★加速度的な情報化に疲れたときに・・・★

medium_2313082920.jpg

photo credit: tsevis via photopin cc

インターネットの発達とともに普通の人でも凄まじい量の情報を得ることができるようになった現在
求められているのは情報を取捨選択する能力だと思う

私が小学生だった頃、家にインターネットが開通した。まだダイアルアップ接続の頃で、つなげば電話は使えなくなるし、もちろんすごく通信料がかかるから一瞬つないでは切る、亦新しいページを開いては切るということを繰り返しながらのネットサーフィンだった。
もちろん子供だけで触ることは許されていなかった。

そんな子供時代、本や雑誌、コミックはそれこそ最後についている宣伝ページまで一文字も漏らすまいと読んでいたし、お風呂に入るときはシャンプーや入浴剤、母の化粧品の裏面まで舐めるように読んだ。
きれいな包装紙に雑誌の写真は捨てられず切り抜きスクラップした。本はなかなか捨てることができなかった。

インターネットの発達だけではなく、年齢に伴って使えるお金や触れられる情報が増えたこともあるのだろうけれど、小学生の頃のような活字や情報に対する飢えがなくなり、そこら中に溢れるものとして見なすようになった。TumblrやFlipboard、各種タイムラインに流れてくる写真を見るにつけ、こんなにもセンスのいい写真が無料で垂れ流されているのかと思うとびっくりする。
さらにいうとよっぽどのことがないと保存しようという気にすらならないのだ。
保存してもおそらく見返すことはほとんどないだろうし、また見たいと思えば検索すれば同様のものか、それ以上に魅力的な写真がまた見つかるからだ。ちょっとした細部が気に入って長年捨てられなかった雑誌の切り抜き達とは大違いだ。

分からないと思えばちょっとググるだけでいい、小説に出てきたジャックシェパードとはだれか、オリーブの首飾りとはどんな曲か、グレタ・ガルボはどんな顔をした女優なのか、はたまた引き合いに出された映画のワンシーンとはどんなものか・・・
蛍光灯はどんな仕組みで光るのか…
英語の勉強がしたいと思えば、無料で英語のニュースを視聴することも読むこともできる。
おそろしいほどに簡単に無料の情報が手に入る。
往年の活字中毒者達のエッセイを読むといかに、活字や情報を取り巻く状況が変わったのかを実感することができる。


現代の人間が一日に触れる情報が江戸時代の人間が一生に触れるのと同等な量だといわれて久しいが

指数関数的に進む情報化社会において、今では巧く換算すらできないのではなかろうか
下手するとここ2〜30年ですら大きな差が生まれているのではないだろうか

それだけの情報に溢れた社会では取捨選択こそ大切になってくる、重要でないと判断したら、目を通すまでもなく切り捨てる、そして有益な情報をいかに短時間で見つけ出すのかという事が求められている。
nittiもその流れは仕方ないことだと思うし、普段はいかに効率的な情報収集をするかとRSSやSMSやらをこまめに設定し直している。
でも最近ちょっと疲れてきた。

もういいじゃないかと

情報を追い求めるのではなく追いかけられている、そう感じることが多くなった。
読みたいと保存した記事に、目を通さねばならない(らしい)論文に、50をゆうに超える積読本に、見ようとチェックを入れた映画に


贅沢な悩みかもしれないけれど、本当ちょっと疲れた


いらない、全部捨ててしまおう、じゃないけれどそんな気分になってしまっているかもしらん


と落ちがないんですがもやもやとしたので書きなぐりました
情報と活字とネットとなんかいろんなものが一緒くたになっていますが、どうやら情報に振り回され気味の自分の日常に苛立っていたようです。


今日は書き溜めているタスクリストを一度全て消してみようと思います




ランキング参加してます
よかったらランクリおねがいします(*´∪`*)

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
[ 2013/01/23 07:21 ] デジタル・ライフハック | TB(0) | CM(0)

★真珠の耳飾りの少女に会ってきたーマウリッツハイス美術展★

過ぎ去りし1月6日、神戸市立博物館で開催最終日マウリッツハイス美術展に行ってきました。

フェルメールの真珠の首飾りの少女のアレです!

