スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★バーにあるメニューと大都市圏の超安バー★

th_スクリーンショット 2014-11-25 05326
bar moonwalk

わすれないうちに先日の超激安京都バーの紹介をしておこうと思います(ㅎωㅎ*)
チェーン店なので東京や大阪、神戸なんかにも何軒もあるんですけどね、どこも結構立地がいいので重宝しそう。近場なら梅田にもあるし。
京都の四条木屋町店もそうですが、雑居ビルの中にあることが多いらしく、ちかとアナーキーな雰囲気を醸し出しており知らずに入るには勇気がいるようですよw


チャージ400円、ドリンクall200円、フードも300円
私の知る中では最安値ですね。
(近所にチャージなし300円の店があるのですが味が微妙なのでこちらに軍配、お世話になってますが。)

アホみたいな飲み方するメンバーで行くなら最高ともいえる店でしょうか。

美味しいお酒を一、二杯なんてのには間違っても使わない方がいいのかも。。。

でも値段相応以上の味だったので行って損はないと思いますよ。あと、メニューがすっごく豊富。
これまた今まで見たどの店よりも。


だいたいどこのバーでも(ガールズバーとかオカマバーとかレストランバーとかでなく)ショットバーであれば注文すれば数百のカクテルを飲むことはできるんですね。
それこそカクテルってのは無限の組み合わせがありますから、腕のいいバーテンダーさんとリキュールがそろっていればよりどりみどり、それこそ無限なわけです。

ですが、わりかしバーのメニューというのはそんなにたくさんは書いてないんですね。
私の行く店の統計?だと
少ないところで3つ4つ、うちの店(1杯800円〜くらい)で20くらい、若者向けの店(1杯300円〜500円くらいの)で100くらいですかね。

下手するとメニュー自体がない店も結構ありますね。本日のオススメのフレッシュフルーツカクテルだけとか。

勝手な想像ですが若者向けの(リーズナブルな)店ほどメニューの品数が多く、常連さんばっかりの店や敷居の高そうな?店ほど少ない。
メニューのない店ではバーでお酒を頼むという行為自体が会話の糸口になったり(そもそも並んでいるボトルを見て決めたりする人も多かったり)

逆にみんなでわいわい行くような店では、選ぶ側もメニューがあると親切ですし、店員さんの作業量やマニュアルという観点からもメニューから選らんでもらうのがいいのでしょうね。


いろいろ書きましたが、
メニューが豊富ってのは、結構楽しい。
なれない人が行っても面白いし、私のような片足突っ込んだ人間が行っても新たな発見がある。

というかありすぎたw



私はあんまり安いとつい飲み過ぎて翌日後悔するコトがあるので気をつけないといけないタイプの店ですねw
nittiの所持金から考えてだいたい1杯500円くらいが安心して飲める店な気がする。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






日本酒一合1000円〜クラスの店からのギャップが激しすぎます。
[ 2014/11/25 20:09 ] お酒・バー | TB(0) | CM(2)

わーーーいo(●´ω`●)o情報ありがとうございます!
めっっっっちゃよく知ってる(京都の中で一番行ってる)辺りですww
ちなみに、先日、夏に行ったオシャレなイタリアンは木屋町通りにあって、Vineria t.v.bといいます
(ささやかなお返し?ww)

nittiさんのバー講座を参考に、一人BARもやってみようかな・・・
[ 2014/11/25 21:03 ] [ 編集 ]

M.I.Fさん、こんばんはー(ㅎωㅎ*)
おおお、確かにあのあたりは飲食店がいっぱいあって探索たのしそうですものねヾ(*´∀`)ノ
Vineria t.v.bというお店、いいかんじですね!お返し感謝します(*´∪`*)
京都、近いくせにあんまり行かないのですが、最近ちょっと探索したくなってきました〜★
もっとフットワークを軽くしたい……

一人バー結構楽しいですよ。
混んでる店より静かな店の方が店員さんとお話ししやすいかも。混んでる店で常連さんに混ぜて頂くのもこれまた面白い……?ですよ!
[ 2014/12/08 03:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/268-e2cd3647










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。