★ベルニナ急行に乗って★

今回でスイスも最終投稿、いよいよベルニナ急行(正確には普通電車で違うんだけど)に乗ってイタリアへ向かいます。

予定よりもちょっと遅い便になってしまったこともあり後半は危惧していた真っ暗ということに(トホホ)
やっぱり冬は日が短くていかんわな。
いやいやでもこの日1日で、マイエンフェルトを歩き、さらに観光電車に乗りサンモリッツ、・・・といくことができたと思えば上出来かな?と自己弁護しておきますw

IMG_1069.jpg
サンモリッツを出発した電車はそれこそすごい高度を走っていきます。最高点のオスビッツオベルニナでは標高2253メートルにも届くのだというからすごいですね。
窓の外は一面、ゆきやま!!!


IMG_1071.jpg
すくなくともnittiの今までの人生じゃ見たことない景色。夏は夏で綺麗なんでしょうけど、冬の姿もいいな。



IMG_1081.jpg
だんだんあたりは雪だけに・・・?


IMG_1083.jpg
雪やまオンリー


IMG_1097.jpg
夕暮れが近づいているようです、真っ暗になったら景色も楽しめないのでないかしら。


IMG_1099.jpg





IMG_1103.jpg








IMG_1118.jpg

ループでは電車の先が見えるのです。ループ橋は写真ポイントらしいのですが、見逃したか、暗くなって見えなかったかのどちらかです。


IMG_1120.jpg
これは感動しました。雲を突っ切って山頂を走っているのだと、こんな光景を車窓から眺められるなんてすごいですよね。


IMG_1122.jpg

ファンタジー映画のような世界。


だんだんあたりは暗くなってきて
実はサンモリッツで大事なものを盗まれてしまって結構ショックだったりもして、
窓に張り付くこともやめ、のんびり自分の愚行を悔いながら、そしてちょっぴり寂しい気持ちでおりますと、

切符を確認にきたおばさん(もといお姉さん?)が。


普通列車にはユールレイルパスで乗れるということは知ってはいたのだけど、万が一私の調べ間違いで切符を買う必要があったらどうしよう・・・
(スイスはとってもキセル乗車に厳しいのね)



彼女、立ち止まって、手を拝むみたいに、ゴメンネみたいに、揃えたんですね。

まさか、普通列車にも指定席チケットって、いったっけ!??

と、不安になってたら
おばちゃんが笑顔で、『こんにーちは、よーこそ。すてきないちにちをおすごしください』って日本語で言ってくれて、沈んでた気持ちもなんか、元気になりました(*´ω`*)

せっかくの素敵な景色、楽しまなきゃ損ですよね!


例のミスですが油断の招いたミスだけど全然取り返しのつかないようなものじゃないし(・∀・)





道中の景色は素晴らしいものでした!
ベルニナ急行は世界一遅い急行とも言われます。今回乗ったのは普通列車で、所謂ベルニナ急行ではないのですがおんなじルートを走ります。普通列車ってのもあるんでしょうが、道中はいやーもうおそいおそい!でもこんなところにも人が住んでいるのかーと感動しますね。もちろんウィンタースポーツて栄えているみたいでしたが。

サンモリッツまでの道中は比較的山の地肌が見えていてそれはそれは絶景でしたが、
サンモリッツ〜ティラノ間は真っ白の場所が多くありました。

夕日に照らされた姿もそれはそれは綺麗で


IMG_1110.jpg
異様に青い湖があって、






大体六時頃には暗くなり外がほとんどみえず、あと少し道中が残っていただけに残念。
ちなみにマフラーなんかで窓と顔を覆えば、室内のほうが暗くなりしばらくは外が見えます。もちろん乗客ぎほとんどいなかったからてきたことですが。

そういえばこちらはイタリア語のアナウンスもされてるみたい。

IMG_1159.jpg



IMG_1161_20150711233133955.jpg
そうして到着したティラーノの駅。
人々の流れに乗って街中をちょっと歩いて乗り換えます★
ほとんどの人がこの動きだったから乗り換え時間が短くて心配してたけど、結構余裕でした。

IMG_1162.jpg




IMG_1165.jpg




IMG_1166_2015071123314595a.jpg


さてさて、ミラノに到着!真っ暗

てか夜中!





そして、肌で感じる、このの治安なんだかすっごく悪い感じ・・・・・・

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/07/18 23:33 ] 海外旅行 スイス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/390-34d577db