★石垣の海でシュノーケリングしてみたよ★

08500004_20161119223415f87.jpg



シュノーケリングツアーに参加してみました。
ウェットスーツを着て、シュノーケリングセットをかりて、珊瑚礁の綺麗なオススメスポットまで船で連れて行ってもらうというもの。簡単なレクチャーもしてくれました。全部混み混みで6000円くらいだったかしら。





08500001_20161119223416122.jpg

本格的なシュノーケリングはやったことがなくて、海には行って広がった世界にびっくり!
海ってこんなに美しいものだったの・・・??????
水深も結構あるところで放り出されたので、ウェットスーツを着ているとは言え、怖い人は怖いかも。

nittiは自分で言うのも何ですが、泳ぎにはかなり?自信があるので恐怖はなかったですが、水の中とは言え地面が遠い〜ってのはなかなかびっくりしました。

あとウェットスーツってすごく浮くんですね。素材も競泳水着のようなものをイメージしていたけれど、
どちらかというと薄いビート板に近いかも?


以前マレーシアでシュノーケルセットだけをかりてのシュノーケリング(海岸付近で)をやったことがあったのですが、
とにかく、シュノーケル邪魔、素潜りのほうがいい・・・というくらい良い印象がなかったのですね。

シュノーケルセットだと水面にぷかぷか浮いていないと、鼻や口に水が入ってしまって、えらいめに。
あと波や泳ぎ方によっては、同じように水が上から入ってきちゃいます。


確かにシュノーケルなしで泳ぎ回り回るのも気持ちがいいけれど、
これだけたくさんの魚がいれば、じっくり海のうえから眺めるのもなかなか楽しかったです。

でもやっぱり、もっと近づきたいと、何度かシュノーケルを外して潜ってみたりしてみました。
うーんダイビングしてみたい欲求がふつふつと。冬のボーナスでライセンスとろうかしら・・・


08500009_20161119223417b83.jpg

泳ぐ魚たちにも興味が湧いてきますね。
鮮やかで綺麗な魚たち。コレはこんな種類でといろいろ覚えていきたいなぁ(ㅎωㅎ*)


08500006_201611192234173d9.jpg


水族館ですらみたことがないような
半分だけ虎柄の魚。結構いっぱいいました★


08500012_201611192234189d8.jpg







08500020_201611192234561d7.jpg

そしてニモ!
クマノミです。奥にある白いイソギンチャクが巣のようで、
大きいお父さん?が人間が近付くと、警戒しているのか、興味があるのか寄ってきます。

絵本でみたのは本当だったのかと感動しましたねヾ(*´∀`)ノ

08500021_2016111922345742a.jpg



08500023_201611192234592ce.jpg

カップルかしら?






今回の沖縄旅行、ほとんど準備をしておらず防水カメラなんて考えてもいませんでした。
現地について、同行者共々このカメラを買って水中撮影に臨んだのですが、やっぱりぶれちゃって李して難しいですね。
ズーム機能なんかもないですし。

カメラ本体の代金に加えて、現像代と現像データーを電子化するオプションサービスと合わせて5000円くらいかかったかも(^_^;)
知らないうちに、電子化サービスなんてものもあるのかと驚きましたが、結構高かったなぁ・・・。
GoProもどきの安物なら5000円くらいから水中カメラあるようなので、次回はそういうのを試してみようと思います。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






[ 2016/11/19 23:33 ] 国内旅行 沖縄 | TB(0) | CM(0)

★石垣島に行ってきたよー⑥素晴しい天候に恵まれた星空編★

IMG_5733_201610151828263d7.jpg
このときばかりは、足も頑張ってネイルしましたよーw


1日ツアー、びっしりな内容で、年若いわたしたちですら?結構疲れてしまいました。
バスや船で運んでもらってばっかりであんまり自分では動いていないのですがねw

この日の夜も、さらに星空観察ツアーというやつが予定されておりまして、一旦ホテルに戻って、おフロに入りたい人、ただただ疲れて寝たい人、nittiみたく街の散策が足りず遊びたい人とで別れて個別行動してみました。

IMG_5738.jpg
nittiはお土産物やめぐりで、ふーらふら、です(ㅎωㅎ*)

