スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★マルタ旅行記③ホテルへの道は遠かった★

IMG_9583.jpg

ハジャーイムとイムナイドラ神殿を見た後は
これまた一時間に一本のバスを待って、空港までいって帰る・・・んですが、
バスの時間まですっごく時間があったので、ひとまずブルーグロットの駅まで1駅分歩いてみることにしました。

IMG_9593.jpg

その道中はすっごく綺麗ヾ(*´∀`)ノ
右側の谷のようになっているところ、
アップで見てみると。

IMG_9600.jpg

ブルーグロットを見るために船に乗った町が!
結構遠いなwww

IMG_9604.jpg


遠方をみてみると・・・・
豪雨が集中的に降っている様子が!こういう風に見えるんですね・・・・・・

というか、この雨、これからこっちに来るのかなー( ̄▽ ̄;)

IMG_9613.jpg

棚田みたい。


IMG_9619.jpg

地中海ってサボテンあるのね。
そしてサボテンの花ってこんなのなのね。最初は不思議な感じがしたんですが、見慣れてくると風景によく似合っているなーなんて思うのです。


と歩いているうちに、気づけば青の洞門の町の付近までやってきました。
道中の景色はなかなかに素敵でしたし、ほんの20分程度、歩いて損はない道のりです♥

IMG_9628.jpg

青の洞門(ブルーグロット)なんかをボートから見たあたりですね。
石灰岩の岩肌が面白い。

IMG_9632.jpg

おにいさん、骨折してるのにそんなとこいったら危ないよ・・・・www
その先、絶壁ですよ・・・


IMG_9640.jpg




IMG_9633.jpg

ブルーグロットのバス停からも時間があるようなのでさらに戻ります。
グーグルマップ先生によるとWied Babuという場所なんだそう。海まで降りれるのだとか。まじか!


IMG_9648.jpg
これはまさにアドベンチャーですねヾ(*´∀`)ノ

すこしづつくら暗くなってきました。
暖かな光に癒やされます。

IMG_9652.jpg

遠くの町から、鐘がが鳴り響く。
それと同時に、人々の盛り上がった声。
奇しくもこの日はハロウィンでしたので
もしかするとなにかイベントをやっていたのかもしれません。

IMG_9655.jpg




IMG_9658.jpg

こうやって写真で見るとアメリカの高級住宅街みたい?全然違うんですけどね。




少し暗くなってきて、バスの時間もそろそろかしらんと近くのバス停で待っていたのですが、待てども待てどもバスが来ないのです。
さらに雨まで降ってきて、なんだかかなしくなってきます。゚(゚´Д`゚)゚。
反対方向のバスは来るのに、なぜ待てどもバスは来ないのでしょうか・・・・・・


そんな寒空に凍えて(というほどでもないですが)見つけたのがこのカタツムリ。
なんかマルタの石垣では一生分くらいカタツムリをみましたwww
石壁にもたれかかったりするとき気をつけてくださいね〜w
IMG_9664.jpg

歩いたおかげで3本ほどバスが走っている通りまで出たにもかかわらず
待てども待てどもバスは来ない
とさすがにおかしいと思ったので、反対側のバス停も確認してみたのですが、
ま、さ、か、の

同じ時刻表www

どゆことwwww

もしかすると、このバスは一方通行でぐるりと回って同じ場所に帰るものなのかもしれません。
※今調べてる限りだと全然そういう情報読み取れないですが・・・なんだったんですかねー><

確認はとれてないので確かなところは分からないのですが、両側にバス停があるにもかかわらず、片道通行の可能性もある、というのは勉強になりました。

誰かに聞けば良かったのですが、車しか通らないようなバス停で待っていたのが良くなかったのでしょうね。

IMG_9668.jpg

待っていたバス停から脱出し、行きの道で記憶していた比較的大きな町Zurriqというところまで歩いてみました。これで空港までの全行程の半分くらいでしょうか、最悪空港までなら歩けないこともないですけどね。
この教会、行きに写真撮りたかったんである意味よかった?

