スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★地中海の島国マルタ共和国に弾丸行ってきた〜旅のはじめに〜★

高校時代からの友人とマルタに3泊6日で旅立ってきました!


新入社員のくせにな!笑
休日出勤の代休がたまってたので祝日に足してなのでそんなに酷くはない、ハズ?
嫌な顔しない職場の皆様が大好きです、本当恵まれてますわヾ(*´∀`)ノ


今回はいつもの3人組から事情によりマイナス1ですが、彼女らとはおおよそ年1回で旅行してます。

map_malta.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2138729811014344201
マルタ共和国というのは、東京23区の半分くらいのサイズの小さな島で、イタリアの長靴でいう指の付け根あたりにあります。リビアチュニジアなど北アフリカにも近く独自の文化、また旧英国領ということで、英語が公用語とされているため、語学留学先としても人気があります。
実際nittiの友達にも何人か行ってまして、おすすめされてたってのも今回選択した理由に挙がります。


今回ここを行き先に選んだ理由は
・丸5日プラス深夜便で行けるところ
 これだけしかお休みが取れない為、(取れるけどさすがに取りにくい為)現地での長距離移動は考えにくいので、こじんまりとしていること。
・10〜11月で寒くないところ
・準備に時間があまり取れないので、調べなくていいところ。英語圏というのもでかい。
・ダイナミックパッケージで約10万円!デス。


他に候補に挙がったのは、
・タイのコムローイを見に行く
・カンボジア、ベトナム
・九寨溝
あたりです。同行者とまだ訪れてない場所を合わせるのがだんだん辛くなってきました!笑

さて、このマルタ、現地にいたのはたった3日ほど、ですがなかなかに大満足の旅行となりました。
マルタ旅行 ウリのポイントは

IMG_9422.jpg

☆海が超綺麗!!
まだイタリアの青の洞窟は訪れていませんが、透き通る海の水は見たことない青さでした。
この写真でもボートガイドさんはしきりに天気が悪いからーもっと碧いよーと言ってましたもの。



IMG_9448.jpg

☆超古代遺跡
考古学にアコガレはあれどまだエジプトにも中国?にも行ってないnittiさん。(タイのアユタヤは行きましたが時代が違いますものね)ここの遺跡が初の出会いです。
今から5000〜6000年前と実はピラミッドより古い遺跡群があるのです。

写真のような地上にあるハジャーイム神殿などももちろんよかったんですが、
事前予約が必要な地下神殿ハイポジウム、ここに行かずして!という感じでした。30ユーロとも取られましたが、その価値は絶対あります!



IMG_0639.jpg

☆聖ヨハネ大聖堂の目もくらむ豪華さ
ローマバチカンなんかをご訪問済みの方には驚きがちょっと薄いのかもしれませんが、個人的にはすごくテンションが上がりました♥8つの礼拝所は騎士団を構成するそれぞれの言語群による・・・マルタ騎士団こと聖ヨハネ騎士団の歴史もストーリーがあって興味深いのです。


IMG_9838.jpg

☆ヨーロッパと、そしてアラブの混ざったような町並み
蜂蜜色の町とよく言われる町並み。写真で見ると地味に感じていましたが、そんな町中を歩いてみるとなかなかに素敵でした。海沿いにはヨーロッパではなかなか見れないような町並みにも思えました。
あとはクラシックカーと廃墟が多いです。ピックアップのかっこよさに目覚めましたw


☆日本人にフレンドリー??
nittiたちの善良な様相がものをいったにちがいありませんがwww
基本的に日本に友好的な国でした。
普段は中国、韓国の方と間違えられることもありますが、そういったことがほとんどありませんでした。
まだ、あんまり中韓の方は来られていないのでしょう。
また、聖ヨハネ大聖堂やハイポジウムといったメイン観光地でヨーロッパ言語に混ざって日本語があったのは嬉しかったですね。(後から追加されたようで、機械が他と違いましたがw)
またヨーロッパでも有数の治安の良さでも有名です。家族も安心ですw



