スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★ヴェネチアの町をあるいてみたよ⑧仮装トーナメント編★

IMG_2349.jpg

このお二人の余りの完成度に絶句しましたヾ(*´∀`)ノ
まるでオブジェです。


さて、今日は仮装の方が街中にいっぱいいてました、
というのも仮装コンテスト?の様なものが開催されたからのようです。

IMG_2270.jpg

このコンテストの華はこの二人のお姫様でしょうか(。・ω・。)


IMG_2278.jpg

なんてすてきな白雪姫に眠り姫(ちょっと自信ないですがどうでしょう?)

IMG_2292.jpg

と思いきやこの白雪姫、どうやらなんと男の子なんだそう・・・・!!!!
ま、じ、か!!!


IMG_2286.jpg
こんなにかわいいのに・・・・・・・!おにいちゃんなのか(@_@;)
ちなみにこの手はこの姫君方のお父様のもののようです。普通のおっちゃんでしたwww


IMG_2314.jpg
赤と緑が裏表に印刷されたカードが客席におかれており、2人のうち良いと思った方に揚げて勝敗を決めるというもののようです。
nittiとロウちゃんも適当に参加してみました(。・ω・。)

nittiお気に入りのプリンセスコンビでは真ん中ぐらいで敗退していました。
ちなみに司会者のピエロにだっこされ退場する姿も本当プリンセスでした♥
ものすごくかわいいので優勝だー!!とnittiの心の中では思っていたんですが、衣装の豪華さやクオリティで競っているのに、”かわいらしい”で負けてしまっては本気の参加者が浮かばれないですものね。


IMG_2301.jpg

コンテストの優勝は、誰だったか忘れましたがこの奥側のどなたかだったかと思います。





IMG_2265.jpg


IMG_2255.jpg




IMG_2264.jpg




IMG_2262.jpg

全体的におばあさんは小花柄など柄のある衣装がお好きなような印象を受けまいした。



IMG_2332.jpg

このクオリティですよ。ワニ仮面なんてどこで売っているのでしょうか。
まさか、作ったりしてるのかな?

IMG_2334.jpg

マダムがいらっしゃる。この方ぜったい仮面の下も美人よね(@_@;)


IMG_2337.jpg

浴衣姿の日本人観光客がいらっしゃったので一緒に撮ってみました。
浴衣狐面。

やっぱ考えることは同じですね。nittiも衣装までは無理ですが素敵な狐面がないか探していました。断念しましたが。
だれか西洋衣装に負けない豪華絢爛な和装に狐面で参加してみて欲しいです(。・ω・。)


IMG_2340.jpg




IMG_2346.jpg

どこかの王族でしょうか???w

IMG_2365.jpg



IMG_2368.jpg

杭、カモメに人気すぎるでしょうwww
1つだけ余っていますw

IMG_2374.jpg

このカモメの目、なんか人間みたい。

IMG_2380.jpg



IMG_2394.jpg

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_2399.jpg
スポンサーサイト
[ 2015/10/26 22:13 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

★岡山に研修行ってきた★

hinase5.jpg 
現地研修先はなんか猫の王国でした。(日生)




またまたお出かけ編です、というのも今回職場の研修で、二泊三日岡山に派遣されたのでついでに遊んで参りました、ってな内容です。

職場研修も、自分の専門業務(にちょっと関係あるようなこと、相手方からお金が出るので行かせてもらった)についてという感じで、ノリ的には半ば交流会のようなものと聞いていたんですが、実際は大学教授や専門家などそうそうたる講師陣で、余り知らない分野であったこともあり興味深かったです。
知らない人ばっかりの中でしたが皆さん良い人ばかりで充実した内容でした。



研修の内容については身バレの恐れがあるのでぼかしておきますが

瀬戸内海のことについてという内容でした。

面白かった点としては

◼︎里海の概念について
里山という言葉は今までに聞いたことがある方も多いと思いますが、海についても、人と共存しうる豊かな海ということで提唱された新しい概念です。
国際学会でも、分野ではちょっと話題のトピックらしく、瀬戸内海は先進的な実験場として注目されているそうです、全く知りませんでした。
なぜ瀬戸内海?ということなんですが、アメリカなんかの国立公園を見ればわかるように、自然を守ろうと思うと、極力何もしない自然のままにという土地を作るわけです。
そしてそれとは別に利用するところではとことん利用する。そう分けられてるんですね。
そこんとこ日本は狭いのでそんなことしている余裕はありません、瀬戸内海は生活の場ですから、ということで漁師さんもいれば海苔や牡蠣などを作っている人もいます・・・
ということで世界にはない概念だったということです。

■海が綺麗になると魚の餌がなくなる!?
高度経済成長期、汚水が垂れ流され、海は汚くなっていきました。公害の発生もあり、企業努力や厳しい法規制でで水をきれいにしようという動きがありました。
有害物質は言うに及ばず、海に流れ込む窒素やリンも赤潮の原因になると、厳しく制限されました。

という努力がありまして、水は綺麗になったものの、消えた魚が戻ってきません。

どうやら、その魚が育ち、海苔が黒い色を保っていられるだけの栄養素が足りていないようなのです。
「水清ければ魚住まず」なんて言いますし、実際屋久島でも上流では水が綺麗すぎて魚が住まないという話も聞きました。
漁業者さん間では水が綺麗すぎて魚が〜海苔が〜というお話も実際言われている、といいますし。

現在、加古川の下水処理場では海に流れ込む栄養素を増やすべく、処理の程度を調節する実験を行っているそうです。成果はまだ、とのことですが。
http://www.mlit.go.jp/common/001033458.pdf