ここにはバスターミナルがあって、運行時間まで待機している運転手のおっちゃんに空港へ行くのかちゃんと聞くことができ無事に着くことができました。
ちなみに空港行きのバスとなっていなくても、「空港付近を通るバス」があるので、
少し歩きますが、近くまで行くことができるようです。nittiたちも地元のお姉さんが、空港まで連れて行ってくれました。


そこで荷物を受け取り、さらにヴァレッタでバスの乗り換えをして、
ホテルのあるサンジュリアンという町へたどり着きました。
バスチケットは最短単位が2時間券1.5€で運転手さんから買うことができました。(みなさん運転手さんから買っているので遠慮なく乗るときに買っていいと思います★)

一日券もあると聞いていますが、一度も買うことはありませんでした。というか買おうとしたらバスの運転手さんに買えないよといわれたのでもしかしたら地球の歩き方とルールが変わったのかも・・・
※バスチケットについては結構最近でも、でてくる情報がまちまちで値段が安定しないようです。2014年に運営会社が変わったらしいのでまだ安定してないのかもしれないですね。


IMG_9677.jpg

ヴァレッタの町で空腹に耐えかねて。
だって機内食以外何にも食べてないのだもの!

IMG_9678.jpg

甘い系かと身構えていたのですが中にはカレー味の挽肉のような具材がたっぷり♥
これで1.3€、これはマルタでも数少ないおいしかった記憶。
半分こしても結構満足でしたヾ(*´∀`)ノ

IMG_9682.jpg
ホテルのある町、サンジュリアンはおそくまで賑やかな若者の街。
この日はハロウィンということで、ヴァレッターサンジュリアン間のバスは激混みでした。。。

マルタは毎日パーティやってて、安全に遊べるなんて留学仲間から聞いていたので、
ハロウィンパーティに参加するってことをひとつ目標にしてたんだけど、
相方ちゃんが疲れちゃってこの日はホテルでゆっくりすることになりました。機内で映画4本もみるからやw


ま、私も翌々日、夜遊びに行く元気がなくて先に寝落ちしたので人のこと言えませんが・・・・・・

でも、今思い出すと惜しいコトしたなーーーーーー( ̄▽ ̄;)




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村


ちなみにホテルはAllegro Hotelというところ。
まさかの語学学校EFの寮?を兼任していて驚きました。

ちなみにEFはnitti(と同行の友人も別の時期に別の場所に)が留学にいった会社なので親近感がわきました。
マルタではどうか知りませんが、ロンドンでは、ホームステイと寮が選べましたが寮だと追加代金がかかったんですよね。
寮は寮で楽しそうでしたが。すごく騒がしいイメージがあったので、このホテルが静かだったのは意外だったかも。


ホテルはスタッフの対応もフレンドリーでいいし、施設もそこそこ。
ツアーの値段の割りには綺麗じゃん、そんで2人なのにベッドがなぜか3つあるしw
なんて悪くはない印象でした。まぁ、シャワーカーテンがないのにはちょっと困りましたが。
自分だけが使うのじゃないからね、水回りをべちゃべちゃにしちゃうのは気を遣います。

IMG_9679.jpg

綺麗なんだけどね。

IMG_9681.jpg
[ 2015/11/11 23:50 ] 海外旅行 マルタ共和国 | TB(0) | CM(2)

長い道のりお疲れさまでした。

拙ブログへのコメントありがとうございました。
時々こちらも拝見させていただいてます。
ハジャリムから、ズッリーまで歩いたのですか。かなり道のりは長かったのでしょう。
イムナイドラ、ハジャリムのあたりは、ボクがマルタでは最も好きな場所のひとつです。
マルタをはじめとした地中海エリアのサボテンは、もともとアメリカ大陸にあったものです。柿色の実は上品な甘さでおいしいですよ。
[ 2015/11/15 07:53 ] [ 編集 ]

まこり〜のさん、こんばんは。
こちらこそ、つたないブログへご訪問ありがとうございます(*´∪`*)
まこり〜のさんの地中海通信(チラウラの方も)旅行の際、ひじょーに参考にさせて頂きました(。・ω・。)
ハジャーイム神殿付近は本当にうつくしくって、時間を気にせず夕暮れの海沿いを歩けたのは、(道のりは長くてちょっとしんどかったものの)個人旅行の醍醐味を味わえ思い出深かったです。

そして、あのサボテン、食べれるんですね!!!!!!
生で食べるのでしょうか?そうならかじってみれば良かった^^笑!実泥棒になるのでしょうか。
そういえば空港のお土産屋さんでカクタスのリキュールを試飲させてもらいましたっけ。もしかしたらそういうのも関係するのでしょうか。テキーラのようなものを想像していたら甘くて、なんとも不思議な味でした。
[ 2015/11/19 23:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/471-af7d0ec6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。