★山口旅行ぱーと10~松陰神社と周辺~★

IMG_1004_R.jpg
松陰神社
吉田松陰を祭神とする神社なんですが、なんというかこんなに(わりと)最近の人でも神様になっているんだなーと
いまさらながら不思議な気持ちです。
生誕の地である、ここ萩と墓所のある東京にあるのだそうです。



IMG_1008_R.jpg
こちらが松下村塾跡地



IMG_1012_R.jpg
講義室。といってもなにがあるでもない普通のお部屋。


IMG_1009_R.jpg
どう頑張っても「下」が読めないよ・・・畑マークだよ・・・


IMG_1017_R.jpg
ひとまずご参拝をば。学業についてふかーくふかーくお祈りしておきましたw





IMG_1014_R.jpg
傘おみくじ、引こうと思ったら売り切れでできなかったけど、すっごくかわいい。



IMG_1019_R.jpg
あるだけで、なんだか絵になるのです。



IMG_1013_R.jpg
まだお正月的雰囲気がちらりと。



これは、松陰が処刑されるため萩から江戸へ移送されるのですが、その時の移送のされ方が衝撃だったのでご紹介をば
IMG_1043_R.jpg
これは蝋人形で見るかいがあった!!

辞世の句はこちらだそう。

「親思ふ 心にまさる 親心 けふのおとずれ 何ときくらん」
IMG_1006_R_201501300741430e9.jpg


なんというか、この生き急いだ方も、人の子として死んでいったんだなーとおもう悲しい句ですね。

ちなみにわが母はこれを見ながら、あんた旅行に行くなら、よーく見ときなさい、心に刻みなさいとのこと。
ママン、これ辞世の句なのよ・・・縁起でもない。

IMG_1022_R.jpg
吉田松陰幽囚ノ旧宅。なんかあんまり和室を見慣れないせいか、こういったふすまで仕切られただけの大きな部屋が不思議な感じ。
なんにもないなーw


実際松陰が海外へ密航しようとして捕まり謹慎を命じられていたのはこの奥側にある3畳ほどの小さな部屋。

そういう状況に陥った時、これを勉強のチャンスと本を読みまくった、というのがやっぱり凡人と違うとこだよなー。





松陰さんとは格が違えど、私も小さな部屋で謹慎を命じられたら本を読むかしらん。

この時代の人がすごいと思うのは、自分が藩を、ひいては日本を救うんだという熱い思いを持った人がいっぱいいたところだと思う。


この後伊藤博文の生家訪れる。この人は日本人なら誰もがご存知でしょうが、若いころはかなりやんちゃだったんですね、井上馨らとともに、長州ファイブ(長州から欧州に秘密留学した5人)のうち1人でもあるですが、
その際に藩の御用金を5千両も使い込んで?イギリスへいっちゃうんですよね。

(1人千両いるといわれるのですね、千両はだいたい今の5千万円くらいなんですね。)

「男子が万里の波濤を超えて、行動を起こすと決めた以上、金がなくて志を果たせぬということでは、誠に不本意です。御用金流用の件はなにとぞ、生きた機械を買ったと思いお許しください。」



といったとのこと。


なんというかどこからやってくるんだこの自信はwwww


自分というちっぽけな人間が、日本を変えられるとおもい、実際に変えていった人間とおもうと本当すごいなと思う。



ちなみに松陰神社から徒歩で5-10分くらいの場所に伊藤博文生家があります。


IMG_1032_R.jpg

IMG_1034_R.jpg
藁ぶきのおうちです。
元々は農家でまずしい家の生まれだったそう。


IMG_1041_R.jpg
となりの別邸の方は大きくきれいなおうち、これこそ伊藤博文の立身出世を物語っているんだなーと。




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






IMG_1028_R.jpg


ちなみに松陰神社にあった碑なわけですが、
「偉大なる 存在なりし 松下塾」

いやーセンスないっすね。





いつまで見れるかわかりませんが
歴史秘話ヒストリアの「伊藤博文と井上馨の大冒険 」が詳しいです。
http://www.miomio.tv/watch/cc141641/
[ 2015/01/30 08:44 ] 国内旅行 山口旅行 | TB(0) | CM(2)