コンクリートで川がおおわれてしまったことなどで減っていた栄養素、水が垂れ流しだった時代は、それなりに栄養があったわけですが、現在、水が綺麗になりまして・・・( ̄▽ ̄;)
んーなんというか、下水処理場から出た栄養素で魚が大きくなるって理屈は分かるけどなんか嫌ですよね、感覚的に。www

■Stellaというソフトが面白い
今回講義をしてくれた広大の教授が使ってらしたSTELLAというソフトウェアがあったのですが、ちょっと感動しました。
食物連鎖のような複雑な系について、モデルを造りそれぞれに係数を決めてその計算が行えると言うことで、操作する様子を端で見ていて、すごいなー!!と。

システムダイナミクス解析と一般には言うようですね。
ちなみに、有料ソフトですごく高いです。


この動画でなんとなくこの感動が伝わるといいのですが・・・

ちなみにvensimというところから教育目的では無料の類似のソフトウェアがある様です。
http://vensim.com/
触ってみたいけれど、使いこなせる気は皆無www



他にもいろいろと面白い内容はありましたが、ざっくりまとめるとこんな感じです。


ちなみに日生(ひなせ)という所に現地見学に行かせて頂きました。
就業時間中ではない時間に撮ったものならいいでしょうということで。UPします。

hinase2.jpg
日生はのどかな漁港です。
沖合では海洋牧場なんて言う面白い取り組みもしているようですよ。

hinase3.jpg
これなーんだ????


hinase4.jpg

近くで見るとこんな感じで、ホタテの貝殻がつながっています。実をこそげてない部分もあって、ちょっぴり臭いです。
この間に牡蠣の幼生をいれて、養殖するのだそうです。
牡蠣の赤ちゃんってどんなんなんでしょうね?


larvae_13.jpg 
こんなんだそうです。
http://www.agri.tohoku.ac.jp/aquaeco/nishitani/larvae.html



hinase6.jpg 
現地まで行くとシオマネキが!
よく見てみると片手が大きいですよね、初めて見ました。


hinase1.jpg

ちなみに、牡蠣フライソフトが名産だそうです(・∀・)

nittiは食べてませんが、感想を聞くと、ノーコメントでした。
この黒いのはお醤油だそうです。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







そういえばかつて岡山と香川の国境は樽を流して決められたとかちがうとか。
岡山側がいいだして、事前に実験もしていたのに、その日はたまたま樽が流れず岡山の面積は狭くなったのだだとか。
kenkyou.jpg
http://takanee3.blog129.fc2.com/blog-entry-733.html
赤い線の方が県境だそうです。この画像は借り物であれですが・・・


[ 2015/10/25 22:03 ] 大人のための自由研究 | TB(0) | CM(4)

★ヴェネチアの町をあるいてみたよ⑦カーニバル味わってみた!★


IMG_2181.jpg

やっぱり鳥類好きですねー(。・ω・。)カモメかな。

IMG_2185.jpg

今日はほんのり白くって少し雰囲気が違う感じ。

IMG_2186.jpg



IMG_2187.jpg
ためいき橋、有名スポットなんですが最終日にしてようやく見つけました。

この橋の名前の由来は、囚人が投獄されるときに通る橋で、ここからヴェネチアの美しい風景を見てためいきをつくということらしいのです。19世紀にジョージ・バイロンが物語詩『チャイルド・ハロルドの巡礼』の中でBridge of Sighsと呼んだのが初めだそうです。

IMG_2188.jpg
今日は先日までより人出が多い気が・・・なんで???


橋がいっぱいあるのですがそこがボトルネックになって人の流れが阻害される・・・w

もちろんマスカレさんたちもたくさんいらっしゃいました。

IMG_2190.jpg

この方の完成度、すごいっす。

IMG_2192.jpg

仮面の奥に見える目線にどきどきしちゃいます。

IMG_2189.jpg



IMG_2193.jpg



IMG_2196.jpg

何か召還できそうですね。

IMG_2197.jpg
ご婦人方が、なにをささやき合っているのでしょう。


IMG_2203.jpg



IMG_2204.jpg
ロリータ風味の方もいらっしゃる。縦ロールは時代設定が違う気がしちゃう。


IMG_2207.jpg

3人おそろいはすごい!

IMG_2211.jpg

わんさんも高貴な感じ。

IMG_2208.png
このクジャクの衣装が感動ものでした。

クジャクと言えば欲しいものがあってこの翼のデザインのストール、欲しい---♥さすがにストールにこの値段は出せないけども・・・・・・
wings-feather-fashion03.jpg



IMG_2212.jpg
やっぱり綺麗、実は中に入ってないのです。
いつかイタリア周遊ツアーで来るかもとかよく分からないことを思った末にwww


IMG_2215.jpg



IMG_2216.jpg



IMG_2219.jpg
なんかイケメンさんだったのでつい。


IMG_2221.jpg

この日はヴァポレットで同じ宿に泊まっていた一人旅の女の子と仲良くなって、一日一緒に行動することに。

彼女はマレーシア人のロウちゃん。
アイルランドのダブリンに留学していたんだそう。

IMG_2222.jpg
一緒に朝ご飯、イタリアはバールで座ると値段がずいぶん高くなるんだけど、それを彼女は知らずに一悶着あったり。
ちなみに店員さんに、nittiは日本人と見抜かれました。
なまりとか英語のセンテンスで分かったといってらっしゃる。やっぱり観光地はすごいwww
ロウちゃんはどこの人かわかんなかったみたいだけど。

IMG_2227.jpg

こちらロウちゃん。


IMG_2223.jpg
この右側の世界地図のタペストリー、欲しい・・・




IMG_2225.jpg




IMG_2239.jpg
何度目かになりますがリアルト橋から。すこし霞がかっているようですが、変わらず目を奪われる風景です。
今日は竜頭のゴンドラがいくつかあるような気がします。

IMG_2240.jpg



IMG_2248.jpg
男性?女性?
膨らんだスカートって、足下が見えているとおもしろいですね。
これは違うでしょうがペチコートは張り型のようになっていて鯨の骨が使われていたとも聞いたことがあります。
※もしかしたら時代が違ってパニエかも・・・・

IMG_2249.jpg

髪の毛には野菜が詰められています。面白い!


