スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★青春18切符で岐阜の旅★


弾丸岐阜行ってきましたよー!!

青春18切符を3日分だけオークションで手に入れたnittiさん、先週末早速使ってみましょ、ということで岐阜行ってきました(○´∀`)ノ

本当は3連休にして、金沢と福井と岐阜を回ろう思ってたんだけど、職場の休みの配分具合と、岐阜で会おうと思ってた友達の都合と色々合わせてたらで、なんか、日帰りに。

日帰り岐阜で十二分に切符の元は取れますし!!

残り2日は来週末(8月末)で使おうと思います(*^^*)

さてさて、青春18切符のお約束、超早起き!は、前日仕事終わりにとってもお世話になってる人たちとお約束がありまして、一次会、二次会スナック!笑、さらにお茶して、終電という
楽しいけれどずいぶん、だいぶん、かなり疲れる会合のため失敗。

普段の通勤より少し遅めくらいに出発とあいなりました。

米原までの道中はほぼ爆睡( ̄▽ ̄;) 爆睡できる日本の電車はほんとういいよね〜

そこで30分ほど待ち時間がでたんだけど、米原って本当何もないのね、よく聞く交通の要所だから、栄えた街だと思ってました。
ここでお商売やったら儲かるんじゃないのかしらん。



IMG_7341.jpg

そこから豊橋行きに乗ります!

そこからのね、風景が本当素敵でね、田園風景がずーとつづいて、遠目に山々が、霧がかって見える。すっごくすっごく幸せ。

実りの近い田んぼを眺めると日本人のDNAがむくむく沸き上がってくる気がします。



読もうと思って持ってきた本、もうほっぽり出したけんね。ずっと窓の外眺めてた。もし岐阜で約束なかったら、確実に途中下車してたわ。こんなことなら米原で電車またんと適当な電車に乗って、行けばよかったかも。こんなところバイクとかチャリで疾走したい。

ちなみに昨晩見てた

Bl6oeJSCMAAkzLQ.png

こんなやつ、参考に古い鉄塔が新しいか判別してました!笑IMG_7342.jpg

関ヶ原があるのもこの路線なのですね。なんか、耳では知っていても、”ここにあるのだ”と初めて実感したかんじ。こんど降りてみようかしら。



IMG_7344.jpg
岐阜駅はなかなかすてきなたたずまい。こういう近代的な駅はやってんのかなー。かっこいいけど。


岐阜の友人とは数ヶ月ぶりなんだけどとろけてあんまい飛騨肉を食べながらひたすら喋る!

喋る!とにかく喋る!(・∀・)

コメダに移動して、さらに15時半まで喋る!何しに来たんや私!笑

忙しい人なんで夕方から用事あるらしいで、さようなら。実はnitti 岐阜で行くところも決めてなくって、馬籠宿とかいいなーと思ってたんだけど、ものすごく遠いことが判明。高山も下呂も行ったしな。

ま、向こうは予定変えたの知らんから、この後金沢行くと思ってるしね( ̄▽ ̄)



で、オススメされた鵜飼いを見に行くことに。

ショージキそんなに気が進まなかったのよね、だって、鳥好きとしては、首を絞めながら漁をするだなんて可哀想じゃん(^ω^)

ま、でも、物は試しと電話してみたらあっさり当日でも予約取れちゃって、大阪の自宅までその日のうちに帰れそうなんよね*\(^o^)/*
これは覚悟を決めていくしかないわなー!


と鵜飼いの話は次回持ち越しで、今日はその前の時間つぶし(失礼)の、岐阜ちょっと観光編です。

IMG_7348.jpg

ということで岐阜城にでもいってみようかと、岐阜公園に向かいます。

友人には岐阜城は山の上だよ〜といわれたんですが、



想像の数百倍山でしたwww

IMG_7350.jpg


この写真の上の方にちこっと見える白い粒。

これを望遠レンズを用いて拡大してみますと。



下のようになるのですwww

山ぐらい登れるわーと思ったけど。これは無理です、これは普通に小学校の遠足クラスですwww
難攻不落感満載www


ロープウェーもあるんですが、900円も出して行きたいかというと、そうでもないので、まずは公園内を散策しておりました。

IMG_7352.jpg
ですがこの公園、結構見所が多くって、大河でも(見てないけど)特集された山内一豊(やまのうちかずとよ)と千代の婚礼の地の石碑。




IMG_7361.jpg
はっと目を引く美しい庭園・・と思えばこれは信長の庭というそうなのです。



IMG_7371.jpg
時間もあんまりありませんが、岐阜歴史博物館に入ってみることに。

岐阜の歴史についての常設展示と、ちょうど、『戦争と岐阜ー戦後70年』という企画展があったのでそれもついでに。
縁もゆかりもない土地ですが、ざくざくとみるには十分に興味深かったです。

特に、常設の総合展示では、体験展示も充実していて、なかなかの見応え!
岐阜市が斉藤道三や織田信長の城下町として栄えたおおいなる歴史の舞台であると、恥ずかしながら今知りました。

あなどりがたしですな(・∀・)

ちなみに写真は戦国時代の着物を着てみようというコーナー?
このマントとアニマル柄の服は本当に・・・???(体験コーナーは写真OKなんです。)

この地は紙で有名らしく、光の透ける紙張りの蛇の目傘は、思わず欲しくなる美しさでしたヾ(*´∀`)ノ

近年ではじめたらしい??和傘アートというジャンル?があるのも分かります(ㅎωㅎ*)
http://xn--n8jxdpek.jp/culture-lesson/1260/


閉館ぎりぎりまで粘って見てました。迷惑な客です><


IMG_7374.jpg
公園内の、時代物に出てくる茶店風のお店の五平餅も旨し。


IMG_7377.jpg
板垣退助の像。
板垣退助が暴漢に襲われた・・、かの有名な『板垣死すとも自由は死せず』の言葉の由来ともなった”岐阜事件”のおきた場所なんだそうです。