★山口旅行ぱーと9~毛利氏廟所-東光寺-★

こんにちは、最近は旅行費用捻出&冷蔵庫を空にするのため、実家から送られてきたカビだらけもちを主食に生きています。nittiです。
最初はカビカビになってもカビを外して食べるなんてすごいなーキモいなー
と思っていたのですが、よくよく考えれば青かびだの白カビだのをひっつけたチーズがあるのでまぁいっか。

(健康のためにはカビもちは食べない方がいい、らしいですがウン百年日本人は食べて来たわけですし、ね。)



さて、
松陰神社からもほど近い東光寺は結構いいところだったのでお勧めです( ✧Д✧) !!


IMG_1046_R.jpg

朱塗りの総門からのぞく山門もいいです。
長州藩毛利氏の墓所の一つでもあります。



IMG_1048_R.jpg

この三門が美しいなーと思うんです。道のコケムシ具合なんかも風情があっていいですね。大人300円の拝観料がかかるのですがその価値は十分ある場所だと思います。


IMG_1051_R.jpg
東光寺
本殿側?にわたるには回り道が必要なのです。どうぞこれをみて(私の家族のように)ユーターンせずに
奥まで進んでみてくださいな♪



IMG_1052_R.jpg
ぐるりと回る道。


IMG_1055_R.jpg
その道の途中には木魚の原型となったというお魚。結構大きいです。
ちなみにこの道中はけっこう生活感のある道のりだったりもします(笑)



IMG_1057_R.jpg
下から見てみるとこんな感じ。


IMG_1062_R.jpg
さらに進んでいくと毛利氏の廟所へたどり着きます。

なんかもののけ姫....!
こだまが出そうな感じw

ちなみにこちらは8月に万灯会といい灯篭に火を入れるイベントがあったりするんですが、画像をみると本当に美しいので、いつか見てみたいものです❤(。☌ᴗ☌。)

ちなみに、「花燃ゆ」で似たような場所(1話で文が松陰に慰められるシーン)があったなーと思ったのですが、場所はもうひとつの廟所、大照院の方なのだそうです。


IMG_1058_R.jpg


結構お勧めの場所でした!




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





[ 2015/01/28 14:06 ] 国内旅行 山口旅行 | TB(0) | CM(0)

★山口旅行ぱーと8.5~萩城下町、なんかいろいろ~★


IMG_0988_R.jpg



IMG_0986_R.jpg
こういうちょっと面白いものはいいね。母が買ってた。


IMG_0990_R.jpg
こうやってお花を生けるみたい。

IMG_0989_R.jpg


















IMG_0992_R.jpg 






ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





 
[ 2015/01/28 10:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

★マントンのレモン祭り2015-スケジュール-★


manntonnno.jpg

公式⇒http://www.fete-du-citron.com/
マントンのレモン祭り2015のスケジュール翻訳版です。
これまたなかなか情報が出てこず苦労したので翻訳しておきます。

公式サイトでは見つけきれずに、アプリをダウンロードしたら確認できました。

また、同時期開催のニースのカーニバルのスケジュールはこちら

開催期間は2015年2月14日~3月5日

①Exposition des motifs d'agrumes(柑橘類のモチーフの展示)
②Festival des Orchidées (蘭のフェスティバル)
③salon de l'artisanat (手工芸見本市)
④Corsi des Fruits d'Or (金の果物のパレード)
⑤jardins de lumière(光の庭園)
⑥Carnaval des Enfants(キッズカーニバル)
⑦ Corsi nocturne (夜の光のパレード)