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





IMG_2252.jpg
[ 2015/10/19 21:06 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(4)

★ヴェネチアの町をあるいてみたよ⑥★

IMG_2037.jpg

夕暮れのカドーロは夢見るような美しさでした。

IMG_2044.jpg

ヴァポレットから撮っているのでなかなか上手には撮れません・・・
よく見るとコーラルピンク色なんですね。

IMG_2021.jpg
こういうの好きです。


IMG_2023.jpg

どこにでもあるんですね。南京錠をつけるおまじない。

IMG_2029.jpg



IMG_2032.jpg

鳩のお兄さん、この人は何をしたいのでしょうか?
パフォーマーさん?鳩使い?



IMG_2034.jpg

タバッキ、たばこ屋さん、コンビニ、バールの総合みたいな場所なんですが、看板がかわいかったのでパシャリ★

IMG_2051.jpg

カジノがありました。1度カドーロ駅を探しているとき迷いこみそうになりました。
お子様はお帰り(もしかすると貧乏人はお帰りかもですが)という目線を向けられ退散。

IMG_2061.jpg

日本の縁日のような感じですね。


IMG_2069.jpg

おおーーーー!

IMG_2071.jpg

晩ご飯。この店では昨晩一緒にビール飲んでた男の子たちと会いました。やっぱ日本人が入りやすい店ってかぶるんだな・・・・・・

外に英語メニューがあってお値段が分かりやすかったものでwww

IMG_2082.jpg

前回のブログで紹介した素敵なお店をさらにのぞき込んでみました。

IMG_2075.jpg



IMG_2084.jpg

香水屋さんなんでしょうか。

IMG_2089.jpg



IMG_2091.jpg

タイツ!
香草味のキャンディ、知らずに買ったんだけど、味は相変わらず強烈です。
どんな味か想像つかない方にお伝えすると、
世界で一番マズイキャンディと噂のサルミアッキと同じ味です。



北京大学に留学している日本人のお姉さんといっしょになったので町を歩いたり、ゴハンをご一緒したりしました。
一人旅仲間なので、ちょっと遅くまであるきまわってもいいかしらんってなりまして。

IMG_2094.jpg

こういう髪型の若いお兄さんが多い印象です。
流行っているのでしょうか。

IMG_2097.jpg
リアルト橋の夜はちょっぴり静か。


IMG_2110.jpg

奥に見えるのがリアルト橋です。

IMG_2138.jpg

サンマルコ広場も綺麗にライトアップされてますが、人は少ないようです。



IMG_2147.jpg




IMG_2143.jpg
夜のヴェネチアでカメラマンを引き連れ撮影されてました。
わたしたちも撮らせて頂いたのですが、もうお疲れのようでした、申し訳ない・・・・・・



IMG_2151.jpg

サンマルコ広場に面したカフェでは、さながら仮面舞踏会が行われていました。余りに高貴すぎて入れる雰囲気ではありませんでした(ㅎωㅎ*)



IMG_2152.jpg



IMG_2158.jpg

おふらんすな感じ、アマデウスやマリーアントワネットとかの映画を思い出します。

IMG_2159.jpg



IMG_2161.jpg
このお店のショーウィンドウには釘付けに。物欲が刺激されまくりました。


IMG_2162.jpg

この化学者のデスク、欲しい〜〜〜〜〜!!!!!

IMG_2170.jpg

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_2169.jpg
せっかくなので一緒にご飯食べて帰りました。たこのパスタ。
ヴェネチアも他のヨーロッパの町同様に夜が早いようで、数少ない空いているお店から選ぶ必要がありました。うまく探せば開いているお店ももっとあるのかもしれませんけどね。

ちなみにいい雰囲気の、人でいっぱいで立ち飲みですら入れないバールなんかもありましたが。中に入って、席を探して、注文できずに退散しました。負けた気分w



そうこうしているうちに、nittiの泊まっていたホテルはシュデッカという近くはあるものの離島だったので危うく終ヴァポレットを逃すところでしたw
羽目を外しすぎてはいけませんね。正確にはまだまだ便はあったんですが、駅を間引いて運転するらしく、乗ろうと思っていた駅から出てないようでした。一緒に迷った人たちとようやく正しい駅を探し出すという、一大冒険までやっちゃいましたからねwww

これはこれで面白い思い出です。
[ 2015/10/18 16:43 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(2)

★ヴェネチアの町を歩いてみたよ⑤ムラーノ島★

IMG_1956.jpg
続いてムラーノ島に繰り出します。
この写真、お気に入りなのです♥
ムラーノ島はヴェネチアンガラスの生産地。ルネッサンス期にヨーロッパ中の王侯貴族を魅了し、当時のヨーロッパガラス市場をほぼ独占したと言います。

しかし、ヴェネチアは硝子の原料を持たない土地ですので、製法が原料産出国に漏れてしまえば太刀打ちできないと考え、1292年にはヴェネチア本島にあったすべての硝子工房をこのムラーノ島に強制移住させ、ガラス職人が島から出ることを厳しく禁じたのだそうです。。。




なんだかんだ適切なヴァポレット駅から本数もそう多くない便に乗りいくというのに小一時間もかかってしまいました。
nittiはこの日にムラーノ、翌日にブラーノと離島をめぐったおでめぐったのですが、1度にまとめて行った方が効率的なようです。
下記路線図ではすぐそこっぽいですがまぁまぁ距離がありますwww

