いたのは、その活気。
とにかく貧乏な国、戦争のあった国、なんていうカンボジアに抱いていたイメージを一気に覆される場所でした。
クーラーの効いた店なんて1件もなかったけれど、壁のない店内は風が気持ち良く、スタイリッシュで、大音響で流れる音楽に生ライブ、世界各地の旅行者たちが遊んでいるようでした。中でも目立つのは西洋人、外で客待ちをし、声をかけてくるトゥクトゥクドライバーがいなければ西洋のリゾート島かと思わんばかりでした。
ですが、ここで遊ぶカンボジア人を見かけることはついぞありませんでした。(見分けがつかなかった可能性もあるけど)ご飯を食べて、お酒を数杯飲んでも10$以下という金額は私たちにとっては決して高くはないけれど、やはりカンボジアの物価を考えれば高いし、わざわざここで飲む必要もないのでしょうか。

IMG_1132.jpg
入った店はレッドピアノというバー。


IMG_1139.jpg

お腹が減っていなかったので、アモックカレー(多分)というカンボジア料理を二人でシェアしビールで乾杯。すっごくおいしくて、ぺろりといけちゃいました。
ちなみに頼んだアンコールビール(Angkor Beer)もすごく好みの味です。日本のビールと同じラガー系で似ているのですが、味は薄めでいくらでも飲めてしまう魔性w
しかも定価は0.5$程度、綺麗な店で飲んでも1〜1.5$程度とすごく安いです。(日本で買うと高いです・・・・・・)
ちなみにレッドピアノでは生ビールでしたが、他の店で(クメールクッキングという有名な店ですがw)は2号店だったせいか、メニューにはある生ビールがなく、なぜか生より高い350ml缶ビールでした。ちなみに感のプルトップを外して注いでくれるのはサービスかと思いきや、どうやらくじがついていて、あたりだともう一本ビールがもらえるあたりが隠されているのだそうですwww

もっといろいろな種類のビールを試せれば良かったのですが、あんまり見かけなかったのと、余りにもアンコールビールがおいしすぎて挑戦を忘れてしまいました。
暑いカンボジアで、よく冷えたいっぱいはホント至福。


アモック(Amok)とは雷魚のことで、カンボジア料理には結構登場する淡泊な味の淡水魚です。そんなに臭くないです。

明日の朝は4時起きなので、今日は早寝をせねばなりません。



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村











ちなみに、試してみたかったけど、やっぱり勇気が出なかったのが以下閲覧注意画像です。


















IMG_1126.jpg
[ 2016/01/18 10:13 ] 海外旅行 カンボジア | TB(0) | CM(2)

ハブ酒ですかね・・・?やっぱり飾ってすごいのはデカいやつでしょうね!飲むのはちょっとでいいですがww

カレーは、やはりめっちゃ美味しそうですね(・ω・人
グロ食材、左のミミズ風のモノなら目をつむればいけそうですが、クモはあかん・・・orz
[ 2016/01/18 10:39 ] [ 編集 ]

M.I.Fさん、こんばんは(。・ω・。)
カンボジアではナーガといわれる蛇神が遺跡にたくさん登場したりすることからも蛇はちょっと特別扱いされてるんですね。
それとこのハブ種?とが関係あるかは分かりませんが、瓶詰めされていた蛇は、コブラのような平べったい種類(ナーガと似てる)でした。

全部は無理ですが一口だけなら飲んでみたい・・・。
なんか元気になるらしいですねw

最近思うのが、我々がゲテモノとおもうものでも、現地では立派な食材であるわけで、私の好物のししゃもやいりこも、人によっては拒否感があるだろうなーと思うわけです。
全ては先入観のなせる技だと・・・
でも蜘蛛はあかん・・・・養殖じゃなければ何食べてるか想像しただけでうぷっとなります(>_<)
[ 2016/02/01 01:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/500-33fec0b2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。