2月
14日(土) ①柑橘類のモチーフの展示14-18時
       ②蘭のフェスティバル14-18時
       ③手工芸見本市14-18時
15日(日) ① 9-18時、②③ 9-19時
       ④金の果物のパレード 14:30~16:00
       ⑤光の庭園 20:30-23:00
16日(月) ①、②、③10-18時
17日(火) ①、②、③10-18時、⑤20:30-23:00
18日(水) ①、②、③10-18時
19日(木) ①、②、③10-18時、⑦20:30-23:00
20日(金) ①、②、③10-18時、⑥キッズカーニバル14:00-16:30
21日(土) ①、②、③10-18時
22日(日) ①9-18時、②、③9-19時、④14:30-16:00、⑤20:30-23:00
23日(月) ①、②、③10-18時
24日(火) ①、②、③10-18時、⑤20:30-23:00
25日(水) ①、②、③10-18時
26日(木) ①、②、③10-18時、⑦20:30-23:00
27日(金) ①、②、③10-18時
28日(土) ①、②、③10-18時

3月
1日(日) ①9-18時、②、③9-19時、④14:30-16:00
2日(月) ①、②、③10-18時
3日(火) ①、②、③10-18時、⑤20:30-23:00
4日(水) ①、②、③10-18時

簡単にまとめると
期間中毎日、柑橘オブジェ展示と、手工業市と蘭フェスティバルが開催され、
日曜にはパレードが
火曜と日曜の夜(およそ)にはライトアップ、木曜の夜には光のパレードがある感じですね。


また曜日によって開始時間と、
初日14日の開始時間の変化にご注意ください❤(。☌ᴗ☌。)


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





 
誤訳、転記ミスの恐れがあるのでご確認の上ご利用ください。
[ 2015/01/26 15:50 ] 海外旅行 フランス | TB(0) | CM(2)

★山口旅行ぱーと8~萩城下町歩き~★

萩城 城下町あるき

IMG_0966_R.jpg
こちら「晋作広場」とのこと、なにがあるぞ・・・!と期待して覗いてみるも・・・



IMG_0967_R.jpg
なんだかちょっと残念です。

晋作立志像だそうです。


IMG_0969_R.jpg
高杉晋作の生誕の地。
大人は100円かかります。せっかく来たのと、高杉ファンなので入ってみました!
近くには木戸孝允(桂小五郎)旧宅なんかもありますが行かずじまい・・・

IMG_0971_R.jpg


IMG_0972_R.jpg
高杉自作の句碑「西へ行く 人をしたひて 東行く 心の底そ 神や知るらん」


IMG_0973_R.jpg 
産湯に使われた井戸。






IMG_0975_R.jpg
安政の大獄のときの高杉晋作の人相書き。こんなんじゃ捕まらんよなーw




IMG_0976_R.jpg



IMG_0978_R.jpg
東行先生というのは高杉のこと。



IMG_0979_R.jpg
御屋敷の中にもみかんがありますねー。似合っていいなと。


本当はもっとゆっくり見たかったんですが、さらりと城下町を歩いて流すだけに。

もっといっぱい行きたいところがありましたが、それはまたの機会に・・・?
円政寺や明倫館は本当行きたかった(இдஇ; )





IMG_0982_R.jpg
菊屋横丁。日本の道100選にも選ばれているそう。白壁の趣ある道。
山口市のパークロードもこの100選に入ってました。


IMG_0985_R.jpg
中はみませんでしたが菊家住宅。重文。


IMG_0991_R.jpg

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





 

なにをするでもなくちょっと歩き回っただけでした。
[ 2015/01/26 12:57 ] 国内旅行 山口旅行 | TB(0) | CM(0)

★旅行準備~自由旅行の旅程の立て方編~★

国内旅行を含めて旅先でとっても便利なのがGoogle map。これはもう異論ないでしょう。
紙の地図は紙の地図で便利ですが、拡大縮小や、目的地を探す利便性、現在地機能や道案内などGoogle mapならではの利点もたくさんありますね。


さて、もうひとつ進んでGoogleのサービスの一つである、My Map、これが個人旅行で旅程を組むときのつよーい味方なのです❤(。☌ᴗ☌。)

このサービスは簡単にいうと、「スポットをコレクションできるサービス」!