おかげで色んな出会いもあったしあながち悪かったとは言えないのですけどね。

th_VapomapLatest.jpg
http://tabiwiki.jp/index.php?title=%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

本島内の移動をヴァポレットでするのもいいですが、案外回り道して遅いので、離島へ出る駅(ファンダメンテ・ノォヴェ)まで歩いた方がいいかもしれないです。迷うかもですがwww





さて、このムラーノ島に行く道すがら、船内で出会ったのは日本人女性とスイス人イケメンのカップルさんでした。スイス人の彼の方は東工大に留学できていたそうで、冬休みに彼女と一緒にスイスに帰っていたそう。
ちょうどスイスに行ってきた所だったので話も弾んで面白い出会いでした(。・ω・。)
主にゴハンが強烈という話だったり、なんにもなくって飽きるって話だったり、寒いとか物価があほほど高いって話だったり
なぜが悪口っぽくなっちゃいましたが、nittiはスイス好きですよ(。・ω・。)
彼女さんは英語がニガテ、彼氏さんは日本語がまだまだニガテといっても、お二人仲が良いのは素敵でした。うらやましw


なかなか長い道中でしたが、楽しい出会いです。会話が途中から英語になってしまったのもあって、さすがにお二人の邪魔だなと思い、到着してからはご遠慮しました。

いやでもまじイケメンでした(ㅎωㅎ*)w

IMG_1947.jpg

うまく撮れてないけどガラスのギター

IMG_1953.jpg



IMG_1959.jpg



IMG_1954.jpg

これは素敵、いっぱいつるしたら壮観だろうなと思います
高くて無理ですが・・・・・・

IMG_1960.jpg

どれもカラフルで素敵なんですが、物欲は湧かなかったかな。

IMG_1961.jpg
町並みも綺麗っちゃ綺麗なんですが、本島とそう変わり映えはしないかもです。素朴で愛らしい町並みではありますが。
ヴェネチアンガラスのショッピングか、工房見学ツアーなどしっかり計画を立てて行った方がいいのかも。帰りのヴァポレットの時間もあり急ぎめで回ったからというのもあるんですけどね。

ちなみにショップはどこも高級感があっておいそれと写真を撮れる感じじゃなかったんですよね〜
なんというかアートギャラリーという向きが強い感じです。

IMG_1962.jpg
サントステファノ広場にはガラスのオブジェがありました。冬仕様でしょうか。こんな壊れやすそうなものが野外に・・・・・・


IMG_1970.jpg




IMG_1968.jpg


IMG_1979.jpg
ヴェネチア本島に戻ってきました、一番離島よりの停留所ファンダメンテ・ノォヴェ駅。〜北ってことかなと勝手に思ってます。


IMG_1977.jpg





IMG_1980.jpg
Chiesa dei Gesuiti
このIHSとかかれた教会がなかなか良かったので、先ほどのファンダメンテ・ノォヴェ駅でヴァポレットを待つ間にでも行ってみるといいかと思います。
ちなみにIHSとはイエスズ会のことだそうです。てっきりHISかと空目しました。
200px-Ihs-logvg.png 

IMG_1983.jpg
中はすごかった!
写真撮っちゃダメだったかもしれませんが、なんか注意書きが出てなかったので撮っちゃいました。
基本写真だめなところばっかりなんで。


IMG_1985.jpg

天井も美しい。



IMG_1988.jpg

藍色の唐草模様のためかどこかオリエンタルな雰囲気を感じます。


IMG_1989.jpg

このマリア様がかわいらしくて。不敬でしょうか。




IMG_1996.jpg

ちょっとぼけて増すがいいですよね、こんな迷路のような町。


IMG_1997.jpg

これって暖炉かしら。


IMG_1998.jpg




IMG_2000.jpg

どこか中東っぽいですかね。

IMG_2002.jpg

やっぱりカツラも売ってるのね(。・ω・。)

IMG_2006.jpg
この方達は今後何度もお見かけしました。
すごい衣装ですよね(・∀・)


IMG_2008.jpg
これを見たとき素敵だなーって、先ほどのムラーノ島でのディスプレイよりいまいって思っちゃいましたw

こんな素敵なウィンドウずっと見ていたいです。


IMG_2009.jpg




IMG_2011.jpg

このワイヤーの入った窓硝子が、中を覗きたくなる雰囲気がほれぼれします。

IMG_2013.jpg
ゴージャス(ㅎωㅎ*)

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_2017.jpg
三角と丸の組み合わせ、なんなんだろう。
なんとなくイルミナティを思い出したのです(ㅎωㅎ*)


default_fbb6729f2f62502d932085450986a040.jpg
[ 2015/10/17 16:40 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

★ヴェネチアの町を歩いてみたよ④★

IMG_1901_20151012170506f37.jpg



今回もひたすら町並みを紹介していくだけのブログです。だって綺麗だったんですもの・・・(ㅎωㅎ*)


IMG_1885_20151012170439a58.jpg

ゴンドリエーレさんもお客がいないときはお休みしているんですね。
左の方、女性だったように記憶しています。nittiが図書館で借りた数年前バージョンのガイドブックには、初めての女性のゴンドリエーレ○○さん(忘れた)が紹介されていましたのでまだそんなに多くはないのかも・・・!


お腹も減ってきたのでお昼ご飯を食べれる場所を探しました。
ま、さ、か、の・・・・モロッコ料理wwww!
IMG_1889.jpg

ここまで来て何故?!


IMG_1891.jpg

チーズに疲れ果て、アジアっぽい料理を食べたかったんです。あと、Wi-Fiがつながる環境を・・・!


