スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★抗酸化力№1のフルーツ、アロニア!の抗酸化力を真面目に考察する★

さて、アロニアジュースのモニター記事、書きたいことが多すぎて半分に分けました。
http://www.nakagaki.co.jp/aronia.html
こっちはちょっと理系ちくにまじめばーじょんです。


前記事⇒
★抗酸化力№1のフルーツ、アロニア!★


前回抗酸化、抗酸化と書いてきましたが
抗酸化作用ってなんなのよ。ってのも含めて
たまには理系ブログらしいところも発揮しようと思います。


よく健康系の話題で『体が錆びる』って言いますよね
これは鉄が錆びて酸化して(酸素Oと結合して・あるいは電子が奪われて)赤茶色の酸化鉄という化合物になるのと基本はいっしょです。
もっとわかりやすい例でいくと
リンゴの変色やワインの劣化(酸化)!なんかもそう。

人間は呼吸を通じて酸素を体内に取り入れ、その酸素により、体内で栄養分も燃やし(酸化し)エネルギーを得ています。
これがなくなるとえらいこっちゃです。死んじゃいます。

そんな不可欠な酸素ですが、良くない酸化も引き起こしてしまいまうことがわかっています。
この酸化によるストレスが様々な病気の原因になっているんだそうな。

んでこの体の酸化の諸悪の根源が活性酸素。※図お借りしました。↓
http://www.mariyaclinic.jp/b_exsamination/b_r01mcn/mcn/mcn2006/b_r01news0607.htm

0607_1.jpg

活性酸素は下の図でいうと①一番上の一重項酸素(¹O₂)と②上から3つ目スーパーオキシドラジカル(O-O・)、③4番目過酸化水素(H₂O₂)、④5番目ヒドロキシルラジカルですね。

やつら活性酸素は不安定な分、酸素よりも反応性が高く、酸化力が強いためため生体にとって非常に有害です。
DNAを損傷させたりもします。


ですから、
私たちの体はこれら活性酸素から身を守るべく、よくできた抗酸化システムを持っています。
ひとつが、抗酸化酵素(こうさんかこうそ)。これにより活性酸素を除去あるいは消去しているのですが、それでも追い付かない部分を助けてくれるのが抗酸化物質です。

抗酸化物質は、今回出て来たポリフェノールだけでなくって、
ビタミンCとかビタミンEなんかもこのフリーラジカル(②や④)を消してくれます。また、ニンジンなどに豊富なβカロテンは①を消去してくれます。

sukusyo0967.png

ちょっと見にくいですがそれぞれの抗酸化酵素、抗酸化物質の効能が書いてあります(出典;ケフィアニュースvol.20より)
http://www.nakagaki.co.jp/kefirnews_img/KEFIR_NEWS_Vol_20_No_1.pdf



んでまー再度登場。そのポリフェノールだとかビタミン何がしとか、カロテンだとかが持つ抗酸化力を果実ごとい比べたのがこちら。
sukusyo--.png

縦軸が抗酸化作用(ORAC)
一番左がアロニアだそうです、一番です、すごいね。(出典;上に同じ)


測定方法の詳しい解説ページ。
http://www.mac.or.jp/mail/080801/02.shtml

個人的には最近話題のブラジル原産の抗酸化フルーツ、アサイーと数値的に比べてみたかったり(๑ˇεˇ๑)




最初、抗酸化力って還元力のことじゃろ、てことは単純に構造から、還元性を持っててpHやら酸化還元電位なんぞを測定すると分かるんやろ!って思ったんですが、

そう単純な話ではなくって
抗酸化ネットワークなるもので、還元されるのですねー。
20120116194403b7ds.png
http://kurikiclinic.blog25.fc2.com/blog-entry-158.html

いやはや生体内の化学はむつかしい。




あともうひとつ
ポリフェノールポリフェノールと書いてきましたが(このくだり2回目w)
ポリフェノールって何?という疑問にを解消します。

実はポリフェノールというのはある特定の化合物のことではなくて
フェノール(ベンゼン環に‐OHがついた化合物の総称)という↓みたいな化合物が、
ポリ(ギリシャ語で多いの意味)、つまりたくさんあるってことなんです。
※ポリエチレンはエチレンがいっぱいつながった構造、ポリスチレンはスチレンがいっぱいつながった構造なのです。
phenol1s.gif


そしてこのポリフェノールというグループの中に
アントシアニンだとかカテキンだとかイソフラボンだとかタンニン(これは特定の化合物ではなく化合物の性質?を指すらしい)だとか最近はやりの体によさそうな成分が入っているんです。

katekinantsi.gif
例えばカテキンとアントシアニン。よくにてるでしょ。そしてさらによくみるとフェノールがはいっているのですよ。
※いつもお世話になっているキリヤ化学さんのQ&Aコーナーよりお借りしました。

ちなみにアントシアニンはわかさ生活のCMでも有名だけれども、紫色の色素なのです。ちなみにpHによって色が大きく変わります。
かの有名な土のコンディション(pH)によってアジサイの花の色が変わるという現象も実はアントシアニンのせいだったりします。



そして、たぶんなのだけど、アロニアの、この強烈な渋味はポリフェノールのグループに属する渋み成分タンニンだろうと思うのです。


と思っていろいろ調べていたら
アロニア含まれるポリフェノールの種類が載っていて
アントシアニンだとかといっしょにエピカテキン(カテキンの仲間、タンニンの一種)というデータがありました。
http://www.nakagaki.co.jp/kefirnews_img/KEIFR_NEWS_Vol21_No_2_April_1_2014.pdf
私の舌、ちゃんと正しいじゃん!w


このタンニンがなんで渋く感じるかもね、すっごく面白いのですよ。
またタンニンに関連して渋柿→干し柿でどうやって甘くなるのかもこれまた面白い!
だから今度また、特集しようと思います。

アントシアニンの色素としての面白さも捨てがたし。


どんどん書こうと思ってる記事が増えるよー。


その他参考にしたページ
http://hobab.fc2web.com/sub2-kasseisanso.htm
http://www.vinho.jp/?desc=%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%A8%E5%81%A5%E5%BA%B7
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q59.html




中垣技術士事務所 ファンサイトファンサイト参加中
ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます?(。???。)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






なるべく嘘つかんようお勉強して、情報を取捨選択するよう努力しましたが、天然物は門外漢、何か間違ってましたら遠慮なく教えてください!



最後に、ポリフェノールは水溶性(水に溶ける)なので体内に入るとすぐ吸収されます、しかし、すぐ排出されためておくことができません。
つまり、毎日ちょっとずつ継続、それが大切なのです(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/186-a8b1d7d6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。