土産物やさんでは、やはり食べ物が魅力的。どれも美味しそうで、ついつい財布のひもが緩んでしまいます。
あとはオリオンビール関連グッズがデザインも良く、とっても欲しくなってしまいました(○´∀`)ノ
タオルやTシャツ、どれも素敵なのですが、ちょっと高くって、購入を断念・・・・


IMG_5737.jpg


離島のフェリーターミナルなどでは、作家さんのつくった絵はがきやエコバッグ、などなどの作品が販売されており、それがまたセンスがいいのです。石垣本島では見かけなかったので、いいなと思ったら購入しておくのがお勧めです(。・ω・。)


tour_tingara_03.jpg
http://www.hirata-group.co.jp/article/tingara

てぃんがーらクルーズという船から星空をみるツアー(これもまたHISのツアーに入っていたのです)に参加しました。

ティンガーラとは沖縄の方言で「天の川」
船を一艘貸し切り、街の光の届かない沖合まで出て、ガイドさんの説明のもと星空を観察します。ついでにビール等のアルコールもたくさん準備してあり飲み放題です♥
落っこちても困るので(あと他の人があんまり飲まないので)1本で我慢しました( ̄▽ ̄;)


このガイドさんの解説がなかなか勉強になりまして、レーザーポインターで場所を標してくれるので、名前だけ知っているような星座もエピソードとともに教えて頂け、面白かったですね。

実際の夜空をレーザーポインターで示せるとはびっくりしました( ̄▽ ̄;)


台風が接近したりで、前後は天候が優れなかったのですが、
この日は雲一つないいいお天気でした。
ガイドさんもこんなにきれいな空は久しぶり、と仰るほどの・・・。
最近nitti晴れ女説が出ておりますヾ(*´∀`)ノ


天の川もほぼ全部が見えて、大満足。
本当にに帯のようにたなびいて、煙か雲かしらと誤解するほどにはっきりと光っておりました。

生まれて初めて、流れ星が流れるところも見れちゃいました。
(1時間程度のクルーズ中、何回か流れたらしく、参加者のほとんどが見ることができたみたい・・・!)


ガイドさんが教えてくれなくては分からないところですが、星座を構成する1等星や2等星たちより、鈍い光をはなっていた土星や火星(恒星ではないため光が弱い)も見れちゃいました(・∀・)


石垣島は、天文学者が選ぶ、星空が最も美しい場所第1位に選ばれたんだそうです。日本上空を流れるジェット気流のルートから外れていて、星の輝きがひときわ美しく見られるのも理由の一つだとか。
また、緯度が10度ほど違うため、本州では見られない星が見られ、全88星座のうち84星座が見えるのだそう。


毎回星空見るたびに言っていますが、カメラの技術を何とかしたいです(@_@;)


てぃんがーらクルーズ:オススメ度★★★☆☆
天候による満足度の差と正規料金5000円を鑑みての点数です
nititとしては★5つ大満足でした(○´∀`)ノ
他にも浜辺でみるツアーや、展望台でみるものなど、いろいろのツアーがあるので比べてみると良いかも知れません。








最後にグルメ編振り返り。

石垣島8

ホテルミヤヒラの朝ご飯。バイキング形式で沖縄料理がたくさん。
沖縄料理って、沖縄居酒屋なんかにいかないとなかなか食べられないですよね。わざわざ好んで行かないこともあり、食べる機会が少なかったのですが、美味しい!
じーまみーどうふというピーナッツで作ったお豆腐がツボでした。
コンビーフ的なものがあったのはアメリカ文化の影響かしら?
ホテルミヤヒラの朝食:オススメ度★★★★★

石垣島9

ソーキそばと石垣牛どちらも食べたくなったので注文した石垣牛そば定食。1380円。
モツも結構な量、入っており癖が強く好き嫌いはあるかも知れません。ボリュームたっぷりでした。