岐阜事件というとははじめて知りました(。・ω・。)


IMG_7385.jpg
ちょっと早いですが、岐阜公演から歩いて5分程度?の鵜飼いの受付会場へ向かいます。
振り返れば金華山。こんな山のてっぺんにお城を作っちゃうんだもん、すごいなー。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村








IMG_7381.jpg

ふくろうみーっけ(ㅎωㅎ*)
スポンサーサイト
[ 2015/08/31 21:31 ] 国内旅行 岐阜 | TB(0) | CM(1)

★フリーダ・カーロのざわめき(読書記録)★


20130402003120971.jpg

メキシコの女性画家フリーダカーロ、自画像を描きまくった彼女、その絵を最初に見たとき、眉毛のつながり、髭の生えた自画像に驚き、綺麗な絵が好きだった私にはそんなに好きにはなれなかった。

CLEnosZUkAAs9e0.jpg

それから数年。名古屋市美術館で見た「死の仮面を被った少女」
日本で常設で彼女の作品を見れるのはこれだけらしい。このときも、ま、実はそんなに感動があったわけじゃなかった。

宿命の??夫であったディエゴリベラの作品もあった。


次に彼女の絵恋愛遍歴と闘病歴、その熱すぎる人生を知り、興味を持った。
ゲイジュツカの作品をその人の人生から読み込んでいくのはあんまり好きではないのだけど、フリーダカーロ、この人については、その人生抜きには語れない。。。んだろうな〜

なんたって、6歳の時に小児麻痺になり、その後遺症で右足が萎えてしまう、18歳の時に交通事故で鉄棒がお腹を突き破る。人生で30数回に渡る手術。社会主義革命家の20才以上上の芸術家、ディエゴリベラと結婚、かと思うと、亡命してきたさらに年上のトロツキーを籠絡・・・・・・・・・・
とにもかくにもこの人の人生は驚くことばかり、詳しい解説だとかは、もう、専門家にゆだねるとして、強烈な人というのは間違いない






ということで印象的だった絵だとか、エピソード、その他主観を書かせて頂きまっす。

ダウンロード
《マルテ・R・ゴメスに捧げる自画像》
彼女の自画像では眉毛と髭が印象的。特にこの鳥を模した眉はかっこいい!メキシコ人とドイツ人のハーフであった彼女の、メキシコ先住民的なものの象徴としてつながった眉毛と髭が印象的に描かれる・・・と聞いていたんだけど、フリーダの家系図の様な絵《私の祖父母、両親、私》を見てみると、眉毛がつながっているのは父方(ヨーロッパ系)の母だけ。一番綺麗に描かれた人でもある。
だとか髭はインディオより西洋人の方が体毛が濃いことからも西洋的なものと非西洋的なもの両方を内包している、だとか、フリーダという人は初見の印象よりも複雑な人なんじゃなかろうか。


a0048958_14222389.jpg
《宇宙、大地(メキシコ)、ディエゴ、私、ショロトル髪の愛の抱擁》
キョーレツ、ノーコメントで。でもちょっと小説家ガルシア・マルケスとかなんか同じ香りを感じる。




あとはフリーダカーロの絵日記、それが、書籍として出版されているらしいのだけど、いつの日か手に入れたいものにランクイン!メキシコ行って買うのが個人的にはベストだよなー(・∀・)


そして、最期のとき
「私は横になった姿勢で苦しみ続けた、もうこの格好は嫌」

との言葉に順い、土葬ではなく火葬に伏されたという。
彼女のベッドの店外には大きな鏡が取り付けられていて、自画像を描き続けた人としては、当然?なのかもしれないけれど、弱り、やつれ、死に向かう自分を見つめ続けていたというのは、本当に強い人なのだと思う。








フリーダのずっこいところは、自画像で自分を美しく見せないとこなんじゃないかね。
13823984.jpg
そして、自分が結構キレイって分かっているんだろうなーって思う。
多くの男性遍歴、そして同性愛の傾向もあったという。若い頃の男装写真が載ってたんだけど、これがまた、かっこいいんだよなーw


29a9a6fa27ad04d927e7-M.jpg



images (1)

さて、この本の作者の一人は森村泰昌、通称モリムラ氏?自分を絵画だとか女優だとかに見立ててセルフポートレートを撮る人。

さて、そんなモリムラ氏の作品でフリーダカーロを扱ったものがある。ま、本当はフリーダカーロ知るよりも前にパンキョーでこのポートレート見てぎょっとしてたんだけども・・・w

5d91026a-s.jpg
https://fashionbyfashion.wordpress.com/2011/08/30/frida-the-fashion-icon/
それよりはこういうやつのが好きだなーwww



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







いつの日かメキシコに行ってみたい。死者の日のお祭りを見てみたい。
南米だとかメキシコだとかへの憧れが一層強くなったなー。

★ヴェニスのカーニヴァルに行ってきたよ①★

さて、2月〜3月にかけて”わざわざクソ寒いヨーロッパに(失礼、旅行するなら、カーニバルに行かなきゃやってられないですよね!憧れだったヴェニスのカーニバル!
ヴェネチアはnittiの今まで訪れた観光地ベストを更新しましたよん(○´∀`)ノ
実際行ってもみると、ワンピースのウォーターセブンのモデルっていうのも納得、な異世界でした!

