★中宮定子と中宮彰子がさだことあきこだった件★

yanagi.jpg

柳宗悦、という名前をふと見かけて、あれ、これ、『やなぎそうえつ』だっけむねよし?だっけと
疑問になったわけです。
あ、ちなみにこの方、キッチン用品なんかが有名な
柳宗理のお父さんね。

小豆島をあずきじま、じゃないけどなんか恥ずかしいしなおかつ通じないじゃない?
城崎温泉をしろさきって読んじゃったりとかさ

それで見てると
本名は柳むねよし、でもペンネームというか芸名というか?で柳宗悦(やなぎそうえつ)とも呼ぶのだそうです、
これは、まぁ納得。


さて、ウィキペディアさんに有職読み(ゆうそくよみ)という項がありまして
辞書的な意味は

敬うべき古人の実名(諱)の漢字を音読みにして敬意をあらわすこと。有職の道や歌道などの世界で主に用いられていたからこのように呼ばれている。東アジア共通の風習として、人の実名を直接口にすることを忌む風習があり、これがさらに鄭重な慣習となって、特に敬意を表すべき古人に対して、その名を本来の読み方である訓読みから離れて、音読みすることが行われた。



とあり、wiki先生が混乱していらっしゃるから一から十まであんまり信用しちゃだめっぽいけど、

江戸時代以前には、その人物の本名を諱とし、他人が諱で呼ぶことを避ける習慣があった。代わりに輩行名や百官名などの仮名で呼ぶ場合が多かったが、諱を音読みする場合もあった。例えば徳川慶喜を「ヨシノブさん(様)」と他人が呼ぶことは極めて無礼な行為であり、代わりに「ケイキさん」と呼ぶことが多く、慶喜本人もそう呼ばれることを好んでいたとされる。



じゃあ大河のよしのぶさまのおなーりー的なやつ違うってコト!?!?!?

さらに驚くことに。

中宮定子や中宮彰子は、本名さだこにあきこだと・・・(@_@;)
もうついて行けないよ。


安倍晴明ははるあきだしこう、なんかすごみが足りないよねw

藤原定家が”ていか”であり”さだいえ”であるのはまだいいのだけど


なんだかもう、人生で積み上げてきた何かを壊された気分




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







でもね、これはきらきらネーム対策として非常にいいんでなかろうかとも思うのだよ。

分からなかったら訓読みで読んどけば、失礼でないんだぜ!ってな習慣をね、作っちゃうんだよもう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/368-c3398fe4