★松山編ー坂の上の雲ミュージアムー★

IMG_8565.jpg

坂の上の雲、司馬遼太郎の小説で、正岡子規と秋山好古、真之兄弟という3人の松山出身の人物を中心とした歴史小説なんですね。

nittiも読もうとは思っているんですが、まだ1巻読みかけている段階で・・・・・・w忘れたまま放置してましたwww
ちゃんと読もうと思います。

「坂の上の雲」という一つの作品をテーマに作られたミュージアムであるということ、日本を代表する建築家
でもある安藤忠雄の設計だってこと、これも興味を引かれる所以でもあります(。・ω・。)
ま、安藤さんの建築は安藤建築だなーと、他のと比べても一般人にはざっくりおんなじに見えちゃんですがねw

この建物は安藤氏のイメージする「坂の上の雲」を表現した空間なんだそうです。

今、ふと思ったのですが、建物そのものが3角形をしているんですね、

そのこと自体にも3人の登場人物と、その関係を表していたりとかするのかもしれません。


IMG_8578.jpg

これが、この建物も見所一続きの階段。

建築関係の方が訪れると皆さん不思議に思われるんだそうです。

確かに、どうなってるんだろう・・・!!

IMG_8580.jpg

メインの展示では、まったくないのですが、明治時代の小学校で使われていたお勉強用の掛図?が面白かったので一杯貼ります。

これ、なんて読むんでしょう、考えても分からなくって調べてみました。

「骨豊」は「体」の旧字なんだそうです。

んで「面の体図」と読むそうです。

IMG_8582.jpg

「線の度図」

IMG_8581.jpg

「乗算九九図」
二十は廿なんだな。

IMG_8583.jpg

「単語図」

イとヰ、イとヒ、ヰの違い

エとヱ、エとヘとヱの違いが実例を交えて紹介されているとは・・・・!

とはいえ、実例の漢字難しすぎでしょwww

たとえばだけど

櫂(カイ)で貝(カヒ)で鳥居(トリヰ)

なんですね。

ま、ヰの発音わからんのだけどね。



IMG_8585.jpg


同様に、顔はカホだし、竿はサヲなんですねー。



IMG_8588.jpg

これはドラマ版坂の上の雲の関連展示らしいですがよくわかんないです><

IMG_8589.jpg

実際に産経新聞に載ったときの記事を一覧に・・・すごいなー(@_@;)
圧巻ですね(・∀・)

ドラマ版「坂の上の雲」は非常に豪華なキャストで面白かったらしいと聞いてます。いづれ見てみようと・・・思います。いつに成やらって感じではありますが( ̄▽ ̄;)



お祭りをやっている時期だったので、車からちょうど御神輿が見れました、がw

IMG_8593.jpg

なんか皆さん、超厳ついんすけどwwww
運転してたのnittiだったんだけど、むっさびびってましたww


IMG_8597.jpg


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







[ 2015/10/03 23:46 ] 国内旅行 四国 | TB(0) | CM(2)

★道後温泉に行ってきたー松山★

IMG_8444-001.jpg 

愛媛を訪れるのは2回目、前回は大三島に友人の祖母宅があったので、ポルノグラフィティの聖地因島を訪れた折、泊めて頂きましたっけ。
松山に来るのは初めてです、松山と言えば漱石の「坊ちゃん」、坂の上の雲の舞台、そして千と千尋の神隠しのモデルの一つとも言われる、道後温泉ですね。個人的には道後温泉と草間彌生のコラボレーションの宝荘ホテルの見学、興味があったのですがなんと8月末日までだったのだそう・・・終わっていた・・・・・( ̄▽ ̄;)
001.jpg 


IMG_8466.jpg 

現在は「さくらん」の監督としても有名な蜷川実花とのコラボが行われているようで、現代アート招致、はやってのかしら。

ホテルに荷物を置いて早速町歩きに。
駅真ん前とはいえ、ホテルの駐車場は地下で、さらに回転台にエレベーターとかなり不思議な駐車方法。町は狭くコンパクトだけど、車がないとどうにもならない、そんな松山の土地事情を表しているような駐車方式でした。

IMG_8402.jpg

変な建物

IMG_8403.jpg
仙台四郎の置物、なんでしょうけど、なんだかずいぶん怖いんだけど。


IMG_8404.jpg
煉瓦造りに瓦屋根、そんなのが素敵にあるのがいいなー(・∀・)