IMG_1553.jpg

本当に海の上に浮いている街。

ik019.jpg
地図を見ても分かるように線路だけが長く伸びている。
ちなみにnittiは下の方にある長細いシュデッカ島に宿を取ったのよね、理由は安いからwww

ただし、ヴァポレットの乗り放題券を買わないと逆に高くつくかもなー・・・。

IMG_1562.jpg

ここはシュデッカ島とヴェネチア本島の間を通るヴァポレットから本島側を取った様子。


IMG_1569.jpg

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会
色んな所から見られるんだけど、水の都の町並みに映えてすっごく綺麗なんよ。後々1枚ベストショットがあるので載せます。

IMG_1580.jpg

ヴァポレットが本島に停まったので降りてみました。さすが世界の観光地、さすが世界に名だたるお祭り、すごい人です!

IMG_1582_20150722011915bcc.jpg

桟橋とかもあんまり見る機会がなかったから、いちいち感動してました(○´∀`)ノw

IMG_1584_20150722012033bd0.jpg

サンマルコ広場に出るとさっそく仮装の皆様が!
おおおおお!!!

テンション上がります、がこれはまだまだ序の口なのです

IMG_1586_20150722012034244.jpg

ここが町歩きの拠点とも言える
サンマルコ広場。奥がサンマルコ寺院で手前がドゥカーレ宮殿、それとカメラ目線のおっさーん。

IMG_1589.jpg
最初はなんの行列か分からなかったんだけど、塔の上に上がれる鐘楼で60Mまで登ってヴェネチアを俯瞰できるのだそうです。
登りたかったけど8ユーロ。さすが観光地価格・・・w
また、いづれ再チャレンジで。




IMG_1595.jpg

写真に入りきらないくらい高い!
道に迷ったときは、この塔を目標にして帰ってきます(・∀・)

IMG_1598.jpg

ドゥカーレ宮周辺は仮装の人もたくさんで華やかです。


IMG_1594_20150722012051fad.jpg

サンマルコ寺院。タイミングが合わなくって、中に入り損ねたのよね。ヴェネチアはいづれまた行く機会がある・・・と信じてるので、そのときに・・・( ̄▽ ̄;)


IMG_1591_201507220120520fc.jpg




IMG_1599_20150722012201521.jpg

こちらは気合いの入った仮装ですね(・∀・)すごーい!!!


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/08/27 19:23 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

★ミラノ〜ヴェネチア列車の旅路★

IMG_1493.jpg

お昼ご飯を調達、調達ヾ(*´∀`)ノ
このインダストリアルな雰囲気がいいなーと、こういうインテリアあこがれます。
ただの駅のフードコート、のはずなのに憎いな〜このかっこよさ・

IMG_1492_20150722011404d98.jpg

よく見ると素敵椅子♥
こういうちょっとした遊び心がたまらんヾ(*´∀`)ノ

IMG_1495.jpg

これもインテリア?って感じでおいてありました。


いよいよ列車にのってベネチア目指してれっつらごー(古い)

異国の車窓から見える光景、って好きだなー。都会だけでなくって、田舎の光景も、畑に植わっている(田園風景じゃない)見慣れない植物も、人の手の入っていない荒野?も・・・・・・



IMG_1499.jpg

イタリアは覚悟していたより温かくて、急に目に飛び込んできた雪景色にびっくりしたのです。




ミラノに来て感じたのは、とにかく日差しが強いこと。最初は何かなーと思ってたけど基本強い。あつい、痛い\(^o^)/

おかげで生乾きだったセーター、完璧に乾きました(●´ω`●)

サングラス入りますわこれは。

ミラノ⇒ヴェニスの道中は、雪がかなり残った地域だったんだけどとにかく日差しが強い。窓の外を見たいけどひさしをおろしたい気分になり、ちと複雑です。

ちなみに席は予約制だったんだけど、行ってみると大体四人がけシートに2人ずつななめに割り振られてるみたいです。

ほぼ横になったり足を上げてたり、めっちゃリラックスしている人がいてわろけます。

あとは電車にコンセントが備え付けられているのはいいですね。ティラノ⇒ミラノ間もそうでしたがデフォルトでそうなのかしら?嬉しい。




あともう一つは物乞いをする人の多さ。スイスから入ってこともあってからかなり強く感じます。

大阪にもホームレスの人はいるけどミラノほどじゃない。あと、お金のカップおいている人はあんまりいないしね。

駅には必ずいるし、町中や観光地にも必ず。身なりのいいおじいさんなんかが案外小銭を上げているのでなんとかなっているのだなーと。

特に初日の夜の駅で見かけた、寒いのに裸足で、脚は曲がっていて、カップを差し出して声をかけてくるおばあさんにはびっくりした。今にも助けてあげないといけないようにみえるし、あの裸足も足も、本当に『わざと』そうしているんであってほしい。

ちなみに次の日も同じ駅で見かけた。

基本的に近づいてはいけないとガイドブックに書いてあるし、nittiも我が身が可愛いから何もしない。すごく悪いことをしている気がしてきて心が重くなるね。

あと、観光地には必ずと言っていいほどミサンガやセルフィースティックを売る黒人さんがいる。

セルフィースティックにはちょっと笑っちゃったけど(*´Д`)

あれはちとほしい、てか買ってる人結構いたしね!

こういったものを売ってるのは必ずと言っていいほど黒人さん。ギルドのように?縄張りでもあるのかもしれない。

逆に物乞いをしている黒人さんはあんまり見ない。

昨日バールてあった黒人さんも5年まえに(アフリカ?から)ミラノに来たけどまだ仕事が見つからないって言ってたから、多分ミサンガとかセルフィースティックを売ってるんだろうな。

私の友人も言っていたけど、ミラノで仕事を得ることはとっても難しいとのこと。きっと職を得るにあたって人種差別もあるんだろうとも思う。



ちょうどこのミラノ⇒ヴェニスの電車の中でも席に黄色いカードが配られて、よく見ると、英語とイタリア語で私達の家族には子供がいて、でもお金がなくて、少しお金をくださいって書いてあるんですね。

しばらくするとインド系の女の人がカップを持ってそのカードを回収に来るの。

他の乗客は空気見たいに見ないふりをして、私もそれに習うんだけど、つい見てしまう。

ちなみに電車へはキセルしたん、よね?







