スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★イケメンなのに役者魂がすごいジャレッド・レト★

ジャレッド・レトという役者を知っていますか?







この人です。

a0312613_21341733.jpg

イケメンでしょ…?




とここでユーターンしないでくださいな。




この方

5676539780_099f71262b.jpg

こちらと同一人物なんです。

nittiがこの俳優さんを知ったのはこの『アレキサンダー』という映画でした。




紀元前世界統一といっても過言ではないくらいの大帝国を作り上げた
かの有名なアレキサンダー大王を描いた映画です。

そこでコリンファレル演じるアレキサンダーの親友かつ親密♥?な間柄のヘファイスティオンを演ずるジャレッドレトさんでした。
超はかなげなイケメン……!

わたしこういう中東系?濃い顔に弱いのよね。



その映画で彼にときめいて数年後、

このジャレッド・レトさんが主演と聞いて興味を持った映画
『chapter27』でのお姿がこの表紙です。




ジョンレノン殺害犯を演じています。
怖くてまだ見てません。


このとき彼は役作りで28kgもの増量をしたのだとか。



彼の体重の伸縮自在ぶりは恐ろしく


 映画「レクイエム・フォー・ドリーム」では、薬物中毒に陥ってしまった主人公を演じるために、約13キロの減量を行いました。そのダイエット法とは、ブロッコリーやキュウリを食べるくらいだったという過酷なものだったそうです。

 その後、映画「チャプター27」では、ジョン・レノンを暗殺したマーク・チャップマンの役づくりで、なんと約28キロも増量! 同一人物とは思えないジャレッドのその姿は衝撃的で、ゴシップ誌でも大きく報じられました。

かと思えば、映画「ダラス・バイヤーズクラブ」では女装したHIV患者を演じるにあたり、約14~18キロも減量したのだといいます。一部の報道によると体重は53キロまで落ちたそうです。確かに頬はこけ、ボディーは折れそうなほどの細さになっていました。

 途中で体重を量ることをやめたという彼は、米ニュースサイトのThe Huffington Postで「何キロ減ったということが重要なのではなく、いかに役に入り込めるかなんだよ」と語っています。

 そして、完全に役になりきったジャレッドは、見事オスカー像を手に入れました。


だそう


なんだかこんな恐ろしいダイエット心配になりますね。
ダイエットならまだいいですが増量の方は実際体に影響が出たようで、


jared-leto-skinny-terry-richardson__oPt.jpg


せっかくの美しい容貌が無茶な体重増減で損なわれないといいのですが・・・


キャリアのスタートはアイドルなのですが、
彼、このダラスバイヤーズクラブで第86回アカデミー賞助演男優賞を受賞してます。
そして、人気ロックバンド「サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ」のボーカルとしても活躍中でハリウッドでも有名なモテ男なんだそうな。

chapter27の時ももてたのかしら・・・?



イケメンの方のジャレッド・レトさん
jared-letolooksnice.jpg
jare43.jpg





163096_2.jpg

ダラスバイヤーズクラブを見たいんだけど気づいたら公開が終わっていて
レンタルが始まるのが9月ということで

いてもたってもいられず過去作を見たくなりました。



んで昔DVDで見たアメリカンサイコを見たんだけど
これってコメディだということが今回初めて分かりました。



DVDが家にある、でもなんとなくニコニコで見たら
いろんな人のコメントがあって
 

そのコメントで、
以前1人で見たときは『ありえないし、脚本としてこれどうなの~』とだけ思ってたシーンが
シュールで笑いを取りに来ているんだと分かったんです。アメリカ現代社会を鋭く風刺するブラックコメディ風味のサスペンス、らしいです。

なんか、こうハリウッドで真面目なつくりで真面目にギャグをやられても気づかないよ…!


ちなみにこの映画でジャレッド・レトさんは(ネタバレ注意)












名刺を見せびらかしたことにより殺されます。

スクリーンショット 2014zyaretto



スクリーンショット zyaretto



もしアメリカンサイコをみようという方がいれば
是非ニコニコで。

爆笑できますよ~щ(゚д゚щ)



ちなみにちなみに

アメリカンサイコでサイコ役をやった主演クリスチャン・ベールは
マシニストで激ヤセ役作りをしてますね。



この映画は正当な意味で見ごたえがあるのでぜひ。かなり細かいところまで考え作りこまれています。
そして見終わった後はネット上に転がっている解説を読むことをお勧めします。


それにしてもみなさんなんでこう体重変幻自在なのかしら。
2~3kgで挫折する私はいったい。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます❤(。☌ᴗ☌。)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2014/06/25 15:39 ] 本と映画 | TB(0) | CM(2)

nittiさん こんばんは^^
俳優さんの役作りって 凄いですね~!
初め見た時 とても同一人物には見えませんでしたもの(´・ω・`)
ビックリでしたヾ(。・ω・。)
[ 2014/06/25 22:40 ] [ 編集 ]

ユイさんこんにちは❤(。☌ᴗ☌。)
私もジャレッド・レトの変化を最初に知った時はもう声も出ませんでした。ファンだったんで(´・ω・`)
俳優さんって想像以上にハードなお仕事ですよね…

ムキムキになるとか良い方向?の変化ならやりがいもありますが、昔衝撃を受けたのはシャーリーズセロンが犯罪者役になるため急増量&眉抜きした姿でしょうか・・・
ロバートデニーロもすごいし、でもあまりにも変化の時間が短すぎて絶対体に悪いと思うんですよ・・・。
でもそこまでやると大体みなさんアカデミー賞とかもらっているんですよねw
[ 2014/06/28 15:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/170-5675f306










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。