これが非常に旅行との相性がいいのです。

便利な使い方を紹介しようと思います!

Ⅰ とにかく行きたい場所をコレクションする
旅行に行くとなると、ガイドブックやらネットやら人づてやらで情報収集をしますよね。
そのなかからいける、いけないは別にして行きたい場所というのがいくつか出てくると思います。

それをひとまず全部、登録していきます。全部です、全部!

航空券を先に取っている場合は、現地の飛行場も追加しておきます。


ryokou 1


するとこんな感じの地図ができてくるかと思います。

そこからルートを考え、線を引いてみます。

ryokou2.jpg

具体的な必用時間はマイマップからでは分かりませんが、メジャーがついており距離を測る事ができるので(山脈越えなど無茶をしていなければ)おおよその所要時間も想像がつきますね。


もちろんこのように一筆になるとは限りませんが、おおよその方向性はできてくると思います。
このとき、
①小さな町から町への移動は大変なので、最適ルートは交通の要所を起点にした電車やバスなどの移動手段を考える必要がある(この直線がルートになるとは限らない!)
②陸路にこだわらず、格安の飛行機を利用することも考える(その方が安い場合も)
③電車やバスの移動でも絶景ルートや観光列車などなるべくなら乗っていて楽しい路線を選ぶのもおすすめ!
④季節に応じて観光地の満足度は変わる。(特に自然の美しい場所)




ですが、先ほどの地図はあくまで理想論。
行きたい場所をすべて書き込んだ場合、こんなにあっさりとしたものになるとは限りませんよね。

大体、

ryokou3.jpg

こんな感じになるかと。



このままだと、旅行期間にもよりますがちょっと難しそう・・・?

ということで

Ⅱ 行先の取捨選択をしていきます。

やり方は人それぞれですが、どうしても行きたい場所とできたら行きたい場所といった感じでランク分けしてみるのもいいかと。
それぞれマーカーを変えられるので分けていくと良いですね。

ryokou4.jpg


こんな感じで選んでみました。nittiの場合は緑の星が行きたいところです。
計画を立てているうちに、行きたい場所や行く場所が変更になりルートが変わったりすることもあるかと思いますので、この
行くことが難しい場所も削除せず残しておくといいかと思います。


Ⅲ 個別に行きたいスポットを追加する。
Ⅰ~Ⅱと同時進行に進めて行ってもいいですが、行きたいお店や観光地、宿泊地を追加して自分だけの地図を作り上げていきます。
ここの完成度は人それぞれでいいかなと。
見やすくなるようレイヤーわけしてもいいかと。



派生アプリなどいろいろあるようなので試してみようと思います~!


注意;2015年1月現在では、アンドロイドやアイフォンからの利用もできますが、少し重い印象。旅行前に大きな作業はPCで終えておくのがおすすめかも。

同様に現在は「レイヤー機能」で、レイヤー間のスポットの移動ができません。(さすがにそのうち可能になるとは思いますが。)


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/01/26 08:02 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

★中欧旅行記・6日目④皇帝家の眠るカプツィーナ―納骨堂★

カプツィーナー教会

2013-04-03 0908 (82)_R

今までの教会に比べると少し質素です、外観写真は残ってなかったのですが、外観も同様、地味w
ミサがちょうど始まったりもしました。
この教会、地下にあるハプスブルク皇帝家の墓所を見学できるのです。1633年以来、皇帝家の人々149人の棺が納められ、永眠の地となっているそうです。
お墓と思うとすこし写真を撮る手がとまります。まぁ撮りましたが・・・