外をみていると___突然光が差して車内がぴかっと明るくなりました。




IMG_1505.jpg

海だーーーーーーー!
海に電車が突入した瞬間、反射で車内がまぶしいくらい。

IMG_1509_20150722011538443.jpg
けだるげに仕事していた、できるビジネスマンっぽいおにいさんもガン見!www


そうこうしているうちにヴェネチアに到着ですヾ(*´∀`)ノ
ヴァポレットという乗合船の72時間船乗り放題チケットを買って(ちょっと高いけど絶対オススメ!!)
さっそくメインの街へ繰り出します!

IMG_1518.jpg


IMG_1531_20150722011541a30.jpg

なんという水の都、美しすぎる(。・ω・。)


IMG_1536.jpg



IMG_1542_2015072201173995a.jpg

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






IMG_1547.jpg
[ 2015/08/26 01:18 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(0)

★ミラノを歩いてみたよ⑤カフェとダヴィンチ★


本日のプランでは、午前中いっぱい?くらいミラノで見損ねたところを見て回って、お昼からベニスに移動です(・∀・)
なんだかショーウィンドーを映した写真が多くなっちゃったけど、本当、ミラノのショーウィンドウは素敵で素敵で、センスを感じるのです。



IMG_1417_20150722010826b38.jpg

やっぱりちょっと職人さんのお店っぽいのよねん

IMG_1419_20150722010828866.jpg

布地が置いてあると言うことはオーダーメードなのかしら・・・?

IMG_1425.jpg
行きたい、行きたいけど、今回は我慢で〜


IMG_1429_20150722010829237.jpg
現代アートっぽいモダンな椅子。

IMG_1436.jpg
このお店も素敵だった。なんか恥ずかしかったので遠くからこっそり撮ってみたら車が映り込んじゃって・・・


朝ご飯ターイム!
イタリアに来て嬉しかったのがとにかくパンとコーヒーがおいしいこと!特にクロワッサン(ブリオッシュ)は最高!!
カプチーノとクロワッサンと、朝しか食べられない・・・?らしいのですが、


んもーーーーおいしい♥これはピスタチオクリーム入りなんですが幸せな味がします(。・ω・。)


IMG_1443.jpg

カプチーノとピスタチオブリオッシュで5ユーロ。物価からすると少し高め、かもだけど店内素敵だったしいいかなと。

でもすごいなーと思うのが、(ここは違うけど)人気のあるバールは、本当に人が入りきれないくらいいっぱいなの。そういうところは一人だと逆に入りにくいんだけどね!笑IMG_1444_20150722010924af0.jpg



毎朝通いたいーってなりますヾ(*´∀`)ノ
IMG_1447.jpg

マスターが好きのものを集めたんだなーって感じ\(^o^)/
ものが多くってオシャレ?なお部屋、半分ショップのようでした、趣味のお部屋みたいなのいいなーって、ただちょっとお掃除とお片付けは大変そうですね( ̄▽ ̄;)


IMG_1448.jpg

外から見た外装もキレイでした!

ここで、そろそろいい時間かしらとベネチア行きの切符を買いに行きます。

nittiはユールレイルパスをもっているんですが、ここイタリアでは指定席チケットを買わんといかんのですね。


並ぶと噂のミラノ中央駅、アホみたいに並んでました。nittiは40分並んだ!しかも、とにーかく遅い、受付の方の作業が遅い・・・w
みんな番号札を取って順番待っているんだけど、受付の人も、客も、遅いwww
なんか皆さん、係員とああでもない、こうでもないと切符の種類や買い方について話してから買っていくせいなのかな、この遅さ。
そりゃいつまでも行列ははけませんわな。
nittiも初回に切符を買ったときは調べていったやつをそのまま発券してもらって(ユールレイルパスは自動券売機使えない)並んでいる人に悪いなと、日本人の性かばたばたと財布を出したり急いでいたんだけど(そして、そんなに急がなくていいからと係員さんにいわれるというwww)2回目以降はのんびりやることにしましたw

たくさんの待っている人々と、客引きの黒人さん、なにしてはるのかな・・・とおもって見てると、自動券売機の使い方を教えるよといって(おそらく、いくばくかの手数料と引き替えに)並ばずに買ってもらえるのだと思う。あとは多分順番だけ取って、その順番を売ったりもしているんだろうな。

他にも、電車の遅延か、スト欠便か何か分からないけれど、案内デスクの人に文句をいいまくってるお客さん、多数、でも相手にしない係員。。。となかなか日本とは違う文化を感じ取れます、これまたカルチャーショックだわ( ̄▽ ̄;)

並んで、切符買って〜と結構時間を取られるので早め早めに行くのがいいのかも。




その後行って見たスカラ座は閉まってて、今回も見学ならず。んで、ガレリアの方に歩いているとなんか面白そうな看板が。


ダ・ヴィンチ展的な?!

なかなか面白そうなのね。

わざわざ博物館に行かなくてこっちでもいいかなーと

12ユーロ、学割11ユーロ。


IMG_1455.jpg
レオナルドダヴィンチ展・・・!だと

これは行くっきゃないですね、時間の都合で『レオナルドダヴィンチ国立科学技術博物館』を諦めてたので、ついついふらり立ち寄ってしまいましたヾ(*´∀`)ノ

入館料は決して安くはないのですが、中身は結構充実。
言語が分からなくっても視覚的に楽しめるようにできていましたヾ(*´∀`)ノ



IMG_1465.jpg



ダヴィンチの貴重な資料が保存されていて、コンピューターの画面で3Dで動くんですよ!よく分からない発明品なんかも動くところを見ると新鮮で、ちょっと動作が重いことを除けば延々触ってしまいます(。・ω・。)

正直、イタリアのコンピューター技術なめてました。割とマジでどこ制作なんかねー。

IMG_1466.jpg



IMG_1467.jpg

飛行機!

