★初心者の初心者による初心者のための赤・白・ロゼワイン★

grapes-274132_640.jpg
http://pixabay.com/

ワインは詳しい人がごまんといますので
初心者nittiはあんまりしゃべらんとこ思ったんですが

まぁちょっとおつきあいくださいな(´・ε・̥ˋ๑)


皆様ご存知、ブドウを発酵させて作るワイン
これには大きく赤・白・ロゼがあります。

この違いというのはブドウの種類と作り方の違いに起因します。

「赤ワインは赤ブドウ、白ワインは白ブドウ、ロゼはえーとロゼブドウ?」



いえいえ、違います。
赤ワインやロゼワインは黒ブドウ、白ワインは白ブドウ(マスカットなんかも)なんですね。

【白ワイン】は白ブドウの果汁だけを冷蔵発酵します。
完全に発酵させると辛口に、途中で止めると甘口になるそうです。

対して、
【赤ワイン】は黒ブドウを皮ごと常温発酵

【ロゼワイン】は赤ワインと同様に黒ブドウを皮ごと常温発酵させ、その途中で皮を取り除き発酵を続けたもの
なんですね。ですからあんな風にピンク色になるんですね。
これは色だけでなくアルコール度数や味わいもかなり赤と白のあいだのような味になります。甘そうな見た目に反して辛口が多いかな?

ワイン用のブドウというのはわざとやせた土地で作られるのですが、普通に食べてもそんなにおいしくないそうです。

ワイン用のブドウは、小粒で果皮が厚く、種がおっきくて、酸が強いんです。甘さプラス酸が しっかりしているんです。
食用ブドウは、果皮が薄く、種が小さくて、果肉がおっきくて 酸が少ないので、甘みを強く感じるんです。



と作り方のお話はこのくらいにして、
次は種類のお話です。

ボルドーだとか、シャルドネだとかワインを飲みはじめると最初にこんがらがるこの部分をまとめましょう。

これらワインを知り始めると出てくる、よくわからんけど重要そうな単語は主に
【産地】か【ブドウの種類】です。


まず【ブドウの種類】からいきましょう。
先ほど登場した
赤ワインの代表的なブドウの種類(黒ブドウ)は
・カベルネ・ソーヴィニオン 赤ワインの女王ともいわれます
・ピノ・ノワール
・メルロー
・シラー

有名どころだとこんなところでしょうか。

白ワインの代表的なブドウの種類(白ブドウ)は
ひとまずシャルドネだけ押さえておけばOK

他にもソーヴィニヨン・ブラン、リースリングなどがあります。
通販サイトですが各ブドウの特徴や香りが紹介してあって勉強になります

ワインを飲んでみて美味しいなと思えるものに出会ったら
ブドウの種類を覚えておくと次回購入するときに好みのものを選べるようになります。



続いて【産地】、これはもう複雑です。
正直一言で説明など難しすぎます。

フランスのボルドーとかブルゴーニュが2大産地ですね
ブルゴーニュの中で地区の名前(シャブリ、ボージョレ)がワインの銘柄になっていることもあります。
さらにもっと細かく畑の名前が銘柄になっていたり、
作っている作り手の名(シャトー名)が銘柄になっていたり(ボルドー(仏)のシャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥールなどなどたくさん)

以前シャンパンとスパークリングワインの違いを説明したかと思います。
シャンパンはシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインと。このように地域名がブランドとして広く知られているというパターンはかなり多いです。


とにかく複雑、nittiも全然わからん。そしてここにはまり込むとお金がいくらあっても足りないんじゃないかとすら思います。


これに【格付け】というのが絡んできて(しかも地域によってランク名?がちがうんだよ)もう大変。

ですから、入門編では取り扱いません!
というかnittiが理解できる日がくるのかなんなのか・・・



ワインといえばフランスのイメージが強いかもしれませんが
ドイツワインやイタリアワインは伝統もあり、日本でも人気がありますし

最近はチリオーストラリアカリフォルニアなどの新世界といわれるワインも注目株なんですよ~
これら新しいワインは非常にラベルに品種が大きく明記されていることが多く分かりやすい事や
味の割に値段が安いという点からも入門者におすすめなんだそうです。