IMG_1892.jpg

味は、おいしかったんですが
外に貼ってあるWi-Fiマークを頼りにお店に入ったんですが
Wi-Fiは現在修理中でできないよ!だそうです。まじかよwww


IMG_1895_2015101217050322f.jpg

大学的なところ。


IMG_1898_20151012170504078.jpg

こんなところで学んでみたいですね、ギムナジウムとかこんな感じかなーとか(国が違う)
彷徨いまくってたどり着いたところですが、付近には結構学生=地元っこがいらっしゃって、観光地ではあれど、ひとつ通りを越えると普通に人が暮らす町なのだと実感です。



IMG_1902.jpg

通路から一歩進むと水路なのです。本当に不思議。



IMG_1899_201510121705077b2.jpg




IMG_1904.jpg




IMG_1903.jpg




IMG_1905.jpg

ただビラが貼り剥がされ落書きされただけで、なんとなくオシャレ。な気がする。


IMG_1909.jpg




IMG_1910.jpg




IMG_1911_20151012170631894.jpg

このメカニックなマスカレは結構欲しかったですwww

IMG_1915.jpg




IMG_1913_20151012170635298.jpg



IMG_1917.jpg

広場に座るように川沿いに人々は座るのです。まねっこして少し座ってみましたが、なんだか落ち着かなくってすぐ退散。
そういえば全然水が臭くなかったのは不思議でした。
臭ってもおかしくなさそうなのに。

IMG_1918.jpg




IMG_1919.jpg




IMG_1921.jpg




IMG_1922.jpg




IMG_1923.jpg




IMG_1925.jpg

なんだかここはしっとりとロマンチックです。


IMG_1926.jpg




IMG_1927.jpg




IMG_1929.jpg
2015年カーニバルのポスターのようです。どことなくミュシャ風?



IMG_1931.jpg
ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/10/15 23:28 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

★ヴェネチアの町をあるいてみたよ③★

IMG_1884.jpg
ひたすらベネチアの風景を垂れ流しているだけの記事です。
今回のお気に入りの1枚



IMG_1838.jpg
なんだかこの光景はイタリアの町っぽくないですが、路地も好き。


IMG_1845.jpg

Chiesa San Rocco
あんまり情報が出てこないけどなんか教会でした、中はあんまり覚えてないです。

IMG_1848.jpg
たしかこれだったかと。

IMG_1843.jpg

サンロッコ大信徒会
上のChiesa San Roccoとおんなじ広場にあって、中が本当に、本当にすごかった・・・・・

なんというかきんきらきんの美というか豪華さで、
壁だけでなくって天井まで精緻な絵画で埋め尽くされていました。

ここにはティントレット絵画がたくさんかざられているらしく、どこからどこまでティントレット・・・?????

正直装飾とかがすごすぎて絵をきちんと見た記憶がありませんwやはりホワイトキューブ型の美術館は必要なんだなwww
天井の絵画などは鑑賞しやすいように40〜50センチ四方くらいの鏡を手にもって天井を鑑賞することができました。
また、椅子が置いてあってゆっくり座って眺めている人もたくさんいました。もちろんつかれたnittiも座り込んでました★

サンロッコ 
http://www.scuolagrandesanrocco.org/it/

例によって例に漏れず写真が撮れなかったので公式より借り物です。



IMG_1852.jpg


IMG_1854.jpg

タイルが綺麗。

IMG_1857.jpg

いくらだったか忘れたんですが10ユーロ前後の入館料がかかってまして、出口はこんな感じ、、、進入できそうだなーなんて思ったのは秘密です。でもお金払ってもみる価値はあると思います!!


IMG_1844.jpg
これもおんなじ広場カラ見える光景、サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会という有名な教会があるんですがそれのちょうどおしり?部分です。

[広告] VPS

このサンロッコ広場ではオペラ歌手のおじいさんがすばらしい美声を披露していました。
観光の町だけ合って、いろいろなところに色んなパフォーマーさんがいらっしゃるのですが、ここにいてはったおじいさんは猛烈にお上手でした。お財布のひもがかなり固いnittiがチップを入れさせて頂いたくらいですもの。



IMG_1850.jpg
この仮装いいね(○´ω`○)ノ



IMG_1858_20151011165018b28.jpg



IMG_1859.jpg



IMG_1862.jpg

CAMPOってのは広場ってこと。今夏看板はサンロッコ広場ってこと。ドイツ語圏のマルクト(=広場)といいヨーロッパの町には広場が多いみたい。
SOTOPORTEGOは(小さい)トンネルのような道。そういうちょっとした単語を覚えて地図と標識を見ながら彷徨うのもたのしいものです。

IMG_1869.jpg



IMG_1866.jpg

サンタマリア・グロリオーサ・ディ・フェラーリ教会。
ちょうど現金を切らしてしまってATMを探して彷徨いました
そりゃカードは無理よねwww

Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari Venezia 170672
Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari - Minube.it
こんな感じ。

IMG_1879.jpg



IMG_1871.jpg



IMG_1880.jpg
寒いんだけどジェラート、食べたくなるな〜。この盛り方がまたおいしそうなんです。どうやったらこんなりこんもりになるのかしらん。
私はピスタチオ味が結構好き。
でも、ジェラートみたいに冷たいのよりもデニッシュには言っているようなクリームのほうがどっちかっていうと好きかも。


IMG_1875.jpg




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/10/13 17:57 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

★ヴェネチアの町をあるいてみたよ②ショッピング編★


IMG_1823.jpg





IMG_1771.jpg

リキュールショップ、入ったら何か買わねば出ることができません(。・ω・。)
イタリア柄のものなど小瓶が豊富で、さすが観光大国ですね〜

IMG_1772_20151011060029337.jpg
レモンチェロというレモンのリキュールはイタリア土産の定番です。
これまたバーのオーナーに勧められていた、生クリームの入ったバージョン、クリームデレモンチェロ?を是非買った方がいいよ!とのことでしたので、1ユーロだったか2ユーロだったかを払って味見してみました。