IMG_1477.jpg


IMG_1479_2015072201105770a.jpg

出るとき気づいたんですが写真とっちゃダメって。

でも中にはフェイスブックやツイッターでセルフィー撮ってシェアしてねって書いてあるし、謎(;´Д`)

ま、もしかしたらこの写真ダメなのかも。ゴメンナサイ(´・ω・`)

ミラノ中央駅まで24時間券が切れたので、メトロ切符を買ってバイバイミラノ!





ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村


ミラノ中欧駅にもどって、ヴェネチアまでの出発を待ちますヾ(*´∀`)ノ
外国から見る日本(アジア?)のイメージってこんなん・・・?

IMG_1491_20150722011058eca.jpg
[ 2015/08/25 01:12 ] 海外旅行 イタリア | TB(0) | CM(4)

★イタリア人のご夫婦を案内してみた@京都★

前日、難波では案内するはずが道に迷って案内されましたnittiです( ̄▽ ̄;)
そんな頼りない私ですがシモナとシモーネ夫婦に京都案内をしてきました!
もうびっくりするくらいラブラブな2人と遊ぶのは楽しかったよwww

愛の深さはロンドン時代からよくよく知っていたんだけど、荷物は全部旦那さんが持っていて(特に貴重品は)、シモナの日焼け止め塗ってあげたり、タオルで汗を拭いてあげたり、目の当たりにするとなかなかカルチャーショックでした(。・ω・。)
IMG_5220.jpg
JR京都駅。普段阪急ばっかりだからやっぱり新鮮!
外国からのツーリストが本当に多くてびっくりです(・∀・)


早速、二人のリクエストで伏見稲荷神社へ向かいます。
海外だと(日本より)伏見稲荷は有名らしく、フシミイナリー、シミイナリーとハイテンション!
以前、タイから来た友人を連れて行ったときは夜だったから怖いばっかりだったけれど、いいお天気に恵まれたこともあって良かったです!
一日早いとライトアップがあったんだけどねw

IMG_5229_201508162154379c8.jpg

ということもあって提灯が参道にでていて昼間でも雰囲気あっていい感じ★

IMG_5230.jpg


IMG_5231.jpg

こういうざっくり朱塗りの建物が人気なのかも。

IMG_5234.jpg



IMG_5235_20150816215455d8d.jpg
いよいよ千本鳥居くぐっていきます!

IMG_5236.jpg

感動舌っぽいときもマンマミーア!マンマミーア!っていうから意味を聞いてみたらOh My Godみたいな感じらしい。というかマリオって日本語版でもマンマミーアって叫ぶんだね( ̄▽ ̄;)
nittiの好きなミュージカル(とメリルストリープの映画)マンマミーアはギリシャが舞台なんだけど世界各国で通じる言葉なんだろうね。(イギリスで英語分からん!っていいながらミュージカル見たのがずっと忘れられない思い出)


IMG_5237.jpg
ツイッターで話題になっていた京都伏見の狐絵馬、あごキャラ祭りとか弱虫ペダル祭りとかいろいろあるようで・・・


IMG_5238.jpg

地元の中学生の夏休みの宿題?かなにかのインタビューのようです。
シモナペラペラしゃべっていたけど伝わっただろうか・・・・・・

一番イタリアで有名な日本人は?との質問に
シモーネ(旦那さん)「HONDA!!!!」
シモナ「車でしょ!それ!」
となって

ACミランの本田だったとかいう一幕も。
そういえば旦那さんは日本でいろいろなガジェットを買うのを楽しみにきたらしく、最近不調な日本の機械産業もまだまだ人気があるんだなーと嬉しくなりました。やっぱ頑張ってもらわなきゃだよな〜




IMG_5245.jpg
稲荷はやっぱりおきつね様


IMG_5246.jpg



IMG_5247.jpg

結構上まで上がったけど、山頂までいくと軽くハイキングなので適度なところで折り返します。

IMG_5255.jpg

最寄り駅はなかなか渋いいい駅だ(・∀・)

続いて東山観光がしたいとのことなので銀閣寺へ!

何年ぶりかしら。
なんで銀閣は銀じゃないのという質問、知ってる(知らないと言うことを知っている)んだけど上手く説明できへん。
ひとまずお金がなかったからと言っときました・・・(一説ではただしいしいいよね・・・)( ̄▽ ̄;)

IMG_5264.jpg

そしてその後南禅寺に案内するはずが、間違えて永観堂へ行ってしまうという失態・・・しかもここが南禅寺だよーと案内する始末wwwゴメン><



IMG_5282.jpg



IMG_5285.jpg



IMG_5292.jpg



IMG_5298.jpg

そういえばこういう塔も英語では全部pagodaっていうのね。東南アジアなイメージだったからなんか変な感じw
なんたって五重塔はfive-storied pagodaだかんねw

IMG_5299.jpg
結構満足してくれてたし、許して・・・、でもnittiは清水とか人でごった返す境内より、永観堂とか仁和寺みたいなちょっとマイナーだけど立派なお寺のが好きだよ・・・(。・ω・。)


IMG_5306.jpg
南禅寺にも行ってきました。正確には南禅寺の水道橋のほうだけど。説明はガール水道橋みたいなの
ってあれはフランスか・・・


IMG_5309_20150816215833200.jpg
南禅寺の三門。ここもまた解説が難しい(ㅎωㅎ*)
五右衛門の絶景かな絶景かなの台詞の説明が、これまたなんと言っていいものか。有名な泥棒が言った台詞があるんだよといいたいんだけど・・・泥棒?ってなるしね・・・ルパン3世が通じれば良かったんだけど・・・w

そこからさらにバスに乗って目指すは清水道



IMG_5314_20150816215835764.jpg

さて、やっぱり欠かすことができない清水寺nittiこれで5、6回目くらいかな。案内とかで何度も来たけど今日のいいお天気は赤が綺麗に映えて今まで見た中でもなかなかの良コンディション!