ハプスブルク家には奇妙な風習があって
心臓はアウグスティーナ教会、
内臓はシュテファン寺院に、
そして残った部分?はこのカプツィーナー教会に埋葬されるのだそう。

死してなお鑑賞され、体はばらばら。なんだか心休まるのかしらとちょっぴり心配です。


2013-04-03 162934 (1)_R
こちらはマリアテレジアの父カール6世の棺、
ハプスブルク帝国の最大版図を築いた人で、名君であったマリアテレジアに皇帝位を託し、初めての女帝にした人、というのも印象的。
豪華で、そして、ガイコツが怖い。


2013-04-03 0908 (78)_R_R
皇后エリーザベト・クリスティーネの棺の一部。この方は先ほど登場したカール6世の妻で白き肌のリースルと呼ばれ愛された方のお墓、の一部。このベールの表現に感動して写真を撮りまくってしまいましたw


2013-04-03 0908 (77)_R
なんでこんなにガイコツつけるのかしら。

2013-04-03 0908 (79)_R


2013-04-03 0908 (76)_R
皇帝レオポルト1世の棺。

2013-04-03 0908 (80)_R_R
マリアテレジアと夫フランツ1世の二つで一つな棺の上の天井画です。
この下にはこの納骨堂内でももっとっ目立つお二人の大きな棺があるのですが、なんか写真ありませんでした・・・w

肝心なところが抜けている。



2013-04-03 0908 (81)_R
結構最近のお墓も。小さいですが1989年に亡くなられたそうで、お花がまだ手向けられていますね。

中には台だけあり、棺がない場所も・・・ご予約済みということかしら?
※現在も納骨の習慣は続いているそうですよ。

当時、(今もですが)お勉強不足でもっといろいろ知ってから向かえば面白かったのかなーなんて、いまさらちょっと後悔してました( ✧Д✧) !
皆様も行かれる際は少し、皇帝家人々を知ってから向かうといいかと。



全然関係ないですが、街中で見つけた日本っぽいショーウィンドー
2013-04-03 0908 (88)_R


2013-04-03 0908 (87)_R_R
大仏様が生首に・・・

西洋だと首だけ像とかってよく見ますものね。文化の違いってこわい。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







ちなみにちなみにnittiはこのカプツィーナー納骨堂のおどろおどろしい装飾をみて、漫画家星野桂さんの絵を思い出しました。
[ 2015/01/23 16:11 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(0)

★ニースのカーニバル2015 スケジュール★


13.jpg

2015年のニースのカーニバル 日程表。

今年のテーマは「音楽の王」だそう
リオのカーニバル欧州版ともいわれる冬のコートダジュールのメインイベント。
今年訪れる予定なのですが、公式ページでもなかなか日程表を見つけられず苦労したので、和訳載せておきます。
2015年2月13日~3月1日まで

また、転記ミス、書洩らし等ある可能性もありますので、ご出発前にご自身で参照先ページの確認をすることをお勧めします。

 
 ニースのカーニバル2015
 13日 オープニングパレード20:30(無料)
 
 14日  花のパレード 14:30(入場€10、指定席€25;6-12歳入場€5以下同)
       光のパレード 21:00(入場€10、指定席€25)
 15日   ニースカーニバルラン 10:00
       La Parada Nissarda 14:30
 17日  光のパレード 21:00(入場€10、指定席€25)
 18日  花のパレード 14:30(入場€10、指定席€25)
 21日  花のパレード 14:30(入場€10、指定席€25)
      光のパレード 21:00(入場€10、指定席€25)
 22日  カーニバルパレード 14:30(入場€10、指定席€20)
       Zumba/Carnival swim 11:00
 24日  光のカーニバルパレード 21:00(入場€10、指定席€25)
 25日  花のパレード 14:30(入場€10、指定席€25)
 27日  "Lou Queernaval" 21:00(無料)
 28日  花のパレード 14:30(入場€10、指定席€25)
       光のカーニバルパレード 21:00(入場€10、指定席€25)
 3月1日 カーニバルパレード 14:30(入場€10、指定席€20)

http://www.nicecarnaval.com/en/carnaval/programme-tarifs.php
ちなみに管理人は初日と2日目に行く予定です。
また、同時期開催のマントンのレモン祭りも必見・・・?
 ⇒マントンのレモン祭りのスケジュールはコチラ