がんじゅうおばぁの台所 ゆらてぃく:オススメ度★★★☆☆


石垣島7
7〜8時の晩ご飯ピークの時間、適当に覗いたお店は2軒続けていっぱいでした。
このお店、サバニ船はお客はたくさん入っていたようですが、なんとか入れまして、注文が出てくるのも割合に早かったように思います。この海鮮ちらし、石垣牛のにぎり、どちらも絶品に美味しかったですよ
沖縄に海鮮のイメージはあまりなかったのですが、どれも値段に対して美味しい(*´∪`*)

海鮮居酒屋 サバニ船:オススメ度★★★☆☆
[ 2016/10/18 22:55 ] 国内旅行 沖縄 | TB(0) | CM(0)

★石垣島に行ってきたよー⑤竹富島編★

IMG_5692.jpg 

つづいて、竹富島へ。すごい勢いで巡っていますね( ̄▽ ̄;)www
水牛車は竹富で乗るものだと思っていましたが、由布でのりましたので、今回は見るだけです。
すごい人数乗ってますよねー(ㅎωㅎ*) 水牛さんお花なんかつけてらっしゃいますが力持ちです。






 IMG_5663.jpg
竹富島では、星の砂がとれるという星砂の浜「カイジ浜」へ。
nittiのあたまのなかであごが長い人のイメージがつきまとうのですが。。。



IMG_5664.jpg

星の砂の撮り方を教えてもらいます。岩がごつごつしているあたりで、掌を岩に押しつけ、より分けていきます。


IMG_5668_20161015182559bcb.jpg

ありましたよ!星の砂!
原生生物である有孔虫の中の星っぽい殻をもつやつの死骸だそうです。

砂ごと持って帰るのは禁止で、星の砂だけ持ち帰るようにとのことでした。
屋台では星の砂のより分けをしつつ販売している方おりました(ㅎωㅎ*)


IMG_5718.jpg 

竹富の集落の中をバスの運転手さんに連れられながらかるーく観光です。
自由時間は10分程度ですし、(迷子になるからって)歩いていい道も指定されちゃったりして、
自由に歩き回りたいnittiさんとしてはちょっぴり不服でございます(ㅎωㅎ*)


IMG_5679_2016101518260388d.jpg

これはもうシーサー探しをして、心を落ち着けるしかありませんね。



IMG_5720_20161015182723ac3.jpg 
手前の石垣の上に乗っているのは十二支の置物らしいです。


IMG_5685.jpg

これまた味のあるシーサー。
昔は瓦職人さんが余った材料で作ってくれたのが始まりなんだそうです。


IMG_5703.jpg 




IMG_5692.jpg







IMG_5702.jpg

木彫り?シーサーというよりは般若の面のようです。



IMG_5706_20161015182700626.jpg

なごみの塔というここが、島で一番高い場所なのですが、老朽化のためあいにくの立ち入り禁止で、途中までしか上がれなくなっていました。たいして高い建造物でもないのですが、やはり上から眺めると集落の様子がよく見えます。

IMG_5710_20161015182705c5c.jpg


どの家も赤瓦でふかれた伝統的な作り。沖縄(石垣)の家は、近代的なコンクリート製のものであっても、全体的に低くひらべったい印象を受けました。
台風の影響なんでしょうか。(風を受ける面積が減りますからね)


IMG_5709.jpg









IMG_5714_20161015182717dd0.jpg
立て札によると白いシーサー、出そうです。
夜にこんなんが光っていたら、気絶する自信があります・・・





IMG_5718.jpg

集落の道には白い砂が撒かれています。
この白い砂は月の光を反射して、ハブが出ても分かるようになっている昔の人の知恵なのだそうです(ㅎωㅎ*)


IMG_5729.jpg




IMG_5722_20161015182801250.jpg
そういえば竹富島のガソリンスタンドの営業時間は13時から13時半の間なんだそうだ。
島の人しか入れに来ないからそれでもいいのだそうな。

(比較的大きな島)西表島でも車が三台続くと渋滞、石垣島でレンタカーした車の返却時の給油代は185円にしかならず、

車文化一つとっても全く状況が違うようです。


IMG_5725.jpg


竹富島、ゆったりしていて、どこを見ても絵になっていいところですね。
今回はゆっくりまわれなかったので、また訪れたい島でした。
しかし此島石垣島と近いことも有り、かなり観光客が多いようでしたので、
うまいとこ人が少ないタイミングで生きたいなーなんて。



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_5730_20161015182803f0e.jpg
[ 2016/10/17 07:34 ] 国内旅行 沖縄 | TB(0) | CM(0)

★石垣島に行ってきたよー④碧さが際立つ小浜島★

IMG_5608.jpg

青い海、白い砂、イエス、沖縄ーーーー!!!!

