スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★ベルギー奇想の系譜展@兵庫県立美術館に行ってきたよ★

hyogo-belgium22ch.jpg


ベルギー奇想の系譜展に行ってきました。
もう会期も終わりかかっていますが、なかなか興味深い展示でした。
全部は紹介出来ていませんが、特にブリューゲル(父)の7つの大罪シリーズや7つの徳目シリーズの版画は情報量、発想ともに圧巻、
混んでいてしっかりみることが叶いませんでしたが、チャンスがあれば細部までゆっくり考えながらみたいものです。
今回は気に入った作品をさらりと紹介していきたいと思います。



第1章 15〜17世紀のフランドル美術

th_schedule-01.jpg
トゥヌグルダスの幻視 ヒエロニムス・ボス工房


th_picture02.jpg
聖クリストフォロス ヤン・マンデイン
キリストを背負い川を渡る聖クリストフォロスのエピソード。少年キリストが背負う人類の罪の重さに、
驚き苦しみながら渡る聖人の姿だそうです。実際は三世紀の人で有りキリストの同時代人ではないのだとか・・・


th_about_1_img_2.jpg
パノラマ風景の中の聖アントニウスの誘惑 ヤン・マンデイン
砂漠で修行中、悪魔の誘惑を受け、怪奇で生々しい幻覚に襲われる聖アントニウスのエピソード。


th_PK2017042402100110_size0.jpg
ソドムの火災、ロトとその娘たち ヘリ・メット・ド・ブレス


th_PK2017041802100127_size0.jpg
大きな魚は小さな魚を食う ピーテル・ブリューゲル(父)
この絵は昔から結構好きで、結構テンション上がっているんです。


th_31f07bd8.jpg
冥府に下るキリスト ピーテル・ブリューゲル(父)

このイメージの豊かさ、本当に鬼才だと思います。ブリューゲルの画集欲しいなぁ、解説付きで!

th_img_2.jpg
節制 ピーテル・ブリューゲル(父)
7つの善行シリーズの1つ

th_pic8.jpg
反逆天使と戦う大天使ミカエル ペーテル・パウル・ルーベンス
かの有名なルーベンスにも版画作品があったんですね。筋肉の描写と悪魔の描かれ方が魅力的や。

th_1024px-Peter_Paul_Rubens_083-1024x802.jpg
カバとワニ狩り ペーテル・パウル・ルーベンス


第2章 十九世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派・表現主義


th_about_2_img_1.jpg
舞踏会の死神 フェリシアン・ロップス

よく見ると髑髏。フェリシアン・ロッブスは今回初めて知って、気に入った画家の一人。

th_ef15f222cf86b2ae3103a37782171c5a.jpg
踊る死神 フェリシアン・ロップス


th_ダウンロード
至高の悪徳 フェリシアン・ロップス

なんともいえず色っぽい骸骨。

th_Cus10400_400.jpg
女性習作 フェルナン・クノップフ
透明感と、中性的なうつくしさが印象的だった。

th_5)ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク《運河》
運河 ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク
横に大きな作品で実際にみると奇妙な迫力がある。等間隔でならぶ木がなんかいい。

th_7ac86da06d39e240be61894bb0c0875d.jpg
フランドルの雪 ヴァレリウス・ド・サードレール



th_PK2017041002100049_size0.jpg
キリストの誘惑 ジェームズ・アンソール
近代ベルギーを代表する画家らしい?ジェームズ・アンソールも今回「掘り出し物」な作家さん。好みや!

th_belgiam2.jpg
キリストのブリュッセル入城 1889年マルディ・グラの日 ジェームズ・アンソール


第3章 20世紀のシュルレアリスムから現代まで

th_372ce8516740042e9b5701bdf33d0c5a.jpg
海は近い ポール・デルヴォー
不思議と惹かれる雰囲気

th_hana.jpg
レディ・メイドの花束 ルネ・マルグリット
マルグリットの絵はよう分からん。


th_image.jpg
大家族 ルネ・マルグリット
上記2作とも何バージョンかあるので、もしかすると違う絵かもしれない・・・w

th_about_3_img_3.jpg
ティンパニー レオ・コペールス
立体作品です。骸骨が上下してティンパニーをたたいたりします。控えめに言っても意味が分かりません。

th_1422_1.jpg
磔刑図 リュック・タイマンス
ホワイトバランスミスったの?って絵ですが、なんだか気になったのでランクイン。よく見ると十字架が。

th_5ddef542fce18675512f6f7b457e9691.jpg
フランダースの戦士(絶望の戦士) ヤン・ファーブル
フランダースというのはベルギーとフランスの国境付近野町で、何度も戦場となり多く後が流れたそうです。
たくさんの甲虫たちが貼り付けられており、ぱっと見はすごく綺麗。
細部を注視すると不気味さがじわじわとこみ上げてきて、いつまでも頭に残る作品でした。
ヤン・ファーブルもなんか有名?な気がします。他でもどこかで視たかな?

th_10204.jpg
生き残るには脳が足らない トマス・ルルイ
タイトルが秀逸だと思う。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







この夏関西にやってくるバベルの塔展行かなくちゃヾ(*´∀`)ノ
スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。