★チューリヒを案内してもらったよ!〜ヨーロッパ一人旅⑬〜★


IMG_0211.jpg 
向こう側に見えるのは実はチューリヒ湖。





チューリヒYHでは朝ごはんは六時からってのかいいよね。六時半頃にご飯食べに行ったんどけどまだまだ人は少ないみたいでした、皆さん宵っ張りだったし、そりゃそうなりますよね。
ご飯の内容はあいも変わらずパンハムチーズって感じなんだけど、チーズとハムが美味しい!ドイツよりさらに乳製品おいしい気がするぞ!
あと、だんだんハムの種類が分かるようになってきた気がする。
もちろん、私が好きなやつ、か、嫌いなやつかという違いだけだけど。



あと、この日のスープは味噌汁でmiso soupって名前でがついてたんだけど、行った時間には誰もとってなかったのか、未だおたまなし!
出汁はコンソメの味がしたわ!笑


スイスも、これまでの国と同様に改札はなく、チケットチェックはほとんどありません。(滞在中もベルニナ線に乗るとき以外はありませんでした。)

IMG_0218.jpg 
その代わり、これ!
セルフチェックエリア、最低でも100CHFの罰金、かつ2回目以降は・・・みたいなことが確かかいてありました。

見つかると中々厳しい罰がある模様です。

この目のマークは神様は見ている的な意味なんだそうです。







IMG_0220.jpg 

今回遊んでくれる、マルちゃんとの待ち合わせはチューリヒHBの、青い天使の下。ニキ・ド・サンファルっていうなんか有名なアーティストの作品て待ち合わせの定番なんだって。梅田のビックマンみたいなもんかね。
※帰って調べてみて、この方の絵は結構好きだけど、この立体作品はよくわからないなー。




で、荷物を預けるためのコインロッカー、一番小さいのでもむちゃくちゃ高い!

なんと6スイスフラン!今現在で1フランが130円強くらい。
ユーロとそんなに変わらないにしても、これまでコインロッカーは2−3ユーロだったのでまじてびっくりですわ。

もしかして、ぶっちゃけ、物価ものすごく高い・・・???

キャッシングしたら100フラン札か出てきて、これまでの経験上1万円に相当するような大きなお札は、なかなか使えなさそうでやばいなーと思ったんですが、ふつーにジュース買えました。そりゃ東京より大分物価高い感じなんだし、お金持ちがぎょーさん来る街なんだから、当たり前か・・・
やっぱなんか高いけどΣ(・∀・;)

IMG_0221.jpg 
このようにして、綺麗な駅は守られているのか!!
この後も街中でハイテクな掃除機をつかって掃除している方を見かける機会があったんですが、今回案内してくれたマルちゃんによると、スイスはツーリズムに力を入れているから、街を綺麗にするのは頑張ってるとのことだそうです!



ちなみにマルちゃん、なんかお互い雰囲気変わっててちょっとびっくり!笑
日本に来ていたので日本語ペラペラの(もっというとドイツ語が母国語で英語とフランス語もぺらぺらの)、180センチくらいある迫力美人さんなのです。一緒に並ぶのがちょっと恥ずかしーくらい。
日本が大好きって言ってくれるので、照れくさいけどすっごくうれしいねー\(^o^)/

ちなみに優しい日本人と結婚したいそうですよ(*´ω`*)
彼女にアピールするにはかなりの自信家じゃないといけそうにないですwそして、彼女の好みはシャイな男の子らしいので、なかなか前途多難、かもしれないですね。
我こそはという方、いましたら名乗りを上げてくださいw



まずは、マルちゃんの一番好きな場所という高台へ!

IMG_0222.jpg 
この塔は全部?教会!
いっぱいありすぎ!(・ω・)!!

この画像の中心くらいに見える時計台が聖ペーター教会の時計で、ヨーロッパで1番大きい時計なんだそうですよ!
ビッグベンと競うくらい!
さすが時計の国スイスヾ(o´ェ`o)ノ





そしてその裏手にあるチューリヒ大学へ侵入させて頂くことに!
IMG_0225.jpg 


IMG_0224.jpg 

毎度思いますが外国の大学はすごいなー、いーなー!
こういうところ通いたかったなー( ̄▽ ̄;)

こちらは理系っぽい内容が入っているチューリヒ工科大学(ETH)
スイスでいう東大的な立ち位置の大学(世界ランクでも25位以内にいることが多いすごい大学by wiki)なんだそうですが、いわゆる大学入試はなくって、さらにスイス市民なら授業料もかなり安い、とのこと。

もちろん入ってからが大変なんだけどね。




マルちゃんは今いわゆるギャップイヤーで今後大学をどうするか考えているところらしいのですね。
せっかく近くにチューリヒ大学があるのだからそちらにいけば安いし、もったいないと思う部分もあるのだそうだけど、
ここではやりたいことができないから、まだ考えている。とのことです。

私の感覚からしたら、(入ってから大変とは言え)無条件で東大に入れるってことよね??
と、考えちゃうんだけど、スイスをはじめ、ドイツやフランスなんかも、バカロレアさえ通れば行きたい大学を自由に選べるというのは、有名だとかそうでないかとかではなくって、卒業できなきゃいけないわけだし日本で言う大学観とは全然違うのだろうなと思うのです。