続いてえんやらこっことつれられていったのは、小浜島です。
小浜島は、朝ドラ「ちゅらさん」の舞台になった地としても有名で、大きなリゾートホテルがあるリゾートアイランドでした。

港に着いた瞬間、海の碧さ(青でなく碧って感じ!)に感動しました。ホント美しい。

nittiはちゅらさんを見ていなかったので、正直葛飾柴又の「寅さん」とごっちゃになっており、友人どもより大変に不興を買いました。美ら海のちゅらかー。

そういえば言語学や民俗学的に沖縄の方言はどういった扱いなのか気になるんですよね。外国語と思えるほどに分からない言語ではあるものの、文法はかわらず。そのうち調べてみたいものです。

IMG_5577.jpg 



IMG_5569.jpg

「はいむるぶし」というリゾートホテルでお昼ご飯を頂くことになっておりました。
はいむるぶしとは沖縄の方言で、南十字星の意味だそうですよ


IMG_5573.jpg

もちろんハンモックに座ってぶらぶら、やってみましたヾ(*´∀`)ノ
いーなー、南の島に住みたいなぁー
宿泊者用かもしれませんが、お昼ご飯だけとはいえ、客ですのでね(。・ω・。)


IMG_5572.jpg

お昼ご飯は伝統料理の膳でした、味は・・・普通?w


続いてまたもバスに揺られて、小浜島の町中の観光へ。
道中、ちゅらさんの舞台となった「こはぐら荘」や「シュガーロード」を車窓観光。

こはぐら荘は現在一般の方が住んでいるらしく(とはいえ、どこかの元町長さん?みたいな方らしいですが)観光はできないそうです。サトウキビの植わっているシュガーロードはどんどん牧草地へと変わっていっているそうです。
石垣牛の値段が上がり、そして実入りの少ないサトウキビは減っているのだそうです。





細崎(くばざき)という街のビーチへ、
このビーチの美しさは目を見張るほど、今まで見た中でも1,2を争う美しさ。
向かいの山の天気が少し残念ですが、それでも大変に美しい。

IMG_5585.jpg





IMG_5598.jpg

白くてさらさらの砂浜。ここに裸足で降り立てばどれだけ気持ちがいいでしょう。
バスツアーだったので、海に入ってはいけないっていわれちゃいました。(足くらいならよかったかも・・・?)


IMG_5599_201610151416188c8.jpg






IMG_5609.png 






IMG_5620_20161015141807c59.jpg











続いて小浜島の最高峰大岳(うふだき)の2番目に高い展望台へ連れて行ってもらいました。
途中まで車で行ってそこからは階段です。




IMG_5631.jpg

トトロが出てきそうな道を抜けた先には・・・


IMG_5644.png 

期待どおり、美しい景色が広がっていましたヾ(*´∀`)ノ


IMG_5636.jpg






IMG_5642.jpg

奥に見えているのは、リゾートホテルの跡地。
今は分譲して売られているのだそうです。




IMG_5654.jpg




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_5658.jpg


KBG48、笑顔にして頂きました(○´∀`)ノ

[ 2016/10/16 07:13 ] 国内旅行 沖縄 | TB(0) | CM(0)

★石垣島に行ってきたよ〜③ゆっくり!?由布島★

IMG_5461_201610101404500b5.jpg



マングローブクルーズを終えた後は、由布島へ向かいます。
っていいましても、バスで島の北東部へ向かいそこから水牛で渡るわけです!!!



IMG_5455.jpg

ちなみに、由布島の渡し場まで載せて行ってくれたバスの運転手さん、若い方で、「独り言だと思ってくださいねー」なんてゆるーいかんじなのですが、とにかくトークが面白かったw



IMG_5477.jpg






IMG_5462.jpg

水牛、おおきいですね。
水牛車には十数人もの人がのっており、えっちらおっちら運んでくれます、が、朝から晩までひたすらに重い荷物を背負って
なんとも因果な生き物ですね。
もともと農耕用として台湾から伝わってきたらしく、ちょっとくらい人を運ぶくらいヘーキなのかしらね?


