スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★グランフロントととシャンパンの泡の話★

おはようございます∩(`・ω・´)∩ 
以前にも梅田の新?スポットグランフロントむっさいいよ!って話をした気がしますが(⇒
今回はグランフロントのご飯コーナーの充実を紹介しようと思います∩(`・ω・´)∩ 

北館1階の「世界のビールと博物館」だとか大阪初上陸の「キルフェボン」だとか、「無印カフェ」もいいし、サントリーの「 Whisky Dining WWW.W」、行ってみたいお店はたっくさんあるのですが、

ここはnittiらしく、梅田で軽ーくバースタイルで飲みたいやん!ってな若人向けの北館6階のレストランフロアをお勧めします★



友人と行ったのですが、本当どこ行こうかしらんと迷う迷う、
どのお店もそれほど魅力的でした・:*:・(*´艸`*)

bb06ee23eb1a4e424f4eff29a995c5623f3bbba9.jpeg
http://plaza.rakuten.co.jp/sapphire06/diary/201304220000/
ちなみにこのフロアはお休み前は朝の4時まで開いているのだとか。すっごw


スペインバル ラ カスエラロハ - La Cazuela -roja-
料理も、雰囲気も、そしてお値段もwいい感じだったのでここにしました〜
6時前くらいに入店した際はまだまだお客さんも少なかったのですが、8時になる頃には超満員。早めに行くのが良いのかも〜ヾ(‘v`○

2014-08-30 177

「こぼれスパークリング」
このグラス結構大きくて、一杯に注いでくれる600円のスパークリングワインはコスパも良いし見た目にも楽しい一杯ですたん。
これグラスの形状のせいで(おかげで?)泡がそこからずうっと立ち上るんです。
見ていて飽きない!

まぁサイズが大きいのもあって?あんまり悠長に飲んでるとスパークリングの炭酸がどんどん弱くなるという欠点も・・・w


スパークリングの泡についてちと調べてみたのですが
一般にピカピカに磨き抜かれたグラスだとあんまり泡は立たないのだそうです。
逆に
美しい泡を立てるため、グラスの底部にわざと小さな傷をつけてあるものもあるのだそう。


リジェべレール氏は、5000分の1秒で撮影した表面に立ち上る泡の連続写真を見せながら、「泡が割れるときに、表面には微小のクレーターができる。クレーターが閉じようとするとき、シャンパンが線状になってはじき出される。それが微小の飛沫となり、最大で10センチの遠くまで飛び出す」と説明してくれた。

 この飛沫の化学構造をドイツ製の超高解像の質量分析計で分析したところ、シャンパンの泡は張力活性分子で満たされ、それらの数百の分子から香りが放たれていることを、リジェべレール氏のチームは発見。さらに、泡がグラスの中の決まった地点から立ち上る理由もつかんだ。キッチンタオルの微細な繊維や浮遊微粒子がグラスの内側に残っていると、これらがシャンパンの中に溶け出していた二酸化炭素と合体して泡を生じているのだという。

この辺の研究が面白かったです
⇒http://www.afpbb.com/articles/-/2902612


今回のグラスの場合は、底部分の形状と、泡が長く立ち上って見える形状(と高さ)がポイントみたいですね〜


2014-08-30 180429_R
画質悪いですが、タパス。満足の内容です。その他、パエリアや薫製セット、レバーのアヒージョ等などどれも最高に美味かった・・・よだれ出てきた…w





2014-04-26 042216
ちなみにこれは、うちの店の周年パーティーでシャンパンタワーやったときの写真ですね。写真整理してたらたまたまあったものだからΣ(-∀-;)


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます?(。???。)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2014/09/07 06:50 ] お酒・バー | TB(0) | CM(10)

こんばんは、

引用記事読みました。こういう日常の現象に目を向けた研究はおもしろいですね。
少し気になったところが・・・
マスで分子の同定をした?ようですね。単品じゃないとしんどいですね。
張力活性分子、は何かの誤訳じゃないでしょうか。