ヨーロッパにおいてワインは(良質な水が中々得られないが故)水の代わりに飲まれてきたといっても過言ではないのです。そんな生活に根差し深く、かつ長い歴史をもつ(かつ宗教上も大きな意味を持ってきた)ワインだからこそ、いろいろと複雑になってしまうんでしょうね。




最後に入門っぽい☆ことを書いておきましょう

赤ワインは常温で、白ワインは冷やして飲むのが美味しいですよ!
そんなん知ってるわって??


すみませんでした(-ω-)/


ちなみに、何十年物のワイン・・・なんていうのはほとんど赤ワインの話です。
コレクターがいるイメージの高価なヴィンテージもののワインってのは主に赤ワインの話なんですよね。白ワインの熟成期間というのは赤よりは短く長期熟成に向く高品質なワインでも3~8年だそうです。



と、適当書きましたが
nittiは基本ワインが体質に合いません。
美味しく楽しく飲むことはできるのですが、そんなに量を飲んでいなくても、次の日に不思議と残るんですよ・・・

それにボトルを開けると日持ちしない(&劣化していく)ということもあってコスパ的にもなかなか食指が伸びないんですよね。


見てくださった方にnittiよりワインお詳しい方ごまんといると思います。
嘘つかんよう気を付けて書きましたが間違いを見つけられた方はお手間でしょうがコメント欄にてお教え下さると幸いです。



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます❤(。☌ᴗ☌。)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






今日はいつもにもまして長いな・・・
[ 2014/06/27 00:52 ] お酒・バー | TB(0) | CM(4)

勉強になりましたω
ひとまず部屋に転がっていた空き瓶のラベルとにらめっこしてみますw
[ 2014/06/27 04:54 ] [ 編集 ]

知らないこともいっぱいありました~。私、ワインはほとんど飲まず、料理やお菓子作りに使うことはあり、その時は、なにもこだわりはなく、お値段安いものを選ぶ感じ。でも、日本にいた頃は、まわりに、ワイン好きな親しい方がいて、ワインに詳しくありたいと思ってました。日本は、スーパーだとあまり品揃えがないところもあったんですが、ワイン通の方曰く、1000円の輸入ワインでもかなり楽しめる!って言ってました。お肉好きな方だったので、ボルドーやキャンティだったかな…の甘口ではない赤ワインをよく買って、一緒に食事を楽しんでましたよ~。
[ 2014/06/27 10:07 ] [ 編集 ]

萩藁さん、こんにちわ( *´艸`)
是非見てみてください!
少し知ると、お酒選びが楽しくなります❤(。☌ᴗ☌。)
なんにも気にしなくてもお酒は美味しく楽しくが一番なんですが、
私は薀蓄?とか無性に知りたくなる性質でして。

[ 2014/06/28 15:13 ] [ 編集 ]

ECOさん(*˘︶˘*).。.:*♡
多少なりともお役に立ちましたか?やったー
お料理にワインって憧れるんですが一瓶が永遠に使い切れる気がしなくって買ったことないんですよね。やっぱりあんまり長いこと置いておくとだめなのかなーなんて。

飲用ワインはやはり開けたてが一番ですのでみんなで飲みきってしまうのがちょうどいいかな。と。ですからお詳しいご友人がいるECOさん羨ましいです!
キャンティはイタリアのワインです。普通の形の瓶もありますが、もしかしたら下に藁?みたいな覆いがついたしもぶくれの瓶だったんじゃないかな~なんて思ったりしてみたり。
輸入ワインショップ楽しいですよね。最近?近所にワインアドバイザーさんのいるワインショップができたんですよ( ✧Д✧) !安くておいしいので手土産なんかに利用してます。
[ 2014/06/28 15:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/172-65845913