IMG_5469.jpg


水牛使いのおじいさんが三線をひいてくれました。

どうやら、弾いてうたうところまでがワンセットになっているらしく、「わし苦手なんやけどなー」といいつつも
伝統の曲をやってくれました。
たしかに苦手っぽかったです・・・合いの手いれずに(入れ方が分からず)スミマセン(>_<)



IMG_5529.jpg




IMG_5471.jpg

由布島の水牛はすべて台湾からきた大五郎と花子から生まれた子孫たち。
おすぎとぴーこという水牛も子孫を残しておりました。
由布島内は植物園のようなものになっており、しばらく散策の自由時間を頂けました。
ここなら迷子になってスケジュールを乱すこともありませんねw



到着早々、ハワイでもらえそうな花輪(レイ)をかけられ、記念撮影コーナーへ!
作業のように全員写真を撮られるのですが、案外上手に取ってくれ、うっかり購入してしまいました。



IMG_5475.jpg
だまし討ちのように檻に噛みついてくる、危険なオウム。

動画も取ったのですが、とにかく攻撃的なやつでした。うっかり指でも挟まれたら怪我じゃすまない気が・・・・・・

IMG_5497_20161010140555b05.jpg 


IMG_5495_20161010140511635.jpg

蝶々園もありました。






IMG_5521_201610101405535b9.jpg







IMG_5498_20161010140607bda.jpg





IMG_5518_201610101406221da.jpg





IMG_5536_20161010140552a4d.jpg 

近すぎるでしょう。
イチロー君というらしい(たしか)ですが、やけに後ろにひっついてくるのですwww危ない。

某自転車漫画のなんたらペダルじゃないですが、後ろに着くと楽らしいですよ?


IMG_5551.jpg 
 




IMG_5561_20161010140628030.jpg

由布島への入り口にもファンキーな像が。アメリカかなにかのアニメにコンナヤツいなかったっけ・・?
シュールな置物が多く、記念撮影スポットには事欠かないですよw


IMG_5517.png


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村










IMG_5559_20161010140826d81.jpg
行きよりは水位が上がっておりましたが、
このとき干潮でしたので、トラックや長靴で渡るおっちゃんの姿も。
そういえば電柱が立って電線も通っているのですねヾ(*´∀`)ノ




IMG_5555.jpg
[ 2016/10/14 23:08 ] 国内旅行 沖縄 | TB(0) | CM(0)

★石垣島に行ってきたよー②西表島のマングローブ★

IMG_5333.jpg

石垣旅行2日目はびっしりツアーで1日が埋まっておりました。HISのツアーでセットになっていたのですが、
石垣ドリーム観光という会社の西表島、由布島、浜名島、竹富島と4島も制覇してしまうという超欲張りプランだったのです。

確かに一日の密度はすごく、個人旅行じゃなかなかこうはいかないなというほどいろいろ巡ることができました(修学旅行みたいでしたが)。今回はまずいろいろな離島にいってお試しして、次は気に入った島をゆっくり巡ると思えばいいのかも。


IMG_5339.jpg


ちなみに止まっていたホテルは「ホテルミヤヒラ」というところだったのですが、島めぐりの拠点となる港まで徒歩1分!?というものすごーく便利な場所にあるのがすごいとこ。元々ツアーについている一番ベーシックなホテルだったので、クオリティには余り期待していませんでしたが、ロビーにはウェルカムドリンクのジュースや泡盛までもが用意してあったり、朝ご飯は沖縄料理満載で毎日楽しみになっちゃうほどに素晴らしかったり、部屋着が作務衣で動きやすかったり、お風呂用に便利なプラスチックのカゴが部屋に用意してあったり(コレがなかなか便利なんですよ・・・)と、期待以上でしたヾ(*´∀`)ノ

ホテルミヤヒラ:オススメ度★★★★☆(正規の料金がおすすめかどうかは・・・?)