読んでみてところどころ理解できないところがあったので記者の勉強不足か?誤訳?かな。これ原報はもっとおもしろいように思います。

アイディアのおもしろさはは笑いが止まりません。
もし原報ご存じであれば教えて下さい。
[ 2014/09/07 16:59 ] [ 編集 ]

グランフロントいいですよね!2回行ったことあるんですが、どちらも、このフロア(だと思います)に行きましたが、まだまだ行きたいところが多すぎて・・・。近大マグロも人気すぎてまだ食べたことないです(´・ω・`)

シャンパンと物理学おもしろいですね!イグノーベル賞とかにありそうですw
[ 2014/09/07 20:59 ] [ 編集 ]

こんにちは!
グランフロント地元なんですが全然行ったことないので
こんなにムーディーなお店があるとは('∀')!
今度行ってみようと思います^^
[ 2014/09/08 21:51 ] [ 編集 ]

お邪魔します。面白いことを調べている人もいますね。機器分析は面白いんですよね。
[ 2014/09/10 03:38 ] [ 編集 ]

nittiさん♡
とってもくだらない事書いてスミマセン。
nittiさんの美しいオーラ。すんごく嬉しくなりました(笑)
[ 2014/09/10 19:56 ] [ 編集 ]

MKさん(๑˃̵ᴗ˂̵)و
おっしゃる通り、確かになんだかおかしいですね…。
しっかり読まずに紹介してしまって申し訳ないです(இдஇ; )汗
おそらく誤訳のせいとは思いますが。

張力活性分子、初耳です。界面活性剤的な、そういった性質を示す分子を指すのでしょうか??

この研究の原文は発見できなかったのですが
泡の画像的な解析は、こんな感じかなと、あくまで想像ですが。
http://www.sanyo-kruss.com/products03/FSM.html

MSの同定を、もし単離せずにできたとしたら科学者の悲願ですねw

原報ではないですがきちんとした氏の研究が書籍になっているものはこちらの様です。
http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=02766
[ 2014/09/11 16:45 ] [ 編集 ]

M.I.Fさん!
おお、2回ともこのフロアとは。
このフロアに踏み入るまでに何鮨度訪れた事か。あまりここで食事とはならなかった事もありますが。
私も行きたいお店がいっぱいあるのです!
近大マグロはすごく気になってはいるのです。やっぱり寿司屋さん(バイト先その1)でも使っているマグロで寿司めしにぴったりに作られているマグロさんらしく、味がいいのはもちろんですし、価格も今は天然ものより高いそうですよ★(たしか?本マグロをのぞく、だったはず)
行ってみたい・・・・・!
[ 2014/09/11 16:50 ] [ 編集 ]

TORUさん
こんなものも測定できるのかと驚くことも多いですよね!
昔感動したのは表面化学の先生が水面のそのちょっと下の状態を原子間力顕微鏡(AFM)で見たって話だったのですが内容は忘れてしまいましたw
逆に、意外とシンプルなことが難しかったりするらしく、外からは窺い知れない部分もありますよね。
[ 2014/09/11 16:56 ] [ 編集 ]

TKNさん
おお、ではもしかしたらお近くかもしれないですね。
いうても私は元はよそ者なんですけども。

話題になっていても機会がないとなかなか、私もあべのハルカスは遠くてまだ行ってないです( *´艸`)

結構素敵なお店が多くて、歩き回るだけでも楽しいです★そしておなかも減ります。
お酒飲んで結構食べて、一人3000円くらいだったので大満足でした(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪
南館が有名店や高級レストラン街のようで、それよりは入りやすいお店が多いようです(*˘︶˘*).。.:*♡
[ 2014/09/11 17:06 ] [ 編集 ]

ボルフィさん(*˘︶˘*).。.:*♡

お褒めいただいて・・・・・

といいたいところなのですが、実は写真は私の幼馴染の友達なんですごめんなさい。
かしこくて、美人で、しっかりものの大好きな親友です(笑)

実物は写真よりも美女ですよーw
[ 2014/09/11 17:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/238-5c5ebf7c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。