☆コンパクトな町とバスの利便性
これは最高!とまでは言えませんが、地球の歩き方でさんざん脅されていたバスが全然来ないという状況はあんまりなく、おおむね時間通りに運行していたように思います。
バス会社が変わったと言うことも影響しているのでしょうか。あくまでイメージですがお隣イタリアより働き者の方が多いような気もします???
ただ、いかんせんバスの速度が遅く、混み、路線が不便なので長距離を乗る際には不便な点も多くありました。
それぞれの町自体は非常にコンパクトで着いてさえしまえば歩いて回ることもできます。
レンタカー(する度胸はありませんが)だと複雑な町中や駐車場、狭い曲がりくねった道で苦戦しそうで、レンタルサイクルだと少々坂道がハードそう、バイクでもあればいいのかもしれません。道が悪いせいかあまり見かけませんでしたが。



☆物価の安さ
アジアほどとはとても行きませんが、ヨーロッパにしては安いです。観光地のレストランはそれなりですが地元の人が行きそうな所は比較的リーズナブルで、お腹いっぱいになりすぎるほどです。
あと、観光地の入館料等がハイポジウム以外はわりにリーズナブル仕様です。


バッドポイント

IMG_9740.jpg

★雨期はスコールのような土砂降りが・・・
11月から雨期なのですが、ざーっと一気に雨が降るので、傘が手放せません。
ポパイ村のように雨だと閉まる観光地もあるので要注意。


IMG_0250.jpg

★食べ物がイマイチ
食べ物は確かに、イマイチです。特産品も少なく、イタリアっぽい料理が多いようです。
海鮮に期待していたのですが、なんでこんなに煮込んだのかしらというほどくたくたになっていたり
菓子類は甘すぎて、



★実は泳ぐのに適したビーチは少ない
時期的に、時間的にビーチには行きませんでしたが、岩場が多く確かにリゾートビーチのような場所は少ないかもしれません。


IMG_0061.jpg

★猫の島、でもなかった??
人間よりも猫が多いなんて聞いていただけに、案外少ないじゃんという感想でした。
確かに多いには多いのですがね(ㅎωㅎ*)



★遠い!笑
今回関空発のエミレーツで行ってきたのですが、ドバイ乗り換え、キプロス島のラルナカ経由でした。
これがまぁ時間かかるんですわ。トランジット時間も3時間弱程度と適切なんですが、想像以上に長くかかった印象です。
エミレーツはご飯はあんまり口に合わないのですが、わりかし座席がゆっくりできる気がするのでしんどくはないですけどね。
行きも帰りもラルナカ経由で、わたしたちは乗ったまま何人か降りて、掃除が行われ、何人か乗り込んできます。なんか変な感じですね。
あと、予約クラスによるのでしょうが、関空-ドバイ間のJALのマイルがたまらないということでショックでした。


3日間だとちょっと短いかなっと思える国でした、実際ゴゾ島やコミノ島にはいけなかったですし・・・( ̄▽ ̄;)

補足 出発前に読んでおくとヨハネ騎士団関係を一層楽しめるであろう本がこの「ロードス島攻防記」
オススメです★




記事リストです
★マルタを旅行してきたよー!空路編★
★マルタ旅行記①青の洞門(Blue Grotto)★
★マルタ旅行記②ハジャー・イム神殿/イムナイドラ神殿★
★マルタ旅行記③ホテルへの道は遠かった★
★マルタ旅行記④雨のマルサシュロック★
★マルタ旅行記⑤静寂の街-イムディーナ★
★マルタ旅行記⑥路地マニア歓喜のイムディーナ★
★マルタ旅行記⑦生活の息づかいがきこえるラバト★
★マルタ旅行記⑧夜のヴァレッタとマルタ伝統料理★
★マルタ旅行記⑨「旅先で歩くこと」は最高の贅沢かもしれない★
★マルタ旅行記⑩これぞ映画の世界の絶景!?ポパイ村★
★マルタ旅行記⑪聖ヨハネ大聖堂が豪華絢爛すぎる★
★マルタ旅行記⑫マルタ5D&マルタの夜景★
★マルタ旅行記⑬謎に満ちたマルタの歴史ハイポジウム★
★マルタ旅行記⑭さよならマルタ★
こうやって見るとタイトルのネーミングセンスのなさに震える。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







前回のヨーロッパ一人旅編、間にいろいろ挟んでるけど前々回の中央旅行編が終わってないのですが、先にマルタ旅行編を書こうと思います、というか、いつになれば終わるやらですねー。
ブログの書き方かんがえたほうがいいのかなー
[ 2015/11/06 17:29 ] 海外旅行 マルタ共和国 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/467-b395123a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。