ま、甘すぎて好みではなかったので買わなかったんですけどねw

IMG_1768.jpg

次に訪れたときには素敵なデザインのマキネッタを買いたいな〜、あんまり使わなさそうではあるけれど。


IMG_1773.jpg

カラフルなパスタは至る所で見つけることができました。ツアーの旅だったら確実にお酒の瓶も、パスタも買ってたwww
あと手前のベリーニはパリ土産でもらったことがあります。
でもよく考えるとカクテルベリーニの生みの親はヴェネチアのハリーズバーのオーナー、ジュゼッベ・チプリアーニが画家ベリーニの展覧会の折に生み出したと言います。

ってことはベネチアで売ってるのこそ正統なのかもしれませんね?www




IMG_1775_201510110601234ff.jpg

飾りとしても1本欲しいですね。


IMG_1783.jpg

ベーシックなやつ


IMG_1784.jpg

レベル高めのやつ。
どれもこれも素敵でコレクションしたくなりますね(。・ω・。)
紙製の本格的なものでも、10ユーロ前後からあるのでついつい欲しくなりますね。もちろん高いのはすんごく高いんですけど。


IMG_1789.jpg

歩き回っていると、細い水路に出くわすことがあります。
一本道を進んでいくと先は水路で行き止まりになっていたり。。。本当に迷路のようです。


IMG_1794.jpg

こんな風に、道の名前が書いてありますが、それでも迷います。果てしなく。


IMG_1795_20151011135854fd0.jpg

マーブル紙のお店です。nittiはここで妹にお土産はんこを買いました。


IMG_1796.jpg

店内も素敵で、素敵で、物欲がハンパないです。
ちゃんと写真撮っていいよーって言ってもらいましたんよ★念のため。


IMG_1797.jpg




IMG_1801.jpg

BLACK CATってのがまぁ、ツボでして。ジャンプっ子だったのでw


IMG_1804_20151011135859b55.jpg

これは屋台だったんですがいろいろ買って食べてみたくなります。
とにもかくにも物欲を刺激される土地です。


IMG_1805.jpg




IMG_1806.jpg

こんなちょっとしたところが綺麗なのですね。


IMG_1808.jpg




IMG_1812.jpg

FARMACIAって薬局でしょうか。こういう薬屋さんって小さいころあこがれました。
薬が医療でさえなければ・・・なんて無茶を言ってみたり。(おっちょこちょいすぎて命の関わる分野はむりだと思ってます)

IMG_1814_201510111359195ee.jpg



IMG_1816.jpg




IMG_1819.jpg
アルチンボンド風、ニヤニヤしますね。


IMG_1821.jpg

ベネチアンガラスのお店でしょうか?ちょっと違うような気がしないでもないけど・・・


IMG_1822_201510111401289bc.jpg

ぎんぎらぎんぎらですね(ㅎωㅎ*)


IMG_1828_20151011162854b1d.jpg

教会かしら美術館かしらとよく分からず入ってみたら、2階は図書館でした。
おじいちゃんやおばあちゃん立ちが本を読んでいるようです、オシャレやなー(ㅎωㅎ*)

IMG_1830_20151011162856bb1.jpg





IMG_1831.jpg

ペスト流行時代のお医者さん風衣装ですよね。多々の創作でもよくモチーフにされています。

IMG_1832.jpg
象牙風やメタル風もええですね〜


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/10/12 17:14 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(4)

★ヴェニスの町を歩いてみたよ①★


IMG_1751_20151011042406c0d.jpg

本日のお気にいり1枚。リアルト橋より。



IMG_1715.jpg

気持ちのいい朝です。
到着初日は雰囲気をつかもうとただぐるりと歩いただけ、
この日(ベネチア2日目)は一日ヴェネチアをもっとすみずみまで歩き回る予定。ざっくりしすぎて何をするかあんまり決めずにきたから、それこそ何でもできるし、下手したら何にもできないかもしれない。でもそんな無駄も楽しいのではないかって思うんです。

IMG_1717.jpg

こんな路地を覗いてみたり、ね。
これって多分トラブール?建物内にある通路みたいなやつかしらん?

IMG_1720_20151011034853141.jpg

仮装さんがいらっしゃる。やっぱり庶民的なヴァポレットでの移動なのね。


IMG_1729.jpg


th_25.jpg 
この日は同じ宿に泊まっていた台湾人のZiちゃんとヴァポレットで一緒になって、喋っているうちに仲良くなりました。
彼女はパリの大学に留学中なんだって。みんなすごいなー。
なんか本当いろいろ喋ったけどあんまり覚えてないかもな。すごく面白かったことだけ印象に残っている、また会いたいなー。
nittiは観光しようとすぐにサンマルコという栄えた場所に渡る予定だったけど、予定は未定ということで今からフランスに戻るらしいZiちゃんを陸上駅近くまで送りに行くことに。




IMG_1722.jpg

なんでこんなに川が碧いのかしらん。


IMG_1731.jpg

ベネチアの足はひたすら船。これはゴンドラみたいだけど




IMG_1738.jpg
みんなで乗り合わせているようだったり、


IMG_1739_20151011034920beb.jpg

ゴミ回収も船だったりする、カルチャーショックだ。
他にも
IMG_1933.jpg 
荷物を運ぶときはこんな感じで階段を上れるように、橋を渡れるように作ってあるリアカー。

これをみてよく考えたら、余りにアーチの橋が多すぎて車が全然ないのかと気づきました。

b0181748_12263780.jpg 
長崎の町は坂が多すぎてこうやってゴミを回収している地域もあるんですよね。やはり住む場所場所に合わせてやり方はあるものですね。
http://aibiki.exblog.jp/24434254/



IMG_1736.jpg



IMG_1740.jpg

ボートにもミラーがあるんだなーと。


IMG_1742.jpg

市場に食品を並べるのだってすべて船。一家に1台船があるレベルなのかしらん。
本当ウォーターセブンですね。

※参考画像
livedoorblogimgjpnanjo_atzimgs86864bcd37jpg400375.jpg 


IMG_1747.jpg

工事なんかも大変そう・・・!