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





 
[ 2015/01/23 09:27 ] 海外旅行 フランス | TB(0) | CM(0)

★旅行準備~旅程編~★

旅程、大体決まりました!
いやー本当にこなせるのかぶっちゃけ不安ですがなかなか良い旅行になりそうな予感ですよ★
ワクワクがとまりませんな!美味しいものだとか、見どころだとかアドバイスがあったらください❤(。☌ᴗ☌。)

ひとまず、
・ユールレイルグローバルパス(15日)ユース料金で56000円ほど(国鉄系の電車が乗り放題になるパスです。いろんな種類があります。ドイツスイスでは強力ですがイタリアフランスでは微妙。)
※買うか悩んだのですが、それぞれで手配は切符の買い方ミスが怖いのと、大量の予約バウチャーを持ち歩きたくないのと、ドイツスイスではパスがどうしても欲しいのと、期間がぴったりなのと、時間指定に対するストレスが減るならこれもまぁありかなと。

・ホテルは基本YHやホステルの女性ドミトリーで3日に1回くらいはシングルルームを取ります。お祭りを追いかけているのでホテルだけは手配して向かいます。荷物を運ぶ手間や荷物を預けての観光をしたいので駅からのアクセス最重視です。予算は3000~5000円/1泊

・荷物は45Lキャリーとサブバックに何とかつめます。

■1月31日(土)
 ハイジ(ペットの文鳥)を連れて佐賀へ、しばしのお別れです。
■1日(日)
 佐賀駅BC5:04(バス1230円)⇒福岡空港BC6:15⇒福岡空港
 福岡空港7:20発⇒成田9:00着・12:25分発⇒フランクフルト16:40着
 フランクフルト泊(フランクフルトYH €27.00)
 
■2日(月)
 フランクフルト⇒ヴァルツブルク観光⇒ ローデンブルク

・ヴァルツブルクはコインロッカー利用
・ローテンブルク泊(シングルR € 33.64)

※ちなみに始めはRothenburg ではなくってローテンビュルク(Rothenbürg)という人口18人くらいのの超田舎町に行く予約をするとこだった、危ない。
uの上の点々、こわっ


■3日(火)
 ローテンブルク⇒(約3H)⇒ミュンヘン観光⇒(約2H)⇒フュッセン

・ミュンヘンコインロッカー利用
・フュッセン泊(女性ドミ€18)

■4日(水)
 フュッセンでノイシュヴァンシュタイン城見学、など観光
 フュッセン⇒チューリヒzurich
(この途中でオーストリアを一駅だけ通るため独-スイスパスだとめんどくさいなと。ヨーロッパめんどくさいw)

・チューリヒ泊(女性ドミ;42.78 CHF 高いよー><)
 
■5日(木)
 チューリヒにて友人と会う
 ルチェルンへ半日トリップ
 
・チューリヒ近郊の友人宅宿泊(本当スイスは物価が高くて・・・この日程は1万超えしか宿がなかったのでありがたすぎた。)

■6日(金)
 チューリヒ⇒ザイツブルク⇔リヒテンシュタイン市街観光(1H弱くらい);午前中
 ザイツブルク⇒マイエンフェルト(ハイジの故郷っていうメルヘンな街、ここは欠かせない!!);午後

・ザイツブルクコインロッカー利用
・マイエンフェルト泊( CHF 39、5000円強、シングルルーム)
 
