スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★ヴェネチアの町を歩いてみたよ⑤ムラーノ島★

IMG_1956.jpg
続いてムラーノ島に繰り出します。
この写真、お気に入りなのです♥
ムラーノ島はヴェネチアンガラスの生産地。ルネッサンス期にヨーロッパ中の王侯貴族を魅了し、当時のヨーロッパガラス市場をほぼ独占したと言います。

しかし、ヴェネチアは硝子の原料を持たない土地ですので、製法が原料産出国に漏れてしまえば太刀打ちできないと考え、1292年にはヴェネチア本島にあったすべての硝子工房をこのムラーノ島に強制移住させ、ガラス職人が島から出ることを厳しく禁じたのだそうです。。。




なんだかんだ適切なヴァポレット駅から本数もそう多くない便に乗りいくというのに小一時間もかかってしまいました。
nittiはこの日にムラーノ、翌日にブラーノと離島をめぐったおでめぐったのですが、1度にまとめて行った方が効率的なようです。
下記路線図ではすぐそこっぽいですがまぁまぁ距離がありますwww

おかげで色んな出会いもあったしあながち悪かったとは言えないのですけどね。

th_VapomapLatest.jpg
http://tabiwiki.jp/index.php?title=%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

本島内の移動をヴァポレットでするのもいいですが、案外回り道して遅いので、離島へ出る駅(ファンダメンテ・ノォヴェ)まで歩いた方がいいかもしれないです。迷うかもですがwww





さて、このムラーノ島に行く道すがら、船内で出会ったのは日本人女性とスイス人イケメンのカップルさんでした。スイス人の彼の方は東工大に留学できていたそうで、冬休みに彼女と一緒にスイスに帰っていたそう。
ちょうどスイスに行ってきた所だったので話も弾んで面白い出会いでした(。・ω・。)
主にゴハンが強烈という話だったり、なんにもなくって飽きるって話だったり、寒いとか物価があほほど高いって話だったり
なぜが悪口っぽくなっちゃいましたが、nittiはスイス好きですよ(。・ω・。)
彼女さんは英語がニガテ、彼氏さんは日本語がまだまだニガテといっても、お二人仲が良いのは素敵でした。うらやましw


なかなか長い道中でしたが、楽しい出会いです。会話が途中から英語になってしまったのもあって、さすがにお二人の邪魔だなと思い、到着してからはご遠慮しました。

いやでもまじイケメンでした(ㅎωㅎ*)w

IMG_1947.jpg

うまく撮れてないけどガラスのギター

IMG_1953.jpg



IMG_1959.jpg



IMG_1954.jpg

これは素敵、いっぱいつるしたら壮観だろうなと思います
高くて無理ですが・・・・・・

IMG_1960.jpg

どれもカラフルで素敵なんですが、物欲は湧かなかったかな。

IMG_1961.jpg
町並みも綺麗っちゃ綺麗なんですが、本島とそう変わり映えはしないかもです。素朴で愛らしい町並みではありますが。
ヴェネチアンガラスのショッピングか、工房見学ツアーなどしっかり計画を立てて行った方がいいのかも。帰りのヴァポレットの時間もあり急ぎめで回ったからというのもあるんですけどね。

ちなみにショップはどこも高級感があっておいそれと写真を撮れる感じじゃなかったんですよね〜
なんというかアートギャラリーという向きが強い感じです。

IMG_1962.jpg
サントステファノ広場にはガラスのオブジェがありました。冬仕様でしょうか。こんな壊れやすそうなものが野外に・・・・・・


IMG_1970.jpg




IMG_1968.jpg


IMG_1979.jpg
ヴェネチア本島に戻ってきました、一番離島よりの停留所ファンダメンテ・ノォヴェ駅。〜北ってことかなと勝手に思ってます。


IMG_1977.jpg





IMG_1980.jpg
Chiesa dei Gesuiti
このIHSとかかれた教会がなかなか良かったので、先ほどのファンダメンテ・ノォヴェ駅でヴァポレットを待つ間にでも行ってみるといいかと思います。
ちなみにIHSとはイエスズ会のことだそうです。てっきりHISかと空目しました。
200px-Ihs-logvg.png 

IMG_1983.jpg
中はすごかった!
写真撮っちゃダメだったかもしれませんが、なんか注意書きが出てなかったので撮っちゃいました。
基本写真だめなところばっかりなんで。


IMG_1985.jpg

天井も美しい。



IMG_1988.jpg

藍色の唐草模様のためかどこかオリエンタルな雰囲気を感じます。


IMG_1989.jpg

このマリア様がかわいらしくて。不敬でしょうか。




IMG_1996.jpg

ちょっとぼけて増すがいいですよね、こんな迷路のような町。


IMG_1997.jpg

これって暖炉かしら。


IMG_1998.jpg




IMG_2000.jpg

どこか中東っぽいですかね。

IMG_2002.jpg

やっぱりカツラも売ってるのね(。・ω・。)

IMG_2006.jpg
この方達は今後何度もお見かけしました。
すごい衣装ですよね(・∀・)


IMG_2008.jpg
これを見たとき素敵だなーって、先ほどのムラーノ島でのディスプレイよりいまいって思っちゃいましたw

こんな素敵なウィンドウずっと見ていたいです。


IMG_2009.jpg




IMG_2011.jpg

このワイヤーの入った窓硝子が、中を覗きたくなる雰囲気がほれぼれします。

IMG_2013.jpg
ゴージャス(ㅎωㅎ*)

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_2017.jpg
三角と丸の組み合わせ、なんなんだろう。
なんとなくイルミナティを思い出したのです(ㅎωㅎ*)


default_fbb6729f2f62502d932085450986a040.jpg
[ 2015/10/17 16:40 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/458-f705d546










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。