IMG_5340_2016100521522488f.jpg

さんぴん茶ってなにか分かるでしょうか?
最初に飲んだときにすごくデジャヴを感じたのですが、カモミールか何かのハーブティーかしらん・・・とおもっていたら・・・


まさかのジャスミン茶でした。
至る所で売ってました。朝から安眠できてしまう。

yaeyama_05.jpg






IMG_5359.jpg


さて、4島めぐりツアーの一番最初は「西表島(いりおもてじま)」のマングローブクルーズからでした。
今回巡る4島の中では一番遠く、西側にありまして、かの有名なイリオモテヤマネコがいらっしゃる島ですね。


空から石垣島を眺めたとき、そして、船窓から眺めたとき、八重山諸島(石垣やら西表、与那国に・・・はては尖閣諸島まで!からなる諸島をそういうらしい、nittiも行くまで知りませんでした)全体的に真っ平らな、ちょっと波でもくれば沈むんじゃなかろうかというくらい海抜の低そうな島が多く思いました、が、この西表島はがっつりジャングルでした。

ヤマネコがすむんだからやっぱり山でないとね?

ちなみに、石垣島と西表島を除く島々のほとんどは珊瑚が隆起してできた島で大して標高も高くないのだとか。
今回の旅行の道連れは、高校社会で地理選択たちだったので、熱く語ってた気がします。
裾礁に、堡礁、そして環礁・・・知らないことはたくさんあるものですね・・・

高校社会は世界史だったnittiは国内ではさらに喋ることはありませんでした・・・




IMG_5370.jpg

西表島の仲間港という港に着くと、小さな船に乗り換え満員に乗客を乗せマングローブクルーズへ出発しました。
何よりすごいと思ったのが、お姉さん、一人で船を操縦し、ガイドをし、時にはドアを閉めに移動しと大忙しでした。


このお姉さんのみならず、途中の移動のバスの運転手さん方も、ゆるーい口調でガイドしはじめますし、基本1人2役はこなしている働き者さんばかりでした。


そういえば、マングローブという植物はないということ、しっていましたか??


nittiは知りませんでした。


淡水と海水が混じり合った「汽水域」に生える植物の「総称」なんだそうです。
熱帯夜亜熱帯地域の河口でみられ、日本では沖縄・鹿児島にしかないのだそうです。(鹿児島県種子島が世界最北のマングローブの生息域なんだとか!?)


まず、「総称」ということをしらなかったので、「えー、ボルネオで見たしー」くらいに思ってましたが、ちゃんと日本語で説明を聞くと大変勉強になりました、面白いですよマングローブ。


IMG_5369_201610052152394ec.jpg

このつんつんしたもの、赤ちゃんマングローブが生えてきているところかなぁと思えば、なんと、
隣に生えているマングローブの根っこなんだそうです(@_@;)
通気根というそうなんです。

ちなみに左側に見えているタコ足みたいなやつは支柱根というそうです。
沖縄だとヤエヤマヒルギにしかみられないらしいので、ヤエヤマヒルギでしょうw多分

面白い根っこがみられるというので、マングローブクルーズは干潮時がオススメなんだとか。
ただし川底が浅すぎると上流まで上がれずnittiたちみたく引き返すコトになるようで、どっちもメリットデメリットあるようです。


IMG_5351_20161005215225d07.jpg

ちょうど干潮の時間だったので、川の中に潟ができていました。



IMG_5371.jpg





IMG_5384.jpg

板根という根っこ。本当にうすっぺらくて板みたいなんです。昔は船の櫂にしていたとかなんだとか。
船といえば、ちょうどこの時台風が近づいてきておりまして、その影響から船を守るため近日中には船は全てマングローブの林の中の支流に停めておくのだそうです。

マングローブが防風林の役目を果たして、陸揚げしておくより安全なんだとか♪( ´▽`)

IMG_5386.jpg



IMG_5389_2016100521532715f.jpg





IMG_5390.jpg

ところどころ葉っぱが黄色くなっているのですが、枯れてきているのではありません。
汽水域という塩分濃度の高いところにあってもマングローブも別段塩分が好きってわけじゃないんですね。