バイト夜勤明け、朝七時、やることはいっぱい残っていましたが、いま行かなかったらずっと後悔するかもしれんと疲弊しまくりの体にむち打ってなんとか、なんとか這ってきました。



結論!すごい人だったけどほんま行って良かった!
開場時間直後に行ったにもかかわらず、既に入場制限もかかり、入るのすら一苦労状態でしたが
係員さんの数も多く、展示会場もわりと広々、展示室内には一定数しか入らなかったので比較的ストレスなくたのしむことが出来ました。

また、入場待ち時間も博物館内をぐるぐるさせられたのですが、常設展?も割に楽しくて、ちょっと儲けた気分でした。


さて実際の展示作品の前に
マウリッツハイス美術館はオランダ・ハーグにある王立美術館。オランダ・フランドルの絵画の至宝という副題の通り、フェルメール、レンブラント、ヴァン・ダイクにルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)などの17世紀オランダを代表するが形の作品をたのしめます


o0445038012188196056_2.jpg
イタリア風の風景 ヤン・ポト
どの辺りがイタリア風、なんでしょうか?nittiには分かりませんでしたが、手前の木の葉の繊細さがきれいでしばし目が離せなくなっていました。

b0063958_12493648.jpg
ペントハイム城の眺望 ヤーコブ・ファン・ライスダール
ライスダールの絵画はもう言ってん展示されていましたが、このライスダールっぽくない感じが新鮮で魅力的でした∩(`・ω・´)∩ 巧くいえないんdすが画面のトーンとか空の広さとか


e784a1e9a18cf3282.jpg
式の聖から贈り物を受け取るケレスと、それを取り巻く果実の花輪 ヤン・ブリューゲル(父) ヘンドリック・ファン・バーレン
16C頃から、得意な部分をそれぞれが担当するという合作はよく見られるものでした。ブリューゲルは花の名手として名高かったブリューゲル、彼はルーベンス等とも合作を行っています。一つの画面に異なる個性ってのもなんか高まるものがありますね

20120816_17606.jpg
聖母被昇天(下絵) ペーテル・パウル・ルーベンス
アントワープ大聖堂に完成作品は展示されているそうです。フランダースの犬のイメージが強い!?ルーベンスですが、この絵(の完成品の方)のマリア様にネロは母親の姿を重ねていたのだとか

03-03_20130108053630.jpg
スザンナ レンブラント・ファン・レイン
nittiは今回この絵にじつは一番感動しました
画像じゃ分かりにくいのですが、びっくりするほど少女の姿が立体的なんです。何度もこれは浮き彫りにでもなってるんではないかと横から角度をつけて眺めてみましたがそんなこともなく。この不思議な感じはどこからくるんだ!!!!とガン見です(・ω・`p
右端の方に男性の横顔がひっそりと描かれているのも心憎い

03-04.jpg
ディアナとニンフたち ヨハネス・フェルメール
30数点しかないフェルメール作品を2点も同時に見られるとは、すごいですね!
周りに展示されていた他の作品に比べて“淡い”印象を受けました。
丁寧な陰影、色調。この作品だけ使っている画材が違うんじゃないかと思わせるような違いでした

03-08.jpg
真珠の耳飾りの少女 ヨハネス・フェルメール 
今回のメインともいいますか、かの有名な、ってヤツです。通り過ぎながらの鑑賞ということで、ゆっくり見れなかった部分もありますが、一目見れただけでも幸せです。青がきれい♡
真珠の耳飾りの少女でも青いターバンを巻いた少女でもどっちも正しい…っていうと言い方へんですが、ただしいそうです。(nittiは真珠の〜は映画の名前、ターバンが正式名称だと思ってました)

それにしてもフェルメールの描く女性ってでこっぱちだよね

b0063958_20524521.jpg
アンナ・ウェイクの肖像 アンソニー・ヴァン・ダイク
旦那さんであるペーテル・ステーフェンスの肖像と隣り合って展示されていました。が服の繊細な模様といい、表情といい、奥さんの方が気になって気になって・・・素材の感じまで伝わってくる服の描写は本当にすばらしかったです。

b0063958_2314416.jpg
ヴァニタスの静物 ピーテル・クラースゾーン
せっかくですので静物画も一枚。何とも不気味な感じですがそのリアルさに釘付けっす!!こんな感じの書斎に憧れます!?