IMG_0226.jpg

これは、チューリヒ大学の入っている塔の食堂だそうです。
まるちゃん曰く結構おいしいとのこと。あと、カールモーゼルという有名な建築家によるものなんだそうです。ちなみにこのチューリヒ大学は、ツヴィングリを祖とする由緒ある大学でアインシュタインが教鞭を執っていたこともあるそうです。
ETHと隣接してて正直混乱してます。

なかなか普通じゃ入れない他国の大学をぐるりと見て回れてすごく楽しかったです。大学都市ハイデルベルクでの屈辱?を晴らしました。
あと、ちょっと賢くなった気分w




IMG_0240.jpg 
地図を見ながら、考えた結果、これは聖母聖堂と同定。
チューリヒの教会は写真撮影禁止の所が多かったです。訪れたとこれは大体全部ダメでした。

また、中を見ても装飾は派手ではないことが多く、割と近代的なすっきりとした教会ばかりでした。祈りの場としてはむしろふさわしい感じですね。。。シンプルなのも私は結構好きですが、写真を撮りたーい!!と熱望するような所もあんまりなくってですね。

その派手でない理由としては、スイスのキリスト教の多くはプロテスタントだから!というのが大きな理由だそうです。

そういえば、さっきの大学の所でも出てきたツヴィングリ(ルターに続く宗教改革の旗手で重要な人)はチューリヒで活動したんでした!!
ということもあり、教会がシンプルなんだそう。もっと派手な教会が見たかったらツーグやルッチェンなんかの古い町に行ったらあるかも!とのことでした。

IMG_0249.jpg 



ツヴィングリの像画街中にあったりします。旅行をしているといつも思うのが高校のとき世界史でやった地名に実際訪れることができたのかーと思うとすごく感慨深いものがあります。

ただ訪れたというだけで、ツヴィングリの何を知った訳でもない訳ですが、やはり、実感を伴うと興味もわき、いっそういっそう面白い。もっといろいろなことを知りたい、そして実際に見て、訪れたい、そう熱望するのです。







IMG_0238.jpg
これは(どこの教会か忘れたけど)教会の扉。この扉すっごくおもいよー!!!って頑張ってたら、まさかの自動ドアでした( ̄▽ ̄;)
こんな由緒ありそうな扉も自動なんだ、と!


チューリヒ自体は大都会で観光すると言うよりは町歩きが楽しい街です。

IMG_0237.jpg

ついつい写真を撮ってしまうかわいいショーウィンドウたち!
IMG_0251.jpg


IMG_0243.jpg
ここはいわゆる文化人のカフェというやつで、歴史あるお店だそうな。ちょっと行ってみたかった!
私の知っている有名な人だとサマセットモームとかアインシュタインとかレーニン、ムッソリーニなんかが通った場所だそうな。
よく分からないけれど、革命とダダイズムを支えたカフェ、なんだそう。


ランキング参加してます。

クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ

にほんブログ村








[ 2015/03/04 20:24 ] 海外旅行 スイス | TB(0) | CM(4)

う…2年早ければ立候…できひんなぁ…(´・ω・`)うんwww

それにしても、スイスいいですねー。チューリッヒ工科大も行ってみたいです
(昨日、ハワイでラボの人たちとどこの外国に行きたいかで、ワタクシ、カナダ、スイス、オーストラリアっていってたくらいですww)
[ 2015/03/05 00:26 ] [ 編集 ]

M.I.Fさん、おはようございます!
M.I.Fさんはすてきな彼女さんがいらっしゃるじゃないですか、ダメですよΣ(-∀-;)www
だから2年なんですかね?

スイスはばかたかーい物価以外は本当に素敵な所でした(*´ω`)o。゚w
お金持ちになってからまた来たい場所です。

カナダ、オーストラリア、スイスとどこも自然あふれるような所が挙っていますね!さてはアウトドア派ですね!カナダでオーロラを見てみたいし、オーストラリアでアコガレの動物たちに会いたい・・・!そしてオセアニアの島々を訪れてみたいですヾ(o´ェ`o)ノ
[ 2015/03/07 07:55 ] [ 編集 ]

nittiさん❤️
PCのバージョンアップしたら、勝手に名前もはいらなくなっていました。う〜ん。難しい。
はい。ボルです。先日は失礼いたしました。
ところで、チューリッヒ、、北欧に並んで物価高すぎ〜。と高校留学させてる友人達がいつもぼやいてる、、(行かせてあげるだけで、庶民の私としてはすごい、、と思うけどね)
なんで、興味あるけど、避けてる場所なのよん。
予想を裏切らない、楽しそうな場所ですね〜。当分nittiさんの記事で行った気になっておきます(笑)
[ 2015/03/08 09:23 ] [ 編集 ]

こちらもボルフィさんですね。
♡マークで分かりますので大丈夫です(笑)

チューリッヒの物価の高さは本当に冷や汗が出るほどでした。スイス高いってこんなに・・!と。
そこに留学とはすごいですね〜きっと想像もつかないくらいお金がかかるのでしょう(と下世話なことしか思いきません)
スイスにも日本から留学生が多少は行くものの、やはり少ないのだそうです。何故かというと、ドイツ語はスイスドイツ語でドイツ語を学びたい人は本家のドイツに行っちゃうから、なのだとか。しかし、フランス語も学べてお得な感じもするんですけどね。

スイスの友人達曰く、スイスは何もない所なんだそう、ですからがっつり観光を・・・という場所ではないのかもしれませんが、人々も親切で(親日的な人が多いそうですよ)自然の美しい素敵な国でした。いつか夏にも訪れてみたいですね(●´艸`●)
[ 2015/03/16 14:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/325-4b44b3c4