一部の葉が犠牲になって塩分を溜め込み、黄色くなっているんだそうです。かじってみるとしょっぱいんだとか。


かじってみたいとチャンスをうかがっていましたが恵まれませんでした(^^;;

IMG_5391_20161005215330d6c.jpg

台風で倒れたのかなーと思いきや、他のマングローブなどを避け日照を得るためにわざと皮側へ倒れているのだとか。

IMG_5398.jpg

そして、生命のゆりかごとしての役割。


IMG_5426_2016100521534594e.jpg

マングローブ、不思議で興味深い植物です。


IMG_5430.jpg

ちなみにりんごくらいの大きさのシジミ。こんなのも取れちゃうらしいです。
なんということでしょう、そしてどんな味がするのかしら・・・?

大きなシジミは高級品ですが、これはどうなんでしょうね?


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







IMG_5442.jpg
[ 2016/10/10 13:04 ] 国内旅行 沖縄 | TB(0) | CM(0)

★秋になりかけだけど、石垣島に行ってきたよー①★

IMG_5314_20161003154836dcf.jpg


シルバーウィークの終わりかけを利用して、沖縄は石垣に行ってきました〜(。・ω・。)
nitti遊びすぎ説( ̄▽ ̄;)
ま、じ、でお金ない!!!


沖縄に行ったのは中学校の修学旅行以来、十数年ぶり?、数えたくありませんw
学生時代も何遍かは沖縄旅行の計画が首をもたげては、頓挫し、あるいは都合がつかず、なかなか縁のない場所でした。


せっかくいくなら本島よりは離島かな〜と石垣島を拠点に八重山諸島を巡るツアーに申し込みました。
HISのパックで2泊3日ANAの往復にホテル、さらには2日目の丸一日の離島めぐりツアーと夜のクルーズ付き78000円也〜という高いんだか安いんだか分からないコースで行ってきました。
(nittiを除く)皆さん忙しいので旅行計画を練る間もないということで、nittiの感覚では海外に行けちゃう価格帯ですな。沖縄たけぇ(^_^;)
ただ、さすがスーパー観光地、観光客の過ごしやすさに関してはひじょーにすばらしい、THE・観光地であります!


あと、一日連れ回される式のツアーに参加したのもほぼ初めての経験で、余りの効率の良さに目が白黒しました。修学旅行を思い出します。





さて、1日目は朝イチに関西空港を立って、昼前に石垣島へ到着の直行便でした、楽ちんですねヾ(*´∀`)ノ
全く無計画だったので、空港に着いてからレンタカー会社を探して右往左往。

アップレンタカーなるところが安くていい感じだったのでその場でお願いしてきて頂きました。
24時間5000円くらい、3人で借りれば安いですね★
空港お迎えOK、石垣の中心地返却OK、夜も8時まで返却OKと3点揃ってなかなか悪くない会社でした。(車体や営業所がちょっとぼろいですが)

UPレンタカー:オススメ度★★★☆☆(値段と使い勝手◎)

IMG_5278_2016100315481632a.jpg

ちなみにレンタカー会社の周辺には沖縄特有のお墓、亀甲墓(カーミナクーバカ)がありました。石垣島を含む八重山諸島で見かけたお墓のほとんどはこんな感じでした。



最近お墓の本を読んだのですが、それにもでてきていたお墓だったのでちょっぴり感動してしまいました。
この亀甲墓、旧暦のお正月には一族揃って宴会ができるようにお墓の前にスペースがあるのだそうです。
この本は旅好きには★5つの超オススメ本ですので是非に!




IMG_5283.jpg
お昼ご飯には島野菜カフェリハロウビーチに行きたかったのですが、アホほど混んでいたので、お隣のPUKAPUKAに
メインメニューを頼むとサラダやデザートのバイキング付きでした。
ちなみにちょっと野菜は乾燥してぱさぱさになっていましたw

IMG_5285_20161003154819695.jpg

ですが、味も眺めもなかなかではありましたよーヾ(*´∀`)ノ
PUKAPUKA:オススメ度★★★☆☆(眺望◎)