20120711202322c3c.jpg
親に倣って子も歌う ヤン・ステーン
かなり大きめの絵で、教訓的というのかことわざを絵にしたような作品。自身やその子供達をモデルにして描かれているようだ。今回はヤン・ステーン絵画が多く見比べてみるのも面白かった。エルミタージュ展でもなにか見たような・・・忘れちゃいましたが(○ノω・`)b



最後に余談ですが
こんなポストカードを配っていたのでpostcrossingでオランダの方に送ってみようと思います
フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」に扮した武井 咲さん




ランキング参加してます
よかったらランクリおねがいします(*´∪`*)

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村



★牡蠣のお話★

medium_203427143(1).jpg
photo credit: Kent Wang via photopin cc


ノロウイルスがはやっていますが

数年前はノロ=カキというイメージだったように思います。



今年は特に流行っていてnittiの周りでも吸う人罹患していました…
牡蠣市場も今はわりと自粛ムードらしく??あまり市場にも出回っていないそうです

ハイターで根絶できるとか何とか
テレビでも言ってますよね
正確にはノロは外側に殻(エンベロープ)を持たないウイルスなので
殻を壊すのが主な作用のアルコール消毒などでは効果薄・・・
(全くないわけじゃないらしい)

ハイター(次亜塩素酸ナトリウム)がウイルスの細胞内の酵素反応の阻害、及び細胞内タンパク質の変性、拡散の不活性化などを起こすため効きます!

参考:有機化学美術館
http://blog.livedoor.jp/route408/archives/52075261.html

http://www.finesse.jp/02AQ/AQvsAlcohol_web.pdf




さて、
お寿司屋さん豆知識なのですが

生食用牡蠣と加熱調理用の牡蠣の違いをごぞんじでしょうか?



鮮度でしょうか?

いえいえ違います



とれた場所なんです
牡蠣のとれた場所の水質によって決まっているんですね(*^_^*)

値段もあまり変わらないですし
場合によっては加熱用のほうがふっくらして美味しいこともあるらしいので(大将談)
用途にあった牡蠣を楽しんでくださいね



ランキング参加してます
よかったらランクリおねがいします(*´∪`*)
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


★新年の抱負★

今日から大学が正式に始動です(*^_^*)

出遅れ感満載ですが2013年の抱負

お弁当を週に3日は作る・・・!です


なんか微妙に低い目標ですが、毎日作る!とかしちゃうと1日作らなくなっただけでヤル気が失せちゃいそうですし、目標を立てるときのコツは一度できなかったら達成失敗してしまうようなものではなくて、毎月~回はとか、余裕をもたせた目標にすることだとか

他にも英語がとか色々目標を建てたいのですがそれはまた個別の目標にしましょう。

というわけで、形から入るnittiは100円ショップのお弁当箱を放り投げて、


LuLaLa カフェ丼ランチボックス (オレンジ) PDN6LuLaLa カフェ丼ランチボックス (オレンジ) PDN6
()
スケーター

商品詳細を見る

こんなヤツを買ってみました
これじゃないけど・・・

普通のお弁当箱と違って丼ものやパスタ、ほか、麺類、汁物もカワイク??持っていけるという代物です。
サラダなんかを入れられる部分もありますのでお野菜もしっかり摂取ですな

これで好物いなばのタイカレー缶詰をつかったカレー弁当が実現できそう∩(`・ω・´)∩ ムフ
臭いきついかしら(*;´□`)ゞ

むしろ米と缶詰を持っていけよっていうね



毎日5品目とかつくるお弁当は楽しかったけど買い物とレパートリーとで続かなくてね〜(○ノω・`)b

今年は頑張りまする!

新年早々研究室の朝の集合時間が早く、なおかつ厳しいチェックになって深夜勤の身としては正直どうして良いやら困っております。がおー

しゃーなし、がんばります!


ランキング参加してます
よかったらランクリおねがいします(*´∪`*)

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


[ 2013/01/08 04:26 ] 料理・おうちカフェ | TB(0) | CM(0)

★数字リテラシーを高めるという目標★

medium_6849008278.jpg

photo credit: tj.blackwell via photopin cc

頭のいい人とは何かを考えてみた
正確にはnittiの憧れる頭の良い人


nittiが思うに、その能力の1つに、数字に関しての勘のよさっていうものがあるのではないかなと思っている。



例えば

14世紀には黒死病(ペスト)で8000万人もの人が亡くなったとされています。

という一文に対して
ああ、たくさんの人が昔死んだのだな、というのが定性的な理解

14世紀と言えば日本なら1334(いざみよ建武の新政だから)鎌倉〜室町時代、モンゴル(元)にオスマン帝国、神聖ローマ帝国の時代かぁ…
そして8000万人といえば今の日本の人口が1億2千万だからすごい数なんだな…
なんていった感じで定量的な理解を出来る人のことだ


