スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★マカオと香港を一人旅してきたよー総括ー★


IMG_6850 2


香港も最後の夜。週末のため大混雑のビクトリアピークへのトラムを待ちながら日記を書いています。
といってもマカオを経由してるので、まだ香港について24時間すら経っていないんだけど。

peachの朝初夜着往復で14000円を見つけて休みの申請もせぬまま飛びついたのが年末。3泊4日、いつも詰め込みすぎて駆け足になっちゃうところ、余裕があっていいんじゃないかなぁと。

結局、マカオにも行こう、などとしているうちに、例のごとく無計画のくせに詰め込んだ旅行になってしまいました。
マカオには一泊してたっぷり1日半の滞在、カジノ目的でもリゾート目的でもないのでそれなりに余裕がを持って楽しめた感じです。

IMG_6263.jpg

【マカオ編】
何が面白いってヨーロッパ風+中国風のデザインセンスのミックス、
そして歴史的建造物+廃墟と見まごうボロコンクリート建物+モダン建築これらのミックスが、とても面白く、刺激的ですね。

歴史的建造物自体は、アジアにあるということが面白いのであってまぁヨーロッパで散々見たし期待しすぎない方が良いかも知れません。
マカオが世界遺産に登録された理由というのも、キリスト教とアジア文化の融合にあると言いますし。


印象的だったのが、ほとんどの博物館などが無料か、ものすごく安いってことでしょうか。
かなりスタッフはいるので果たして中国のなせる技??と思わずにはいられません。
ホテルで荷物預かりのボーイさんにチップを渡そうとしたらいらないと言われたのもちょっと印象的です。

街中は広東語とポルトガル語、英語が列記で、
順番も広東語、ポルトガル語、英語の順番で英語の記載はないことも。案外英語が通じない場所でした。むしろポルトガル語って今も使っている人いるのかしら??


IMG_6382_2017022803204631f.jpg

せっかくなのでカジノについても社会勉強と思ってのぞいて見ました。
正直なところイメージしていたきんきらきんで、紫煙がもくもく、美人のお姉さんバニーに、フリーのお酒で酔っ払って見たいなザ退廃みたくのを想像していたのですが、

思ったより地味だし、色っぽいお姉さんいないし、お酒飲んでる人もいない。


真剣にゲームしてるんですよ。

実は私もチャレンジしてみようかなと思ったんですが、最低掛け金でもちょっと厳しい感じだったので、止めました。
そりゃあ真剣にもなりますよね。


ディーラーさんも男女ともにどちらかというと銀行員のような硬い人ばかりで、それもちょっと驚きポイントでした。

カジノってルールわかんないと楽しくないよね!コレ!

夜はお酒を飲めるようなところもあまり見当たらないし、よくよく考えるとタバコを吸っている人も少ない。もしかしなくてもかなり健康的な街なのでは…?
リゾートのタイパ側だと少し違ったりするのかしら?

IMG_6640 2

【香港編】
続いて香港総括
香港は眠らない街だとホント実感しましたー!
マカオからのフェリーでついたのが夜8時くらいで繁華街の中のビルの一室のようなホステル…男女共同六人部屋で3000円強というなかなか衝撃的なとこなんですが、チェックイン後街を歩き廻れども、人通りは絶えず、深夜も近いというのに、飲食店は人でいっぱい。たくさんセブンイレブンあるけど儲かってるのか不安になるほどの賑わいでした。

逆に翌朝9時ごろに町歩きを始めたのだけど、昨夜の賑わいが嘘のようで、完全に夜型シフトの街なのねと納得しました。同室の人も昼過ぎまで寝てたみたいだし。(荷物を置きにきて気づいた)


マカオもそうですが香港、ホント料理美味しいですねー
ただ中華のお店はフツーの店構えなのに高級店が紛れているので注意です。いやものすごーくものすごーく美味しかったんですけどね!中華料理が世界三大料理に入るということがよくよく分かりました。


良くも悪くも都会で、歩こうと思えば大概の場所は歩いて行けるし、かといって観光メインと思うとちと物足りない街ではあるかもしれません。東京みたいな感じ。
ある程度観光以外にもテーマを決めていくと良いかもしれないです。


マカオ、香港ともにいえるのが、物欲がびっくりするほど湧かなかったこと、、、ちょっとびっくり。
いつもはたくさんのモノがが欲しくなってしまうお土産。今回は土産屋もあんまりないし、あっても欲しくはないし、たとえちょっといいなと思った品も頭に中国製とかすめてしまって・・・いつもお世話にはなっているのですが、ね。
あとはブランドショップ(nittiは興味ない)か中華圏向けのデザインのアクセサリーなどのショップ。金きらりんで巨大な豚が三匹連なったネックレスとか衝撃的なんですよ。


逆に食欲は増すばかりでした。
どこのレストランも美味しいですし、食堂などでは日本より値段もちょっぴり安いくらい。
私は旅行だからーというつもりで美味しそうなものを色々と頼んでいたんですが、現地の人もなかなか食事にお金をかけていらっしゃいますね。それもちょっと印象的でした。たくさんある料理屋、どこもすごい混んでるし。
粥、麺などスープ類は量もすごく多いです。


