スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★ゴッホは色覚異常だったのか。★

ゴッホは色覚異常だった。

ここ最近の記事を書くための調べ物で出てきた気になるトピックス。
もう数年前の話題だけれども、まだ決着?はついていないみたいで
ゴッホ色覚異常説の賛成派も反対派も、また、賛成反対に捕らわれず各々方の意見もそれぞれに納得させられたり、思い起こさせたりする。

それだけ人々を熱くさせるだけの魅力のある絵画なんだよなー。
と思考放棄してみる。

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の酸性の色彩感覚や明るさへの嗜好、相反する色相や野獣派の景色への憧れは、芸術的判断ではなく色盲であることの結果だったのか? 日本の医学者で詩人でもある浅田一憲による論文が、ゴッホは芸術的革命家というよりむしろ視覚障害者だったと主張したことで、最近科学系ブログで注目を集めている。
http://jp.blouinartinfo.com/news/story/869958/ri-ben-noke-xue-zhe-gagotuhohase-mang-datutatofa-biao




いろいろまとめて書こうかとも思ったのだけど、どうやっても読んだ記事以上のことをかけそうにないので&ちょっと明言を避けたい話題なので?
興味がある人はblouin artinfo さんへレッツゴーで……

また元論文はこちら
http://asada0.tumblr.com/post/11517603099/the-day-i-saw-van-goghs-genius-in-a-new-light

出てくる写真を紹介させていただくと

スクリーンショット 2014-11-15 080236
セント・ポール病院の前の麦畑

スクリーンショット 2014-11-15 080251
星月夜

スクリーンショット 2014-11-15 080312
The Road Menders

スクリーンショット 2014-11-15 080323
夜のカフェテラス

スクリーンショット 2014-11-15 080329
自画像

こんな感じで左側がオリジナル、右側が色覚異常者が見ている世界を再現するためのフィルターをかけたものだそう。
比較してみると、右側の方が、おちついた色調に感じられる、のですね。
浅田一憲さんの主張はゴッホの絵を最もよく修正すると思われるフィルターというのが赤色の受容体の不足を意味するものだった、とのこと。

ゴッホ特有のどぎつい?色彩というのが、彼の生み出したゲイジュツのハツロによるものなのか
はたまた、体質による偶発的なものなのか。


・色覚異常という点まで含めてゴッホの才能とする、意見
・色覚異常という点を抜きにして(フィルタ後の絵)を評価する、意見
・色覚異常はそうかもしれないが、ゴッホが本当に表現したかったもの、それは世間が見て評価したものとは違うけど、でもやっぱり芸術ってそう言うもんよね(わかってるよ)、な意見
・ゴッホが色覚異常とかアホちゃうか、じゃあゴーギャンはどうやねん、野獣派は!?、な意見
・このデータでは色覚異常とは読み取れん、却下!ってな意見
などなど。


どれも、なにやら納得させられそうな話だったりして、んもーわからんのです。
でも個人的には1個目の感覚に近いかな。
身体的特徴もそれを活かしてたんなら才能だと思うし。


正直モネとか視力悪かったんでないのって、
私がコンタクトしてないときの世界やん!って、そうおもうのです。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






ターナー色覚異常説もあるらしい。好きなんだよな、ターナー。
ロンドンのテートブリテンでアホほど見たのがおもひでw

こんばんは!

おひさしぶりです~!
前回か前々回の記事の、「自分の見ている色や物は隣の人も同じように見えてるの?」
って言う疑問、私も子供の頃思ってました。
未だに考えて眠れなくなったりしてます(笑

ゴッホの色覚異常…
そもそも名を残している芸術家は心身のどっかしらが異常だから突出しちゃったわけで
科学的に解明するとかナンセンスなのでは?派
です。1が近いのかしら。

モネのスイレン、晩年のはほぼ失明状態で描かれたものだそうです。
[ 2014/11/16 19:27 ] [ 編集 ]

間違えた

こんにちは。

私はこんなふうに同じ絵柄が二個並んでいると反射的に立体視してしまうのです。

残念ながら、飛び出してはきませんでした(笑)。
[ 2014/11/17 11:38 ] [ 編集 ]

ふきだまりさん、お久しぶりですヾ(*´∀`)ノ
ふと思い浮かぶと頭から離れなくなる疑問ってありますよね。私の場合はあと、宇宙の外側だとか、自分以外はNPCじゃないかとか(超中二病ですね……)やつでしょうか。
あとは世界五分前仮説と胡蝶の夢、これをはじめて聞いたときは自分と同じようなことを考えている人間がいっぱいいるのだなーと思ったものです

やっぱり常人ではあれほどの芸術家になれないんでしょうか。
理詰めの作品もすごいと思わせられますが、やはりこめられた熱情?はエネルギーがありますもんね(○´∀`)ノ

モネの睡蓮の話、やっぱりそうなのか……!と納得です。
[ 2014/11/18 23:23 ] [ 編集 ]

ぢょん・でんばあさん、こんばんは(○´∀`)ノ
立体視!言われてみるとたしかに!?
視力回復を狙ってよくやってました、効果はありませんでしたが。

いつものことながらぢょん・でんばあさんの視点、面白いですね(○´ω`○)ノ
[ 2014/11/18 23:25 ] [ 編集 ]

nittiさん♡
う〜ん、ムズカシイ。その話聞いた事ありますが、、ゴッホはゴッホなのよ〜。で終了してしまっています。
ゴッホと言えば、娘が幼少の頃『少し離れて見ると面白い』と娘の言った言葉を思い出します。子供の感覚が面白ろすぎた思い出です。
どんな事情にせよ、ゴッホの色彩感覚。ゴッホの絵は、やっぱり惹き付けられます。
[ 2014/11/19 18:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/263-aa47a0aa










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。