※チューリッヒ中央駅とクールを結ぶ幹線にあるザルガンス(Sargans)からリヒテンシュタイン・バス11番がファドゥーツ、シャーンの市街地を通り再びスイス領内のブックス(Buchs)まで運行。ザルガンス駅からファドゥーツ中心部までは約30分程度。

■7日(土)
マイエンフェルト~クール
クール~サンモリッツ~ティラノ(ベルニナ急行という世界遺産電車!追加料金3000円くらい);昼頃着、ティラノ観光後
~ヴェネチア(ミラノ経由3Hくらい)

・Venice泊(未定)
■8日(日)
Veniceのカーニバル(2月7日~なのでベストタイミング??)

・Venice泊(未定)

■9日(月)
午前中Venice観光
午後ミラノへ

・ミラノ泊(未定)

■10日(火)
 ミラノ
 ミラノは友人と会う、ロンドンのときのルームメイトだから楽しみなのです。
 最後の晩餐をみるには予約がいるので日程確定次第予約しようかと。

・ミラノ泊(未定)

■11日(水)
 ミラノ⇒ジェノヴァ(約2H)
・ジェノヴァYH泊

■12日(木)
 ジェノヴァ⇔チンクエッテレ(世界遺産)

 ジェノヴァ⇒ニース(3H)

・ニースYH泊

■13日(金)
 モナコ、エズ(世界遺産)観光
 ニースのカーニバルオープニング(無料)20:30(ニースのカーニバル13日~)

・ニースYH泊

■14日(土)
 ニース;花のパレード14:30 、 21:00光のパレード(チケット必要)
 マントン:14時から(チケットはマントンの観光案内所;マントンレモン祭り14日~)

・ex.ニース⇒マントン
ヴァンティミリア行きで Menton駅下車 各駅停車 9駅(35分)、 急行 2駅(25分)

・バス(1ユーロ)からの車窓が美しいらしい
Rapides Cote d'Azur (RCA)社の各駅停車 100番バス
行きはバス帰りは電車?
・ニースYH泊


■15日(日)
朝 ニース⇒マルセイユ、アヴィニョン、アルル(世界遺産)など


アヴィニョン泊(長旅の疲れを癒すべくラストはシングルルーム5000円ほど)

■16日(月)
 アヴィニョン⇒パリ(TGVで3H弱)
 半日観光、18:55発の飛行機にて帰国。
 
 大阪伊丹に翌日着。



イタリア入り以降は移動も失速気味です。
まぁどこかでルート変更の必要が出たときに調整が効くように、ですね。
ミラノでは友人(働いている)の予定もあると思うのでちょっと保留、暇になったら周辺のクレマやクレモナ、あるいはボローニャとかまで足を延ばしていいかも。

ドイツ、(オーストリア;1駅だけw)、スイス、ルクセンブルク、イタリア、フランス、モナコ公国
7か国をめぐる超欲張りルートww
だいぶ詐欺が入ってますが。

もっと時間があれば
ほぼイタリアなサンマリノ共和国やバチカンも足せるなーw

これEUがなかったら入国審査だけで死にそう。
スタンプはいっぱいもらえそうですが。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







旅程を組むのは楽しいけど、すっごく時間かかります。
これを作るのに徹夜しちゃいましたよ・・・。

電車系は大体ネットで時刻表が調べられて便利ですが、お祭りのスケジュールだとか詳細情報が全然出てこない・・・
特にマントンのレモン祭り。もう少し調べてもわからなかったら宿泊先に問い合わせてみようか。
[ 2015/01/22 09:24 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

★中欧旅行記・6日目③美術史博物館ハンパないっ★

2013-04-03 0908 (33)_R_R
前回に引き続き美術史博物館。


2013-04-03 0908 (47)_R_R     2013-04-03 0908 (53)_R_R
観光にも疲れてきたので
まずこのCaféで一休み。最高ですよ( ✧Д✧) カッ!
欲張るとホールの内側の席に座りたかった・・・。すっごく混んでたから運みたいなものですが。