そういえば参道ではたくさん八つ橋をもらえるお店があるんだけど、どうやらニッキ味はボーノではないみたいw

IMG_5324.jpg
えんむすびの地主神社。訪れるたびに参拝してるんだけどなかなか良縁には恵まれません(^_^;)
今回はなんとおみくじ1番の大吉だったんですよ〜(大事にお財布に入れていますw)


IMG_5325.jpg
境内には恋占いの石といって、目を閉じて反対側の石までいけたら恋が実るという石があるのですが、
これはずっこいwww
素敵なガイド(旦那さん)付きとは・・・・

大吉のみくじで喜んでいた自分が寂しくなるやないけwwwww

IMG_5330.jpg

定番の位置でパシャリ!

IMG_5334.jpg

清水さん参拝の後は3年坂、2年坂を抜けて下へ降りていきます。
軒先に下がっていたひょうたんがイタリアの「カチョカバロ」というチーズにすごく似ているんだって★


カチョカヴァロ熟成 
たしかにこれはひょうたんw



IMG_5336.jpg



IMG_5340.jpg



IMG_5343.jpg




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村


この後、四条や京極で、マンガや浴衣、あとはB-SIDE LABELというステッカーやさんでお買い物。
実はゴハンの一回も食べに行っていないので、猛烈に濃い一日でした( ̄▽ ̄;)
翌日nitti職場でヘタレてましたwww

[ 2015/08/24 21:52 ] 国内旅行 京都 | TB(0) | CM(2)

★憧れの屋久島⑨宮之浦の町歩き★

白谷雲水峡を後にして、お宿で身支度をしたあとは友人殿の高速船の時間までにゴハンを済ませることに、
ガイドブックにも載っているmama's kitchenのハンバーガーを食べよう(。・ω・。)

と思っていたんだけど、

IMG_6754.jpg


残念ながらハンバーガーはしばらくお休みらしいです。もう口が完全にハンバーガーだったのにつらいなーw

IMG_6751.jpg

で、せっかく来たので、永田の塩クッキーを買って食べることにしましてん。
ウミガメの形のカワイイクッキー、

IMG_6753.jpg
その場で食べたんだけどすっごくおいしくって、追加で購入しちゃいました(・∀・)

その後何件かご飯を食べれるところを探したんだけど、時間もお昼時ではなかったし、なかなかなくって、屋久島観光センターの2階でご飯を食べることに!

IMG_6756.jpg



IMG_6757.jpg

屋久島うどんにはトビウオが載ってるヾ(*´∀`)ノ
本当はヤク鹿肉ランチを食べたかったんだけど、売り切れでしたん!


この後、シャワーして身支度のうえ、友人殿は船に乗って帰って行き、nittiはその後、4時くらいだったのに疲れてお宿で眠っちゃいました。それはもう、爆睡!

なんだかんだやっぱり疲れてたんだなー(・∀・)




・・・


さて、翌朝、きづけば翌朝でした。
せっかくなので朝7時からお散歩します!昨日寝ちゃったしねw




IMG_6760.jpg

お宿のすぐ横、宮之浦川。街中にある川なんだけど朝見ても夜見てもとっても綺麗。



みるからにこれは小学校!!
と思ったらなんと町役場なんだって。


IMG_6770.jpg


お散歩。


IMG_6768.jpg



IMG_6766.jpg




IMG_6780.jpg


IMG_6786.jpg


IMG_6783.jpg
晴耕雨読という有名?なゲストハウスの前。1度泊まってみたかった・・・またいずれ!



IMG_6794.jpg
シオカラトンボかな〜

IMG_6792.jpg
いやでもなんか違うかも・・・

IMG_6796.jpg


IMG_6798.jpg


IMG_6800.jpg


IMG_6807.jpg


IMG_6810.jpg


こうやってぼけっとひとり見知らぬ土地を歩くのが好きです。

人の営みと、生き物の営み、両方を感じられるこの場所は、旅行最後の日を過ごすのにぴったりの場所・・・かな?


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





[ 2015/08/21 19:05 ] 国内旅行 屋久島 | TB(0) | CM(0)

★憧れの屋久島⑧白谷雲水峡Ⅴ★


あとはひたすら下るだけ〜〜〜!
と思ったんだけど案外道は長くて険しいか?


IMG_6660.jpg
再びヤクシカさんたちを発見!
今度はたくさん群のようです(。・ω・。)
背中の模様もかわいくバンビ♥


そういえばシカは英語でDEERだけど、子鹿のバンビってのは英語なのかしらんと思って調べてみると(CATとKITTYみたく)
bambino(イタリア語で子どもって意味、バンビーノってドラマだかマンガだかあったしね)が由来らしい。
こないだイタリア人のシモナが厳島神社でバンビを見たーーー!って言ってたから、結構世界共通で通じるのかも??


IMG_6663.jpg


IMG_6667.jpg


IMG_6669.jpg
2匹でじゃれていてカワイイ(。・ω・。)
こちらは角がないので雌か、あるいは子どもですな!