IMG_8408_201509232157283c6.jpg

名物じゃこ天を食べます。
じゃこ天ってのは雑魚天というのが元もと。ちりめんじゃこではもちろんございません。
添加物は一切入ってないよーとのことで、普段練り物がお鍋で煮込むと膨らむの、あれは魚だけで作ってあれば絶対起こらないのだそう。確かにそうかもねー。
味は保存料が入らないってのもあるんだろうし、ちょっとしょっからいかな。

IMG_8411_20150923215731194.jpg

坂の上って程でもない場所なんだけど、「坂の上の雲」にあやかって。くすっときました。

IMG_8422.jpg

この地図すき(・∀・)

IMG_8424.jpg
東雲(しののめ)高等学校って格好いいいいいいい、なんかぶれてるけどかっこいいいいいい
私立の女子校らしいです。

IMG_8419_20150923215733f47.jpg

目抜き通りの夕方〜夜の雰囲気はすごく好きだなーヾ(*´∀`)ノ
翌朝歩いてみると全然雰囲気が違って、夜が一番素敵でした。



IMG_8429.jpg

だいかいどうでなく「おおかいどう」

IMG_8438.jpg 

ちょうどお祭りの日だったらしく、商店街には御神輿が一杯出ていました。見れてらっき!


IMG_8434.jpg 

坊ちゃん列車らしきものが店内に。
「コーヒー&ステーキ坊ちゃん」というそうです。中の列車はレプリカだとか。


IMG_8432.jpg

工事中??これ電線?に何が起こっているんでしょう。教えて電気の人!

IMG_8441_20150923221844af3.jpg

晩ご飯はここで食べました。旨かった!



ホテルに戻ってお風呂の準備をして道後温泉へ!
路面電車でも行くことができますが人数もいたのでタクでいきました。お昼に大街道のあたりから手に入れた地図(イラストっぽいやつ)だと歩けそうだったので歩き始めてたんですが、途中おかしいぞとなってグーグルマップでみて見て納得、縮尺がおかしかったwww
ということで、路面電車かタクシーをおすすめします。
IMG_8443_20150923221845e3c.jpg

ここが道後温泉本館。ホテルの宿泊に入浴券がついていました、が、
松山市内のホテルは人で一杯、ようやく予約が取れたところが、東急だったらしいのですが、
はてさて、これだけの人が、この道後温泉本館に集ったとしたら何が起こるのでしょう・・・w


中は、まさにいもあらい状態です。
余談ですが、今、「いもあらい」で変換したら「一口」ってでました、難読知名なんだそうです。

流しの所使うのでもどれだけ待ったことかwww
ちなみにホテルに着いていたのは「神の湯 階下」という大人410円の一番安いプラン。
霊の湯(たまのゆ)とかもっと高級版もあるらしく、そちらならもう少し混み具合はましだったかもなー・・・と思うのですがどうでしょ。


とにかく、観光客が多いときの道後温泉、要注意です!!!www


IMG_8445.jpg

蜷川さんとコラボ中。日本最古の温泉と言われる道後温泉。縄文時代、湯の湧くそばに人が集まり湯浴みをしたのだそう。
重要文化財のくせに攻めてますなw


IMG_8454_201509232218481de.jpg


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






IMG_8458_20150923221849d3f.jpg

坊ちゃんカラクリ時計が毎正時に動き出すのですが、これがなかなかよくできていて、ライトアップも美しいかなーと(。・ω・。)
夜のライトアップもいいかしらんと思うのです。


[ 2015/09/25 18:53 ] 国内旅行 四国 | TB(0) | CM(0)

★柳井港からフェリーで松山★

IMG_8291.jpg

先日ちょっと言っていた、どこに行くのかよく分かっていない旅行、行き先は松山でした。
nittiはてっきり広島あたりに行くんだと思っていたので、尾道がなんちゃらかんちゃらいっていたので広島のガイドブックを持っていたんですが、ただの重しでした。

ふたを開けてみると、柳井港という山口の港で家族と落ち合い、そのままフェリーで車ごと四国に渡るというものでした。
ということで大阪から新幹線で徳山(山口)まで行って在来線で柳井港にいきます。

IMG_8290.jpg 

ここは乗り換えの徳山の写真。
徳山は重化学工業で有名な町、徳山からなを取った化学企業トクヤマなんて会社もありますしね。
ちょっぴり工場マニアな側面(なんちゃってですが)もあるnittiには垂涎の地!圧巻のコンビナートかっこよすぎてテンションが上がりまくります。
徳山は新幹線とコンビナートが近いと言うことで、九州への帰省時に目にする機械も多いのですが、いつか夜景ツアーとか行ってみたいのです(ㅎωㅎ*)
http://www.machiai-tokuyama.com/scyt/index.html





