★山口旅行ぱーと6~萩ガラスに笠山椿、日本海~★

タイトル通り?盛りだくさんな笠山周辺です。

この笠山は日本一低い火山、なんだそうですよ。




まずは市内で「萩ガラス」を唯一制作している萩ガラス工房を訪れます。
1度歴史の舞台から消えた「萩ガラス」を復興させようと、様々な取組みも行われているそうです。

実は地図を見るため駐車しようと訪れた場所で、家族はガラスを見に、よくあるガラス屋さんと思ったnittiは車でお留守番と、
いつもとは逆のパターン・・・!



ですが、面白いよ!と呼びに来るのでしぶしぶ訪れてみると、なかなかに興味深いのです。

IMG_0925_R.jpg
今はだれも作業されてないですが工房の様子

IMG_0924_R.jpg
個人的にあんまり萩切子は好きではない、かも。色の組み合わせ的に。

この萩ガラス、どれも薄いグリーンをしているんですね。そしてどれも安くない・・・。
父がワイングラスを買ってましたが、アルザスワイングラスを思い出します。あちらはグリーンなのは足だけですが。

芋焼酎派のぱぱんがたまにかっこつけて買ってくる?赤ワインは合わないと思うの・・・、きっと色が気持ち悪いよ(இдஇ; )w


笠山で産出される石英玄武岩のみを用いて、ガラスを原石から一貫して生産を行っている全国でも珍しいガラス工房なのだとか。日本で生産されているガラスのほとんどはうっすらと青色なんですが、萩ガラスに見られる淡いグリーンは原材料に含まれる鉄分によるものなんだそう。

遷移金属と色の関係ってのはすっごく面白くって、
ガラスに色を付ける(下図の着色剤ref.)だとか、焼物や琺瑯の釉薬(色釉)だとか、絵の具だとか塗料だとか(脱金属の風潮も強いですが・・・)昔から利用されてきてるんですね。


日本の普通のガラスは軟質ガラス(ソーダガラス)で1200~1300℃で溶解するのですが、萩ガラスは溶解硬質ガラス(カリガラス)のため約1500℃の超高温域で精製しており、1200℃から1300℃でつくられている通常のガラスよりも傷がつきにくく、衝撃にも強いという特徴を備えているとのこと。
ぱぱんも最初は買う気がなかったそうですが、店内で説明してくださった方の話を聞いていると欲しくなったそう。
実はnittiも欲しくなってましたw

本当に解説が面白くって
・なぜ萩焼は有名なのに『萩ガラス』の知名度はないのか
・ガラスというのは日本に入ってきたのは明治に入ってから、(一万年を優に超える日本のやきものに比べると)浅い歴史しかない。

garasuko.jpg

ちなみに会津漆塗り(もあんまり色合わせ的に)好きじゃないですが
戊辰戦争の因縁を超えた、ってところ、ニヤリとします。

なんて話、聞いているだけでも面白いですし、知的好奇心をくすぐられます。
とっても熱意を感じられるHP 面白いですし興味を持った方は是非ご覧ください。
http://www.hagi-glass.jp/concept.html





萩ガラスだけで長くなりました。
笠山を訪れた一番の目的は、約2万5千本のヤブツバキが群生するという笠山椿群生林を見たいなと。
100090.jpg
http://hagishi.com/search/detail.php?d=100090

例年こんな感じみたい。


見ごろは2~3月とのことですが
12月に開花宣言がなされていたので少しはあるかしらと期待したのだけど

1月上旬じゃやっぱりちょっとだけ。お宿で開花状況確認しとけばよかったかな。
IMG_0927_R.jpg

IMG_0928_R.jpg
椿ってこんなに背が高い花やったんやね。



という、ちょっとの残念を吹き飛ばすのが


荒れ狂う日本海の美しさです。


IMG_0929_R.jpg
よく考えたら日本海ってろくに見た事なかったんですよ。
日本海全部がこんな風なのかどうなのか、私はよく知らないのだけど、これは私たちの知っている海とは違う!
としばし見入ってしまいました。
これだけでも笠山、ひいては山口に来たかいがあったな・・・と思えてしまうほど青く、荒く、きれいな海。

IMG_0937_R.jpg
よく、心がざわついたら海をぼけーと眺める、なんてシーンがあるじゃないですか。
nittiは今まで全然理解できなかったんだけど、この海なら一日眺めてられるなー( ✧Д✧) !!!


IMG_0949_R.jpg
水面に反射した夕日は金の屏風絵みたい・・・
っていったら妹に鼻で笑われました(´・ω・`)



マイナーポイントですが、笠山!おすすめです。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






IMG_0955_R.jpg

あとは明神池。行きしにたっくさんのとんび?が飛んでる池があったのでなにかしらとおもったらそれが明神池でした。
観光客がエサをやっているとびっくりするほど集まってくるみたい。

国指定天然記念物の海跡湖である明神池と風穴が隣接しているのだけど、駐車場が有料だったのでまぁいいやと見送ることに。風穴寒そうだし。
ここは元々海だったところが火山活動で封じ込められた場所。故に淡水魚と海水魚両方が混在する天然の水族館なのだとか。

まぁnittiには淡水魚も海水魚も見分けがつかないから・・・(´・ω・`)




変な旅館・・・?
IMG_0957_R.jpg

[ 2015/01/19 18:23 ] 国内旅行 山口旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/294-ff38ade0