IMG_6671.jpg



IMG_6673.jpg



IMG_6674.jpg

同じ道をただ下るだけ?行きしにも通ってきた道なんだけど、帰りは帰りで、全体を見渡せるからか新しい発見がある。
登りよりも視界が広い。

IMG_6689.jpg
頭上注意。


IMG_6691.jpg
本当は下りの方が足に負担がかかるハズなんだけど、やっぱりちょっと余裕が出てくる。



そういえば辻峠から太鼓岩に行く道は、登りと下りで一方通行になっている、片方は登りのための短くて険しい道
、もう一方は少し長くて緩やかな道。

そうでもしないとすれ違うのは困難だし、まず、険しい道を下れる気がしないもんね( ̄▽ ̄;)
緩やかな方の道でも結構降りるの怖いのよ!

と、そうなんだけど分かれ道の表記が(多分)日本語しかなくって、間違えて下ってくる方の道に行こうとしている外人さんがいたから一応止めといた。アリガトゴザイマースだって!

まぁ間違えたからってそれこそ重大な問題が起こるかと言えばそうでもないかもだけど、でも確かにわかんないよなー(ㅎωㅎ*)

IMG_6696.jpg



IMG_6700.jpg



IMG_6698.jpg


IMG_6703.jpg
苔むす森まで戻ってきました。
写真で見るとずいぶん髪色抜けてるなー、新人社会人としてマズイかも・・・(ㅎωㅎ*)


IMG_6715.jpg



IMG_6720.jpg



IMG_6722.jpg



IMG_6723.jpg



IMG_6732.jpg



IMG_6738.jpg



IMG_6742.jpg
最後は白谷広場側ではなくって標識を見て駐車場側に降りることに。

案外分かれ道から長くって間違ってるんじゃと不安にもなったけれど無事つきました(ㅎωㅎ*)
途中にたくさん滝があって、こちら側も歩いてみてもいいかもしれない。

IMG_6743.jpg


IMG_6749.jpg
車にのって、茹だった水というかお湯をのんで休憩したら白谷雲水峡を後にする。行きに見かけた絶景ポイントで一旦休憩。(相方さんは力尽きてたけども。。。ごめんよ運転まで・・・)
でも頑張ってくれて友人殿が力尽きてたらnittiが運転するという(免許不携帯だけども)最悪のケースは免れたかな( ̄▽ ̄;)
ちなみにこれを書いている現在、もう免許は再発行してもらってますよ(^_^;)

IMG_6747.jpg
少しアップにしてみた。宮之浦港がはっきり見える。


どこまでが海で、どこからが空か分からない(゜o゜)


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/08/20 19:31 ] 国内旅行 屋久島 | TB(0) | CM(0)

★ふと思い立ってぶらり奈良④東大寺大仏殿万灯供養会★

春日大社を後にして、東大寺へ向かいます。1日で2つのイベントを見れるか正直不安だったんだけど、移動も含めて春日大社で約1時間、東大寺でも約1時間くらいでした。7時すぎ〜9時半くらい、そこから大阪まで十分戻ってこれました★
さて東大寺大仏殿万灯供養会は盂蘭盆(うらぼん)の最終日、大仏殿の周りには約2500基の灯籠が並びます。灯籠一基にたいして明かりは4つ、合計1万灯を大仏様にお供えしご先祖様の供養を行うのだそう。
殿内では法要が営まれ僧侶が読誦する華厳経が聞こえてくるとのこと。ま、”近鉄ニュース”の受け売りですけどね。





IMG_7258.jpg
東大寺はおおよそ8年ぶりですヾ(*´∀`)ノ
大仏様はなんか顔つきが自分に似ている気がして勝手に親近感あるんですwww

IMG_7262.jpg

運慶快慶の金剛力士像、私の記憶している昼間の姿より細部まではっきり見えるみたい!!!



IMG_7269.jpg
この見得を切っているようなポージングがイイ!
しばし見入りますヾ(*´∀`)ノ

でも写真で見ると、銀魂のウンケイ・カイケイ兄弟を思い出してしまう・・・やっぱなんか似ているんだよな〜


IMG_7272.jpg
すごい人が続きます。

IMG_7274.jpg
近くで解説員さんがついているツアーの方がいたんだけど、ここの石畳は元々大阪の路面電車のものだったんだそう。
それを廃止するときに敷石を競りにかけて売れなくて、ほんならただで!といったらいくつかの寺社仏閣にもらわれていったんだそう。運搬にカナリの費用がかかったらしいですけどねw


とここでミラクル発生!!



歩いていたらなーんか聞いたことある声が・・・??
んー知り合いかなー?嫌でも違ったらなー・・・ここ大阪ちがうしなー

と思っていたらやっぱり友人でした!

IMG_7279.jpg


IMG_7283.jpg
 大仏様のお顔が見えます!!!!!やっぱり大きいわー(・∀・)

IMG_7285.jpg

ということで香港のヘンくんと韓国のテンくんと一緒に回ることに〜
かれらの共通語は日本語ですwww
二人とも大阪にワーホリで滞在中で日本語まじでぺらぺら(ま、特徴ある日本語で分かったというのはここだけの秘密)、まさか奈良で会うとは・・・!!世界は狭いーーー!

IMG_7291.jpg


八角燈籠
大仏殿は12世紀後半、平家の軍勢によって放たれた火で焼かれ、鎌倉期復興の大仏殿もまた戦国時代に兵火にかかった。だが、この燈籠はまわりが火の海となりながらも耐え、今に至るまで1200年以上同じ場所で立ち続けてきた。まさに奇跡である。・・・・・・とのこと。



昼間に見るとただの地味な石の塊なんですが、やはり灯籠はともされてこそ真価を発揮するのですね。

IMG_7293.jpg


IMG_7296.jpg
本殿から入り口側を見ても圧巻!