IMG_1735.jpg
こちらは有名観光地カドーロです。
白い建物がカドーロで、ヴァポレット停としてもカドーロがあります。元々は金箔が貼られており”黄金の館”と呼ばれていたそうです。ちなみにこの様式、レースみたいとかなんとか前回書きましたが、「ベネチアンゴシック」って言うらしいです。

カドーロ駅はわりと要所?にも関わらず、内陸のメインストリートからはひじょーに行きにくい感じなんです。nittiが道に迷っただけかもしれませんが、地図上じゃよく分からず、地元民っぽい人について行って細い道を越えやっと着きました。



IMG_1744_2015101104234803f.jpg



IMG_1748_201510110423506c0.jpg

ゴンドラはやっぱりオシャレですね。

IMG_1749.jpg

ベネチアの超有名観光地、リアルト橋。
橋の上になんとお店があるんです。手前の店気になるな〜♥
ちなみにすんごい人で、これはたまたま人が途切れた瞬間でした。


IMG_1751_20151011042406c0d.jpg
橋の上から、気に入っている1枚です。
鮮やかな町の色合いと空と水の青が映えています。

IMG_1753.jpg

反対側も

IMG_1756.jpg

このお店の商品、いろいろと欲しかったなー(。・ω・。)
1万円前後くらいのも結構あって、手が届きそうなんだよね、絶妙に・・・
ハリポタ好きの妹にあげたら喜びそう、あげないけど。

IMG_1755.jpg

店の奥の方、どうみても魔法使える。




IMG_1763_20151011042619baf.jpg
町並みがオシャレです(。・ω・。)


IMG_1765.jpg
ここは店員さんも魔法が使えそうですね。
今思い出しても夢の世界のようです。


IMG_1764.jpg



IMG_1767_20151011042751379.jpg
三越・・・だと・・・!!


IMG_1761.jpg
このお店はすごく職人さんのお店と行った雰囲気で、中にはこれまた魔法使いのようなおじいさんがマスカレ作りをしていらしゃいました。ハリウッド映画でも使われたりしたんだとか。



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






[ 2015/10/11 21:51 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

★ベネチアは今までで一番観光地度の高い観光地だった★


IMG_1666_2015101101553762a.jpg
カナルグランデにかかるアカデミア橋からサンタマリアデッレサルーテ教会を望む。
3日間ひたすらに歩き回って一番美しいと思ったベニスの風景です。





旅行が趣味だよ(まだまだ趣味期間短いですが)っというと、今までで一番良かった所はどこって聞かれることが多いのね。

個人的にはボルネオがすごく面白かったし、長く滞在したロンドンも思い出深い、初めて一人で歩き回ったタイも捨てがたいし、せっかく聞かれたからにはちょっと”ベタ”じゃない場所をあげたいなーなんて見栄があったりなんかして悩むんだけど

最近はベネチアって言うことが多いです。そしてベタだなーって言われます。そんなんですよ、ベタなんです。

まごうことない観光地で、物価も高く、観光客なれしてる人だらけで、
それでもやっぱり美しかったんです・・・・・・

もしも旅のはじめに訪れてしまったら、その後が「残念な旅」になってしまうんじゃないかと危惧するほどに・・・

IMG_1633.jpg

「旅行先を選ぶとき、その国が一番輝くときに行きなさい」
ってのが還暦をこえる旅の大先輩の女性のお言葉。ちなみになんちゃってバーテンダー時代のオーナーw

nittiみたいな貧乏旅行者には、「その国が一番輝くとき」=「ベストシーズン」に行くのは予算的に厳しいこともあるけれど、
なるべくいい時期に、あるいは休みが取れるなら、その時期にいい場所に行くべきなのかなと思うのです。

※1度真冬のヨーロッパで凍え死にましたので。

ということで冬のヨーロッパに行くなら、なるべく時期をカーニバル(謝肉祭)に合わせるのがベスト思うのです。
かの有名なベニスのカーニバルに1度行ってみたいというのがあったので、日程をそこに合わせたのはもちろんですが、他にもニースやマントン、訪れることはできませんでしたがドイツのケルンやスイスのバーゼル、他にもいろいろ、また、より小さな町でもいっぱいいっぱいやっているようです。なにかしら日程が合うかもしれません。調べてみてはどうでしょう。



閑話休題。
ま、とにもかくにも、”素敵観光地”だったヴェネチアの様子を主に写真で振り返っていきたいと思います。

IMG_1637.jpg

カーニバルのお店、ベニスでは年中あるらしいのですが、ここは少し毛色が違うタイプです。


IMG_1641.jpg

お菓子やさんのショーウィンドーはどこも素敵。
小学生なら学校帰りに確実にここで20分は眺めてるわ。
そして頭上にはマキネッタ。

IMG_1643.jpg

ただの街角スナップが映画のワンシーンみたい!?
旅行中版越えにもかかわらず、写真撮影枚数がはんぱない町でした。


IMG_1644.jpg




IMG_1645.jpg

貴族がおる!!!
ふりかえってるお兄さんがウインク(多分)してくれました。さすがイタリアです。

IMG_1646.jpg

ゴンドリエーレもちょっぴり寒そうです。
余りに高くて、一人旅では乗れませんね〜

友人の話によると格安ツアーとかでは1時間じゃなくって20分とか短い時間で組み込まれてたりするらしく、うらやましい気持ちもちょっぴり、企業の力を感じます。

はやっているのか、一番奥にいるサングラスをした人みたいなスタイルの若者が結構いました。
最初はちと怖かったんですが、ヴァポレット(乗合船)のスタッフとしてなどできりっと働いている姿はかっこよかったですね〜。
このヴァポレットの乗組員さんは結構ハードそうなんです、人は多いし、肉体労働だし。