あと、気をつけとかないといけないのが、英語表記と漢字表記があるけど、ホテルなど大事な場所は漢字表記を覚えとかないと、死にそうな目にあいますよ。



IMG_6882 2

うーん並んだの失敗だったかなぁ…
別にそこまでしてピークトラムに乗って夜景見なくてもいいしなぁと、思いながらも一度並んじゃうと勿体無い魂が宿ってついつい並び続けてしまいました。


トイレ行きたいと思って早2時間経ったんですよ、全く。

週末のピークトラムはマジダメ!すごく早く来行っとくか、ものすごく遅く行く、7時8時にどうしても乗りたければ事前にチケットを買っておくのが少しはマシ(オクトパスカード可)です。

バスが中環の地下鉄駅から出ているのでそれに乗った方が良いでしょうね・・・



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
[ 2017/02/28 03:22 ] 海外旅行 香港・マカオ | TB(0) | CM(0)

★有田に唐津もいいけど波佐見焼ホント素敵ですよ★

IMG_5904_20170205232805100.jpg

波佐見(はさみ)焼ってご存じでしょうか?
長崎県にある波佐見町は400年続く小さなやきものの町、この町で作られる焼き物なんですが、これがね、モダンで超オシャレなんですよ。

nittiはもとが佐賀県民なので、帰省のタイミングが合えば有田陶器市に繰り出します。
目的もなく店みせをまわって物色中、「あ、これいいな!」って思ったモノは結構波佐見焼だったりするのです。
長崎県とは言え有田のすぐお隣ですので、陶器市でも結構お見かけするんですよ。

いわゆる古典柄もいいのだけど、やっぱり、素敵な色使いやシンプルな造形の器に惹かれちゃうのです。


今回念願叶って、そんな波佐見焼のふるさと、波佐見町へ訪れることができましたヾ(*´∀`)ノ





波佐見焼ののお買い物なら観光交流センターに入っているくらわん館がかなりの品揃えでした。
35の窯の商品を扱っているそうで、やきもの初心者のnittiとしては正直ここだけで満足しちゃいましたw

このお店でゆっくりしすぎちゃって、他のお店や窯に行く時間がなくなっちゃっただけ何ですけどねw

IMG_5950_20170205232948308.jpg
戦利品はこちら。もっと上手に写真を撮れたら良かったのだけどw
勲山窯の色違いのお茶碗ふたつ。(ふたつもいらないくせに見栄でふたつかいました、いつかいるかもしれないしねw)
ひとめぼれに近いお気に入りです。
下に引いている布からも分かるようにnitti好みの色使いなんですよね。

普段使う分には申し分ないのですが、高台が低く熱々のご飯や、スープ類を入れると
熱々の底部分に指が触れてしまい持てないことも・・・w

まぁ気に入っているので熱々に注意してつかうことにします。

IMG_5953_20170205232949527.jpg

もう一つの小皿、こちらも一目惚れ。
デザインがね〜古典の千鳥柄がツバメになってる^^
300円だったかでつくりとしてはプリントっぽくてちゃちい感じもするんですが
使うときににこっとできるデザイン重視で★
いくつかがらがありましたがダントツでコレが気に入りましたので1枚だけ買いました(。・ω・。)



IMG_5929_2017020523282382b.jpg
くわらん館のすぐ向かいの「やきもの公園」には各国のいろいろな窯の模型があり、見晴らしもいいので言ってみるのもオススメですヾ(*´∀`)ノ


IMG_5926_201702052328108e8.jpg
ちなみにこれはイギリスのストーク・オン・トレントのボトルオーブンという窯らしいです。見た目がかわいかったのでパシャリ(ㅎωㅎ*)



後は、製陶所跡地をリノベーションした西の原エリアを散策に!
お休みの日ではありましたが、車が止められないほどのお客さんがいっぱい、
アート関連のセレクトショップや、ギャラリー、オーガニック食品店などが並ぶオシャレエリアでした(。・ω・。)
物欲を刺激される素敵グッズが並んでいました。


こんなところに、といったら失礼ですが、こんな場所があるなんてと驚きました。たくさんの人がやってくるのもわかるなぁー。だって佐賀とかにあんまりこういうお店とかエリアないもん。

こういうとこで町おこし的に第二の人生とかいいな・・・とか覚悟も能力もないくせにおもってしまうのです。

IMG_5930_20170205232825eac.jpg




IMG_5938_20170205232829a9b.jpg
鬼木の棚田を見に行こうと車をはしらせたものの、たどり着けず仕舞い。変な細道に入り込んで母に怒られてしまいました( ̄▽ ̄;)

車のナビって絶景スポットとかに行くの向いてないのよね。住所がないから。




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_5949_20170116005559ae8.jpg
そういえば!今年の、というより今年からの手帳はトラベラーズノートにしてみます(。・ω・。)
まず名前がいいですよね。
去年はほぼ日にチャレンジしようとして力尽きたこともあり、、、


IMG_5947.jpg
金額的に結構な痛手だったので、上手く使いこなす予定ですよー★☆
[ 2017/02/06 00:33 ] 国内旅行 九州 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。