もちろんこういった事を考えるためには基礎となる知識がいる
が、基準となるものさしを自分の中に作ってしまえば、あとは普段の生活でちょっと数字に敏感になるだけでどんどん数に対して理解が深まる


もう少し例を挙げると

100万人と聞いたとき1000万人と聞いたとき、どちらも大きな数字だなぁ…で思考を止めてはいけない
東京都の人口がだいたい1300万人、佐賀県の人口でだいたい85万人…
(nittiの出身は佐賀県なのでイメージしやすいのん)


少しイメージがついたのではないだろうか


なにも全部暗記しろというのではなく、自分で覚えやすい基準をいくつか知っておいて、
それぞれ新しく出会った数字に対して大きさや小ささを一度イメージをする、覚える必要は全くない。
しかし一度イメージを行うことによって、その大きさ/小ささはもう漠然としたものではなくなっているはずだ。

誰しも
120mと言われれば、100メートル走のトラックを思い出し、それより少し長いくらいかなと考えたり
10kgといわれたらお米一袋くらいかなとイメージしたりしたことがあるだろう

それを少し拡張して数字リテラシーを高めてみようという提案なのでする。



その手助けとなりそうなものさしをnitti自身のためにも作ってみて、今後シリーズ記事にしてみようと思います。



ランキング参加してます
よかったらランクリおねがいします(*´∪`*)
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村


★フレア・バーテンダーかっこよすぎて目が離せない★

medium_2509529246.jpg

photo credit: gcoldironjr2003 via photopin cc


もうすぐあったんだかなんなんだかわからない冬休みが終わってしまいますね。

バーテンダーという漫画を大人買いしたのでちょびちょび読んでます。
ただ、カクテル辞典やお酒辞典みるよりやっぱ頭に入りますね・・・効率は悪いですが楽しいです


さて、漫画もいいですがトム・クルーズ主演のCooktail【カクテル】という映画をごぞんじですか?


フレア・バーテンダーを広く紹介した映画として知られています。
フレア・バーテンダーというのはアクロバティックな動きでお客さんを楽しませながらお酒を作るバーテンダーのことなんですが、こんな適当に作ってお酒の味は大丈夫なんだろうか…wと思いつつもわくわくさせられます。
どちらかというとお酒の勉強よりジャグリングの練習をしたほうがなれそうっていう感じ


映画自体は一般にはあまり評価の高いものではないけれど、アクロバティックなお酒造りシーンを楽しむには良かったです。


カクテル [DVD]カクテル [DVD]
(2006/04/19)
トム・クルーズ、ブライアン・ブラウン 他

商品詳細を見る


さてかなり練習したというだけあってトム・クルーズとブライアン・ブラウンのバーテンダー姿はカッコイイ!!!
ですが、趣味と実用を兼ねたバーテンダー動画めぐりで見つけた、nittiおすすめの世界最高のフレア・バーテンダー動画をご紹介したいと思います




このかたのパフォーマンスマジでカッコイイ!!!!!
必見です!!

モヒートの作り方が習ったのと違うけど、クラブとかで出すドリンクだと違うのかな??

シェイカーをくるくるってやる奴私もできるようになりたいなぁwww
ペン回しレベルで苦戦するnittiにはムリか(´・ω・`)


やっぱり、テクニックもだけどエンターテイナーは余裕って大事だよね(^^ゞ





ランキング参加してます
よかったらランクリおねがいします(*´∪`*)
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村






[ 2013/01/05 23:28 ] お酒・バー | TB(0) | CM(0)

★新年のごあいさつ★

新年あけましておめでとうございます




年末からお寿司屋さんでは恒例行事、おせちづくり(詰めたり数合わせしたりってだけだけど)でバタバタ

一人正月を過ごすnittiを気遣って下さった常連さんご夫婦(さらにそのお友達まで!!さらにペット7匹w)と一緒になんだかわいわいした年越し、深夜の初詣、元旦ディナーを過ごさせていただきました

年賀状はばあちゃんからしか来ませんでしたが、いいですnitti幸せです(*^_^*)

新年は新年でお正月ラッシュと戦って来ました!

今日から他の子にバトンタッチなので一安心というところです★


実験するぞ~!
今夜中3時だけど実験してるぞ~
卒論の馬鹿やろぉぉおお(´・ω・`)




ことしもぐだぐだやってます
どうぞなにとぞどうぞよろしくお願いいたします(^^ゞ
[ 2013/01/05 03:28 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)