IMG_7299.jpg
数年ぶりのご対面。私の名まえの由来になぜか奈良が入っているのもあって、そして顔が似てる気がするのもあってなんだか親近感があるんだよな〜

IMG_7308.jpg


IMG_7310.jpg


IMG_7311.jpg
ご先祖様の供養のためともされる灯籠。遠くは東京からもともされています。
そういえば私の実家佐賀ではそうでもないのだけど、
母方長崎の佐世保の方では初盆は爆竹ならしながら精霊船(しょうろうぶね)を引いていくなかなか派手なものなんです。火花ばーっとだしながら・・・(今年も精霊船が炎上する事故が起こったらしいです。)
佐世保ではしませんが、長崎の方ではお墓でも爆竹ならすし花火ドッカンらしいですからね!

中国からの風習だろうとのことですが、それを思うと同じお盆を締めくくる行事でも全然違いますね。



派手でうるさくて、全然さだまさしの精霊流しって感じじゃないですよw

IMG_7313.jpg


IMG_7314.jpg


IMG_7318.jpg


IMG_7322.jpg


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




IMG_7324.jpg
帰り道、氷室神社という神社も灯籠がともされていたので寄ってきました。

IMG_7330.jpg
氷の器!

後で知ったんですが、この氷室神社、名前の通り氷の神様を祀っている神社だそうで、来週末には「ひむろしらゆき祭り」というかき氷のお祭りが行われるそうです(・∀・)!!

IMG_7333.jpg


奈良、良かったな。
ふらりと遊びに行くのにいい場所みっけました。

次は稲穂がたわわに稔る頃、飛鳥をサイクリングしてみようと思いますヾ(*´∀`)ノ
[ 2015/08/19 19:09 ] 国内旅行 奈良 | TB(0) | CM(0)

★ふと思い立ってぶらり奈良③春日大社中元万燈籠★

IMG_7105.jpg
いよいよ向かうはメインディッシュの春日大社です。
中元と節分、年2回だけ参道の石灯籠約2000基と社殿回廊内の釣燈籠約1000基に浄火がともされるという伝統行事。室町時代に雨乞いを祈祷してはじまったとされているそうです。(ちなみに今年は式年造替らしく神様は本殿西側の移殿にいらっしゃるそうです)


IMG_7128.jpg
鹿のマークが。このアホほどいらっしゃるシカさんは春日大社の神のお使いとして保護されてきたのだそう(・∀・)
かわいいんだけどね、ちょっと芳香がするのよね。



IMG_7122.jpg

中を覗いてみると豆電球でした。さすがに火は怖いよね

IMG_7126.jpg
参道にある奈良国立博物館仏教美術資料研究センターで建物は明治のものらしい。和洋折衷で、そして夜の風景はどこかホーンテッドマンションのようでもあるwww



IMG_7133.jpg
たくさんの苔むした石灯籠


IMG_7141.jpg
入り灯籠のあたたかな明かりだけを頼りに歩いて行く。途中で提灯を500円で売ってたりもしてちょっと欲しくもなったんだけどすごく並んでいたし、ね。
この、くらい中を進んでいく感じが非日常への入り口といった感じでテンション上がるんですよ!!

だけん、強力な懐中電灯でビカーとやられるとその空気が壊されるのです・・・・・・もちろん足下は気をつけないとなんで多少は仕方ないと思うのですが、じゃあせめて下に向けてくれ・・・と(^_^;)

nittiがわがままなのかな〜

IMG_7147.jpg



IMG_7163.jpg
夜の神社はまた雰囲気がいい!

IMG_7167.jpg
写真で見るとちかとホラー?石灯籠に和紙が貼られて火がともされる。



IMG_7177.jpg



IMG_7184.jpg

ぶれてるけど、油絵みたくってなんか気に入ったの。

500円を払って回廊内特別参拝をさせてもらいますヾ(*´∀`)ノ
これはぜったいオススメ!!ここまで来て入らず帰るなんてもったいない!!!

IMG_7189.jpg


境内の中にはたくさんの釣燈籠が。
昼間に見ると、なんだか赤いばっかりのど派手な神社だなーと失礼ながら思っていたんだけれど、たくさんの燈籠に照らされて、この世のものとは思えない幽玄美しさ・・・(。・ω・。)
燈籠はすごく熱くなっていて、手をかざすと熱気がむわむわ!本当に火がともされているんだとなんか感動します。

IMG_7197.jpg



IMG_7201.jpg
境内のかがり火もぱちぱちと薪がはぜて火の粉が上がる。たくさんのスタッフさんがいるのも、安全のため、もあるだろうな〜。


IMG_7206.jpg


IMG_7212_20150816144614e9a.jpg


IMG_7218.jpg


IMG_7219.jpg



IMG_7224.jpg

ひとつひとつ趣向凝らされた燈籠。こんなに幻想的な風景の一つになるのなら、私も献灯??してみたい。いくらだろ・・・w

IMG_7226.jpg
なんて書いてあるのでしょう。人名の用ですが読めないな〜

そういえば最近仕事で明治の登記簿(のコピー)とか読んでんだけど、まじで、まじで読めない・・・( ̄▽ ̄;)

入り口で写真を撮るべく立ち止まる人が多くてすごく混むんだけど、ちゃんと境内を巡る順路でゆっくり見れますのでスタッフさんの指示に順いましょう★


IMG_7230.jpg
巫女さんの髪飾りがすごく素敵。写真だとわかりにくいけど藤の花らしい。見れば見るほど珍しい!
なんかうつむくといい感じにお顔が隠れて、神に仕える人という感じがしますね(。・ω・。)

IMG_7239.jpg
燈籠を柵の反対側から眺めてみた。
うっすらと形が分かります(・∀・)

さてさてお次は東大寺だよーヾ(*´∀`)ノ


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_7241.jpg
[ 2015/08/18 14:37 ] 国内旅行 奈良 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。