続いて向かったのは、ANAインターコンチネンタル石垣にあるマエサトビーチへ。宿泊客でなくとも無料で駐車でき、シャワーや更衣室も無料、泳ぐのも無料、と良い感じ。(ただし、ロッカーは200円、パラソルとチェアは有料でそれなりに高いです)グラスボートやシュノーケリングなどのアクティビティは終了しており、海水浴用のビーチでぱしゃぱしゃと。
蒼珊瑚で有名な白保の付近なので珊瑚礁や熱帯魚なども期待していたのですが、あいにくふつーのちょっと水の綺麗なビーチでした。

沖縄らしさはイマイチ!!
小さなお子様のいる家族連れなんかにはいいのかも。写真はそういえば撮っていません。


マエサトビーチ利用:★★☆☆☆(期待ほどでは・・・、ただロッカー200円とタオルレンタル(希望者のみ)300円しかかからなかったのは◎)


ちなみにこのときnittiはキューバ旅行でビーサンを捨てたまま購入できずにおりましたので、なんと革靴でビーチに行ったりしましたwww




しばらく海沿いでチャプチャプしたところで、日も陰り冷えてきたので海から上がってドライブに出発。
ちなみに運転手はヘッポコnittiでございます。


IMG_5290.jpg
向かったのは「エメラルドの海を見る展望台」カーナビでもこの名前で検索できたときは笑いました。


いし



IMG_5297.jpg
エメラルドかというと、お天気のせいもあってちょっと?でしたが、いい眺め。


IMG_5302.jpg
前方がちょうど市街地のほうです。
やっぱりnittiは知らない街に来ると高いところに行きたくなりますねーヾ(*´∀`)ノ

IMG_5304.jpg
空から石垣島を見たときは思ったよりも畑の多い開発された島だと感じたモノですが、バンナ公園内にあるこの展望台から見ると、なかなかにジャングル味あふれるワイルドさです。
赤瓦の屋根も、間近で見ると興味深い作りになっています。

エメラルドの海を見る展望台:オススメ度★★★★☆




IMG_5330_20161003154839841.jpg
続いて本記事の愛伽地?画像にも使いましたが、フサキビーチへドライブをば。サンセットで有名なビーチのようですが、行ってみるとアクティヴィティなども充実しているようで、結構良さそうでした。
泳がずに夕日見たり(海ぶどうたべたり)してただけですが楽しかった。

海ぶどうは、何を思ったか無性に食べたくなり500円分も海辺で食べてしまいました、今までの人生分くらい食べました。食べながらどうにも既視感が拭えなかったのですが、あれです、アイスプラント(塩味液体粒がついている野菜)の味がしました!!!




IMG_5322.jpg


フサキビーチ:オススメ度★★★★☆(泳いでないけど良さ気です)




この後石垣島天文台に行こうと考えていたのですが、残念ながら曇り空でしたので諦めました。残念。
車を返却して、夕ご飯を「島の美食や なかゆくい」なる居酒屋さんでいただきました。これまたnittiには珍しく?写真がないのですが、美味しかった!

リーズナブルな泡盛飲み比べにはじまる気の利いた酒肴、美味しい山海の幸
刺身と揚げ物、炒め物をたのんで一番最後に刺身が出てくる訳のわからなさを除いても、味はなかなか、沖縄料理をいっそう好きになれるお店だったと思います。

地元の人も多いようにも見えました。

それにしても刺身、旨かった・・・・。タイムサービス外の時間でも一人2000円ちょいとはこれいかに(お酒も飲んでるよ!)

島の美食や なかゆくい:オススメ度★★★★☆

今回から記載してみたオススメ度はnittiの独断と偏見によるモノで、ちょっと天気が違ったりすると容易に評価は変わるんではないかなってなものですので、悪しからず。




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






ちなみに車は翌朝返却予定だったのですが、展望台に行かなかったため、案外早く返却できました。
その際のガソリン代金はな、ん、と
189円!!


GSで笑い転げてしまいました・・・・w入れながら恥ずかしかったですしね。

せっかく車を借りたんだから、海水浴でなくって島一周ドライブをすべきだったかなぁー。
川平湾とか御神崎だとかいろいろと行ってみたいところありましたしねー。

[ 2016/10/03 17:17 ] 国内旅行 沖縄 | TB(0) | CM(0)