スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

☆恐るべき子供たち・邦訳を考える☆

こんにちは、nittiです。

540181_279625352119213_756117690_n.jpeg

Instagramやってるよ~
IDはコチラnitti00w

本日ここ数か月にわたり積みっぱなしだったコクトーの【恐るべき子供たち】を読み終わりました

おそろしく難解で手間取ったんだけれども、発行年を見て納得、昭和20年代やんか!!
古典かて好きやから読むけれど、これは翻訳本

いや、もう本当古い翻訳本は読みづらいよね、フランス語訳だし、こんだけ昔だし、これを訳した方はすごい知識人なんだろうけど、
そこはかとなく漂う、受験勉強時にに辞書片手にやった英訳と同じかほり

インテリだろうけど、物書きさんじゃ(おそらく)ないしね…


そりゃ原文に忠実であるほうがいいけれど、エンターテイメントとしてはいただけない、ましてやコクトーさんは詩人だから直訳するとひどいことにw


この時代の文章に囲まれて育った方たちにはすんなりいくのかもだけど、私には光文社なんかの新訳シリーズがちょうどいい
なんかチープになっちゃった感もあるけれど、

今の名作も昔はベストセラーって感じで気楽に読まれてたんだと思うの、だからいいんじゃないのかな。

ダンテの神曲だってすんごい高尚(な気がする)けど方言で書かれてた訳で…
って特殊な例すぎるかε(*´・∀・`)з゙



翻訳本はほんと合う合わんが激しいから、ネットでまとめ買うのはやめとこうと心に誓ってみたり…


コクトーさんはテライケメンなんだよ!!!


コクトー

それで絵も描いて映画とって
多才すぎるはぉお!!(゚ロ゚屮)屮


結局本のレビューじゃなくて翻訳の話になってしまった(*;´□`)ゞ
澁澤訳もあるそうだからそちらを再チャレンジしたくなりんした、あと萩尾望都のコミカライズ(っていっていいのかな?)ver.も原作を読んだ今もう一度読みたいですね。


追記;調べてみたら訳者東郷青磁氏は美術畑の人だった。訳の仕事もそれきりみたい。宇野千代さんと結婚、んで離婚してる、ていうか宇野千代さんって和柄デザインの人じゃなかったんだ!
いやもうみなさんマルチにやりすぎやん。





[ 2012/10/09 23:22 ] 本と映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nitti00w.blog.fc2.com/tb.php/10-addf00f4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。