IMG_1648.jpg

道に迷ったら、サンマルコ広場の鐘楼を目指します。
とにかくベネチアの道は分かりづらくって、元から方向音痴のnittiはアホみたいに迷いました。多分歩いてた時間の半分は迷っていたように思いますwww
まぁ治安もいいと聞いていたし、細かく計画を立てていたわけではないので、「迷うことを楽しんで」いました。



IMG_1651.jpg

なんだこの店??
アヤシイお店なのか、ユーモアなのか・・・道行く人もガン見でした。





IMG_1654.jpg

Chiesa di San Vidal

白いファザードに繊細な細工ってのがベネチアでみた教会の多くの形式でした。
この教会自体は地味な内装でしたが、ベネチアの教会は写真が撮れないところがほとんどでした。
それだけ敬虔な信者の方が多いからということなんだろうけれど、

目に焼き付けるだけでは足りない!!!というほど美しい場所だらけでした。
アドリア海の女王といわれ、繁栄を極めたベネチア。そういわれるだけあって、教会の内部も豪華で他の地域では見たことのないような独自の雰囲気がある様に思います。


IMG_1658.jpg

橋の西側


IMG_1662.jpg

橋の上

動物愛護団体に何か言われそうだけどもwww
お隣にお兄さんがいて、写真撮ったら、チップ要求されるかなーと思ったけどそんなこともなかったです。


IMG_1663.jpg

橋の東側。
この構図が一番美しいとおもふ。
沈み行く太陽がベネチアの要たる運河を赤く染めていく。
まさにマジックアワーでした。




IMG_1670.jpg
先般の写真をとったアカデミア橋。お近くを通りかかったら是非渡ってみるといいと思います。
nittiは初日に渡って以来、場所が分からなくなっちゃってこの橋を再度渡ることはありませんでした。結構探したんだけれど。

地図上で見れば一目瞭然なんですがね。


IMG_1668.jpg

ゴンドリエーレさんをこっそり。。。何とも言えない格好なのに格好いいという。ずるい。


IMG_1671.jpg
カドーロやドッカーレ宮殿なんかもですが、このファンシーでレースのような建築が印象的です。



IMG_1678.jpg
夕暮れで赤く染まりはじめました。


IMG_1677.jpg
こちらはSanta Maria del RosarioさっきのChiesa di San Vidalとよく似てますね。ヴァポレットのルート上から何度も見かけた教会でした。




IMG_1682.jpg
こんなかんじで。サンタマリアデッレサルーテ教会の裏手にあります。

それよりなによりベネチアでは警察?も船で出動なんですね。サイレンならして走ってました、事件でしょうか。

IMG_1684.jpg

夕暮れの町は本当に美しい。あの空の色に町の色、すべてを残したかったけれど難しかった。

IMG_1696.jpg
日が落ちた後の数分間もこれがまた・・・・・・・・・
このアングルの写真がアホみたいにあるんですがなかなかうまく写せなくって。



さて、nittiの宿はジェネレーターヴェニスという1泊2000円ほどのドミトリー形式の宿。この時期のベネチアでこの値段はマジ破格です。最初はユースホステルなんかを取る予定だったんだけど、カーニバルの時期ってのもあって一杯すぎてとれなかったんですよね。早めに予約しようとはしたんだけども・・・
ということで安さも相まって、かなーり不安だったんですが、綺麗ないい宿でした。
ただ注意すべきは、場所がシュデッカ島にあること。シュデッカ島は本土側とは陸路でつながっていないので、ヴァポレットチケットがないと結果損をする場合もあるみたい。友人になったマレーシア人の子は知らずに回数券を買って損したー!!!!って行ってたし、ね。

IMG_1711.jpg
綺麗な店内、問題点は、場所がわかりにくいところと近くにお店があんまりないから、早く戻ると宿でゴハンを食べなきゃってことかな。スペシャルメニューおいしかったけどさ。



IMG_1709.jpg

バーもあるし(ここでもやっぱりスプリッツァー!さらにおすすめのカンパリとアペロールハーフアンドハーフで!)、ソファーもあったから飲んだり、おしゃべりしたりしてました。ただネットが部屋でつながらずロビーか廊下でやったってのはちょっとマイナスポイントでした。

そういえば
韓国人の女の子に、あなたフランス語分かるって?言われて、真剣な顔してたから困ってるのかなって
できることがあればと、養女の通訳に(わかんないくせに)呼ばれていって、さらに別の人を呼んで・・・・ってしたらまさかの
あなたたちよく似ているけど姉妹なの?ってなしょーもない内容だったってことならありました。
楽しかったけどねwww
こういうことがあるから止められないなー、ドミトリー。
あと少女かわいかった。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村








IMG_1713.jpg

ドイツで買ったビールの残り、宿で年下の日本人の子と飲んでました。度数が強くて結構回るー。
彼らは自由行動のツアーで来たそうで、世の中にはツアーでこんな格安宿に泊まるプランもあるのかと驚きましたw


というかオシャレの国イタリアでこのセーターは酷いなwおばあちゃんのお古!にもらったものだから仕方ないよね。
[ 2015/10/11 03:38 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。