ウインナーシュニッツィルにグヤージュなどオーストリア料理をチョイス。

2013-04-03 0908 (51)_R_R     2013-04-03 0908 (52)_R_R


kafe.jpg
こちらは借物なのです・・・
http://blog.livedoor.jp/buschiba/archives/52215259.html






2013-04-03 0908 (45)_R
これが見たかった!
美術館が一般公開される1年前(1890年)にグスタフ・クリムトが弟のエルンストや友人のアーティストと描いたものです。美術館の特徴である古代エジプトから18世紀後期に至る多種多様なコレクション内容を象徴的に描写しています。まだ若かったクリムトが独自のスタイルを確立する様子がうかがえる作品になっています。
とのこと。
見えにくいですが柱の奥の壁がクリムトイズム満載ですね。

2013-04-03 0908 (46)_R
そりゃあゆっくり見れたら幸せですが、やはり時間との戦いでもあります。
友人がすごく役立つガイドを持っていたので写メ写メ!

2013-04-03 0908 (58)_R
たしかルーベンス。メデューサっていうより小学校の怪談にでも出てきそうなベートーベンに見える。

2013-04-03 0908 (54)_R
ブリューゲルの農民の結婚式を模写する人、と本物・・・これってすごいことだよな。
ルーブルなんかにも絵を描く人結構いました。

あと不思議だったのが油絵?に見えるんですけどこういう書き方をするものかしら。乾くのに時間がかかるからもっと全体的に塗っていくのじゃないかなーと思うんですが、どうなんでしょう。

2013-04-03 0908 (56)_R
同じくブリューゲルバベルの塔。右側は、謝肉祭と四旬節の喧嘩
農民の踊りか子供の遊戯とこの日は勘違いしてた気がする。世界史でやったーって思ってた気が・・・

2013-04-03 0908 (55)_R
やっぱり有名な絵なので、もう一枚。

2013-04-03 0908 (69)_R_R
ルイ16世、だったはず。


2013-04-03 0908 (70)_R_R     2013-04-03 0908 (71)_R_R
かの有名な?ベラスケスのマルガリータ王女シリーズ


2013-04-03 0908 (72)_R_R     2013-04-03 0908 (73)_R_R
怖い絵なんて本でも有名になりましたよね。少なくともnittiはそれで知りました。




2013-04-03 0908 (60)_R_R     2013-04-03 0908 (61)_R_R
ルドルフ2世のお気に入りだったジュゼッペ・アルチンボルト。一度見たら忘れられん絵を描く人。見てて飽きない。


2013-04-03 0908 (62)_R_R     2013-04-03 0908 (63)_R_R


2013-04-03 0908 (67)_R_R     2013-04-03 0908 (68)_R_R
さて主役級出てきましたね!ラファエロの牧場の聖母、ルブランのマリーアントワネット

2013-04-03 0908 (57)_R_R     2013-04-03 0908 (59)_R_R
レンブラント。。。多分、、、の自画像、
右側は分からん!
頑張って調べたらモレット・ダ・ブレシア 「一角獣を連れた聖ユスティナと寄贈者」 と判明。。。


2013-04-03 0908 (64)_R_R     2013-04-03 0908 (65)_R_R
このベルナルディーノ・ルイーニは初めて知ったけどすごく好きな絵だなと。。
左側はサロメかな。
右側の作品がすごく好きで、たぶん同じ人だと思うんだけど自信はないのです。実物の柔らかさというか、繊細な表情が本当に素敵で見入ってしまいました。

なんかダヴィンチみたいな絵柄やんなー。

いかんせん2年近くも前の話だからいろいろ覚えていなくてぐだぐだだけれど・・・。と言い訳させてください。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







[ 2015/01/22 08:12 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(0)