ちょっと家を早めに出たこともあって、
柳井の町を観光してみることに。調べてみるとなかなかに面白そう、白壁の町並みが残る歴史のある町。

IMG_8298.jpg

なんと読むのか、れいとじ、れいと・・・れとろ!!!!と読めたときなんだかちょっと残念な気持ちに(。・ω・。)

IMG_8299.jpg

白壁の町並みが見えてきました。柳井港駅の手前(徳山側)の柳井駅から徒歩5分くらいです。


IMG_8302.jpg

か、かにが路上を横切る!!!とな!!!!

IMG_8305.jpg

ちょうど彼岸花の季節でした。
毒があることからも、なかなか不気味な伝説のあるこの花ですが、私には完成された造形だなーといつも感動してます。
一瞬で茎を伸ばし、一斉に咲いて、気づけば花は消えてその後に葉が出てくる、本当に不思議な花です。

ちなみに曼珠沙華という別名では「天上の花」という意味なんだとか。

IMG_8308.jpg
しばわんこかわいい★


IMG_8315.jpg  

細い白壁の路を通っていきます。この道は掛屋小路といわれたそうで、掛屋といわれる金融業を営んだ昇華があったからだそう。
しんとしずまっていて、というかこの町自体がしんとしていました。シルバーウィークなのに( ̄▽ ̄;)
そこがいいのだけどね!!!!


IMG_8322.jpg 
柳井の町のこのへんの町割りは室町時代に作られたものだそうで、それが今日まで続いており、商都柳井の基礎となったのだそうです。
道路下をくぐって北から南に流れる排水路がそのままの姿で残っているのは全国でもまれなんだそう。
最近水路とかこういうのが仕事なので、結構興味があったりします。


IMG_8325.jpg


またしてもカニ!!!!


IMG_8332.jpg

さながら回収後の姫路城のような白さ!
IMG_8335.jpg

髪結いどころ。残念ながら中は撤退後のようでした。

IMG_8336.jpg

この町に来てどこもかしこも金魚だらけで、金魚好きすぎだろ!と思っていたんですが、こんなお祭りやっているんですね。
長崎ランタンフェスティバルの金魚版みたいな?(適当)

やないの民芸品金魚提灯をつかったお祭りらしいのです。ちょっと行ってみたいですね〜ヾ(*´∀`)ノ




IMG_8337.jpg

重要文化財 国森家住宅(200円)
町を歩いてふらり訪問してみたのですが、現在もお住まいのご家族三型が丁寧に丁寧に解説くださいました。
びんづけ油やともし油を商っていたという国森家、商家ならではの盗難対策や火災対策が見所です。


IMG_8351.jpg 

泥棒よけということで、物置のようなふすまを開けるとせまい隠し階段があり上に上がれます。夜盗が押し入ったら、2階へあがり、扉につっかえ棒をするのだそうです。貴重品は二階に上げておくのだとか。

IMG_8346.jpg

2階でみると家の中の柱が、これです!
寺社仏閣じゃあるまいに!4本の主柱をたて、その上に井桁状にして柱を組んで重い屋根を支えるのだそう。

IMG_8347.jpg
火事が起きれば土蔵造りになっているのですべての鎧戸を閉め、すきまに味噌をぬって目張りしたのだとか。
ちなみに右上にあるところで、滑車を使って2階へ財産を運び上げていたとかとか。


他にも入り口部分の番頭さんがいる場所(そこで小僧さんたちが寝起きしていたとか)
梅に鶏という節目隠しの絵だとかいろいろ面白いお話をきけました。

とここで時間切れ、駅へ向かいます〜


IMG_8354.jpg

えきにあったこのオブジェは、金魚が首をつられているようだ。




IMG_8357.jpg

こんなところにも


IMG_8358.jpg

こんなところにも金魚。
フェリーに乗っていざ松山を目指します。

searoute_map.gif



IMG_8363.jpg

季候も良く外のテラス席でのんびりおしゃべりです。
静かな船内だとちょっと気が引けたのもありましたが、気持ち良かったな〜

IMG_8379.jpg

空が綺麗でした。

IMG_8371.jpg

碧い海の所も!


