スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★中欧旅行記・4日目②世界遺産シェーンブルン宮殿★

Map-Wien.gif
http://www2m.biglobe.ne.jp/~ZenTech/world/map/austria/Map-Wien.htm


さて、続いてハプスブルク家の夏の離宮、シェーンブルン宮殿へ向かいます。世界遺産にも登録されており、ハプスブルク家の栄華の象徴とも。
前回のベルベデーレ宮殿がもともとハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲン公という軍人の建てた宮殿だったことを思うとこちらの方がやや?ボリューミーですね。

2013-04-01 08 (14)_R
シェーンブルン近くの地下鉄駅。もはや地上である。


2013-04-01 08 (15)_R
読めないけどシェーンブルンステーションとかだろ、たぶん。


2013-04-01 08 (18)_R
荘厳。この色は「マリアテレジアンイエロー」というそうで、彼女が好んだ色だとか、ちがうとか。最初は金箔をはりたかっただとか(どこの鹿苑寺)、なんだとか。
左手の人ごみはイースターの市が立ってるの。
これは別の記事で⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

2013-04-01 08 (19)_R


シェーブルン宮殿内部は残念ながら撮影禁止。
1740au2.jpg
http://www.europe-z2.com/kinsei/ad1740au_n.html


ここはツアーでインペリアルツアー(26の部屋が見れる、€11.5)とグランドツアー(40の部屋が見れる、€14.5)
時間が結構遅かったので進行を考えてしぶしぶ?インペリアルツアーにしたけど、これで十分満足!
ロココ調で見るのに疲れる。。。と言ってしまうとあれですが、本当に豪華で見ごたえがあります。もう一回行きたいです。

日本語のオーディオガイド代も料金に入っていて、聞きながら回るんだけど、内容も面白いですし
ボリュームは十分、ちょっと疲れちゃうくらいはありました。


公式ページから
dddda.jpg


asdf.jpg


ここでしょっちゅう登場してくるのが(人気があるからだとは思うんだけど)シシィことエリザベートとフランツ・ヨーゼフ1世、
それにマリーアントワネットに
マリアテレジアとその夫ヨーゼフ1世。

とにかく、男性陣が同じ名前すぎてヤヤコシイ。
hapusburg2.jpg

http://nao8148.blog.eonet.jp/default/2009/02/post-98f9.html



2013-04-01 08 (16)_R
宮殿に入って反対側に抜けたところです❤(。☌ᴗ☌。)
庭園が見える。

2013-04-01 08 (17)_R
庭園をずんずん歩き回ります。こげな風に、西洋の庭園は手を加えて、自然をコントロールして何ぼ。日本庭園の自然をありのままで美しく見せる系のスタンスとは逆ですね。


2013-04-01 08 (13)_R
前方に見えるのはグロリエッテ、遠かったので行くのをあきらめました。
もう少し眺めても楽しい季節ならば行ってもいいのだけど。

ちなみにこの庭園内には動物園(世界最古らしい、パンダいるらしい)があったり、植物園があったりします。



2013-04-01 08 (47)_R

これが植物園のパルメンハウス、ちょっぴり興味はあるんだけどまぁ行かずじまい。




それよりこれ、何だと思いますか・・・?

2013-04-01 08 (45)_R











2013-04-01 08 (46)_R


日本庭園なんだって、ふざけんなwwwwww

確かに自然に任せてはあるけど任せすぎじゃろ。

ウィキさんによると


シェーンブルン宮殿には日本庭園がある。これは1913年にフランツ・フェルディナント大公が日本訪問から帰国後造営させたもので、オーストリアの庭師に見よう見まねで作らせたものである。オーストリア=ハンガリー帝国崩壊後は荒廃し、誰ともなしに「アルプス庭園」と呼ばれるようになったが、1996年にここを訪れた日本人が日本庭園ではないかと指摘した。その後調査が進められた結果、手水鉢と思われる石など見つかり、日本庭園ということが断定された。これを受け1998年、日本から庭師を招いて枯山水の日本庭園として修理復元がなされた。
だそうな。



庭師いるんかい!(今は知らんけど。)




さらにウィキさんにはさらに衝撃的な情報が載っていて

シェーンブルン宮殿は観光客に公開されている2階部分を除いた居室が、文化財管理公社によって賃貸住宅として一般に貸し出されており、住民がいる。これは1960年代にウィーンの住宅問題を解決するために考え出されたものである。居住者は建物の性質を変えない程度のリフォームは許されている。現在では居住に不便な部分も多数あるといわれ、ウイーン市民にとっての住宅物件としての人気は低い。官舎であるため、公務員であることが入居の条件である。2LDKで100m²、家賃は日本円で4万7千円。



普通に住みたいんだけど。




2013-04-01 08 (48)_R
こちらは帰り道。こういうところはしっかり手をかけてあるのに。誰か日本庭園管理できる人派遣しちゃれよ。まがりなりにも世界遺産の一部なんで、世界に間違えた情報を発信せんといてーなщ(゚д゚щ)♪


2013-04-01 08 (49)_R
奥のかわいいバス?トレイル?のシェーンブルナー・パノラマバーンが撮りたかったんだけどちょーどちょーど人が邪魔。すっごくタイミングわるかってん。


◇次の記事⇒<

◇中欧旅行HOME⇒★中欧旅行記~INDEX~プラハ・チェスキークルムロフ・ザルツブルク・ウィーン・ブタペスト★

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(*´ω`*)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






[ 2014/08/04 19:03 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(2)

nittiさん

ワ~懐かしい思い出しました。今日の写真ほとんど覚えてます。動物園にも行きました。
建物可愛かったですね男の子たちを連れての旅行だったので彼らに興味のあるのは動物園くらいでした。おおかみいました^^シェーブルン宮殿懐かしいな
エリザベートとフランツ・ヨーゼフ1世のキーホルダも買ったのにいまとこにあるんだろう
どうも楽しく拝見させていただきました。
[ 2014/08/04 20:05 ] [ 編集 ]

lime souffleさん(*˘︶˘*).。.:*♡

わ、よかったです❤(。☌ᴗ☌。)
シェーンブルン宮殿とシシィや女王たちの物語はもっと知りたいと思うことだらけです。数十年後になるとは思います?がまた行きたい場所の一つです。
その時の日本庭園がどうなっているのかが個人的には気になる所です。
確かに、お子さんには少し退屈かもしれないですね。でも将来きっと、うっすら覚えている思い出が大切なものになるのだと思います。私も小さい頃は美術館とか博物館が退屈でたまりませんでしたもん_(┐「ε:)_


[ 2014/08/06 08:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/216-121982a6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。