IMG_8387_20150923203513014.jpg

鳥みたいな雲

IMG_8391.jpg

船内は、けっこう綺麗で、フェリーにしてはちょっと高級感のある調度品でした。
そして驚いたのが2階に上がってみると、水は入っていないもののプールが!!!!
長いこと使っていない感じでしたが、もしかすると、このフェリーの元々のコンセプトは高級志向だったのかもしれません。


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






約2時間強の船旅の後、
松山の港に着きましたヾ(*´∀`)ノ

IMG_8396.jpg

[ 2015/09/24 20:28 ] 国内旅行 四国 | TB(0) | CM(1)

★松山城は確かに行って良かったお城でした★

松山城、行ってきましたん!

日本の100城の一つです〜なんて聞いてたんですが、
日本にある観光に適した城なんぞ100くらいしかないのではないかな〜とね(・∀・)

言ってみて思いました、ものすごい良かった!
現存12天守の1つで、人気のあるお城だったようです( ̄▽ ̄;)

なんか調べてみると、トリップアドバイザーの行って良かった日本のお城ランキング(2014)の2位らしいです(。・ω・。)
今年2015年は4位だそうです。

ちなみに両年とも1位は熊本城、これも妹がいてるんで熊本には縁があるんですがなかなか行く機会がなくって・・・これまたいずれ行きたいですね★


IMG_8468.jpg

わりかし山の上にあるので、歩きか、
あるいはロープーウェーとリフトとあったんですが、
リフト結構怖い・・・w
乗ってみるとそうでもないのですが、傍目に怖いですね(・∀・)
日に焼けそうです。



IMG_8495.jpg

高台からのぞむ市内。


IMG_8478.jpg

お城が見えてきました、青空に映えていて、ええですね。


IMG_8490.jpg
すごく横向きに生えた(育てられた?)木がありました。



IMG_8497.jpg

松山城の紋章って「葵の御紋」なんですね。なんで?って思って調べてみたら
松山城の築城に着手したのは西国大名の加藤嘉明なんですが、完成直前に会津藩に転封いなり、・・・・・・いろいおrあって、1784年に落雷で消失した後1854年に再建されました。
これが松山城大天守で、親藩(松平氏)が建築し、「丸に三つ葉葵」(通称葵の御紋)が付された城郭になったそうです。

kamon.gif
http://www.matsuyamajo.jp/matsuyamajo/point.html



IMG_8499.jpg
都市伝説ではなかった”蛇口からでるみかんジュース”
ネタだけども、ネタだけども・・・w

買ってみちゃいました(*´∪`*)



IMG_8500.jpg

何が面白いかって何にも面白くないんだけどさwww


IMG_8501.jpg



IMG_8507.jpg
なんか額縁みたいですね(。・ω・。)



IMG_8508.jpg



IMG_8511.jpg

地元の方が案内していたので、天守の方を見学するコースとは違いますが、ついて行ってみることに・・・
ここ降りていいの?みたいな感じの道ではあったんですが、ざくざくいくと・・・。


IMG_8521.jpg
乾門という所の先なんだそうですが、
春先は桜も綺麗で、ここにプロカメラマンが集って写真を撮るのだそうです。
穴場ですね、穴場!!!



IMG_8513.jpg
曼珠沙華が綺麗ですな。



IMG_8524.jpg
格好いいですねー!本当松山城はどこをとっても絵になります。



IMG_8534.jpg
松山城下の土地の区割りなんだそう。(町民もいるのかもしれないけど)これだけの臣下がいて、彼らの住む家を整備して、となんだか気が遠くなりそう。



IMG_8541.jpg

火事頭巾、らしいのですが、戦国マンガなんかでおんなんかぶってる人いたけども、(大概はミステリアスだったり敵側だったりりして)実在するとは・・・。なんか変な笑いがこみ上げてきました。
戦国BASARAにこんなのいませんでしたっけ?毛利??

IMG_8544.jpg
天守閣から眺める風景も必見。いつまでも見ていたいなー。



2015-09-20 08 




IMG_8550.jpg
スタッフの和装のお姉さんとお兄さんがいたのでついつい隠し撮りしちゃいました。一緒に写真撮ってといえないチキンですw
「坊ちゃん」も関係してか”大正浪漫風”なんですね。ロープーウェーなんかのチケット売り場でも男性も女性も袴姿、少し年配の方だとまた違う衣装(基準は分かりませんが)のようでした。制服は選択制なんでしょうか。


IMG_8552.jpg



IMG_8562.jpg

帰りのリフトはなんか混んでいるみたい。空いているときに見学できてよかったな(。・ω・。)
それにしてもいーいいお天気。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/09/05 17:42 ] 国内旅行 四国 | TB(0) | CM(0)