★中欧旅行記・6日目④皇帝家の眠るカプツィーナ―納骨堂★

カプツィーナー教会

2013-04-03 0908 (82)_R

今までの教会に比べると少し質素です、外観写真は残ってなかったのですが、外観も同様、地味w
ミサがちょうど始まったりもしました。
この教会、地下にあるハプスブルク皇帝家の墓所を見学できるのです。1633年以来、皇帝家の人々149人の棺が納められ、永眠の地となっているそうです。
お墓と思うとすこし写真を撮る手がとまります。まぁ撮りましたが・・・


ハプスブルク家には奇妙な風習があって
心臓はアウグスティーナ教会、
内臓はシュテファン寺院に、
そして残った部分?はこのカプツィーナー教会に埋葬されるのだそう。

死してなお鑑賞され、体はばらばら。なんだか心休まるのかしらとちょっぴり心配です。


2013-04-03 162934 (1)_R
こちらはマリアテレジアの父カール6世の棺、
ハプスブルク帝国の最大版図を築いた人で、名君であったマリアテレジアに皇帝位を託し、初めての女帝にした人、というのも印象的。
豪華で、そして、ガイコツが怖い。


2013-04-03 0908 (78)_R_R
皇后エリーザベト・クリスティーネの棺の一部。この方は先ほど登場したカール6世の妻で白き肌のリースルと呼ばれ愛された方のお墓、の一部。このベールの表現に感動して写真を撮りまくってしまいましたw


2013-04-03 0908 (77)_R
なんでこんなにガイコツつけるのかしら。

2013-04-03 0908 (79)_R


2013-04-03 0908 (76)_R
皇帝レオポルト1世の棺。

2013-04-03 0908 (80)_R_R
マリアテレジアと夫フランツ1世の二つで一つな棺の上の天井画です。
この下にはこの納骨堂内でももっとっ目立つお二人の大きな棺があるのですが、なんか写真ありませんでした・・・w

肝心なところが抜けている。



2013-04-03 0908 (81)_R
結構最近のお墓も。小さいですが1989年に亡くなられたそうで、お花がまだ手向けられていますね。

中には台だけあり、棺がない場所も・・・ご予約済みということかしら?
※現在も納骨の習慣は続いているそうですよ。

当時、(今もですが)お勉強不足でもっといろいろ知ってから向かえば面白かったのかなーなんて、いまさらちょっと後悔してました( ✧Д✧) !
皆様も行かれる際は少し、皇帝家人々を知ってから向かうといいかと。



全然関係ないですが、街中で見つけた日本っぽいショーウィンドー
2013-04-03 0908 (88)_R


2013-04-03 0908 (87)_R_R
大仏様が生首に・・・

西洋だと首だけ像とかってよく見ますものね。文化の違いってこわい。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







ちなみにちなみにnittiはこのカプツィーナー納骨堂のおどろおどろしい装飾をみて、漫画家星野桂さんの絵を思い出しました。
[ 2015/01/23 16:11 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(0)

★中欧旅行記・6日目③美術史博物館ハンパないっ★

2013-04-03 0908 (33)_R_R
前回に引き続き美術史博物館。


2013-04-03 0908 (47)_R_R     2013-04-03 0908 (53)_R_R
観光にも疲れてきたので
まずこのCaféで一休み。最高ですよ( ✧Д✧) カッ!
欲張るとホールの内側の席に座りたかった・・・。すっごく混んでたから運みたいなものですが。

ウインナーシュニッツィルにグヤージュなどオーストリア料理をチョイス。

2013-04-03 0908 (51)_R_R     2013-04-03 0908 (52)_R_R


kafe.jpg
こちらは借物なのです・・・
http://blog.livedoor.jp/buschiba/archives/52215259.html






2013-04-03 0908 (45)_R
これが見たかった!
美術館が一般公開される1年前(1890年)にグスタフ・クリムトが弟のエルンストや友人のアーティストと描いたものです。美術館の特徴である古代エジプトから18世紀後期に至る多種多様なコレクション内容を象徴的に描写しています。まだ若かったクリムトが独自のスタイルを確立する様子がうかがえる作品になっています。
とのこと。
見えにくいですが柱の奥の壁がクリムトイズム満載ですね。

2013-04-03 0908 (46)_R
そりゃあゆっくり見れたら幸せですが、やはり時間との戦いでもあります。
友人がすごく役立つガイドを持っていたので写メ写メ!

2013-04-03 0908 (58)_R
たしかルーベンス。メデューサっていうより小学校の怪談にでも出てきそうなベートーベンに見える。

2013-04-03 0908 (54)_R
ブリューゲルの農民の結婚式を模写する人、と本物・・・これってすごいことだよな。
ルーブルなんかにも絵を描く人結構いました。

あと不思議だったのが油絵?に見えるんですけどこういう書き方をするものかしら。乾くのに時間がかかるからもっと全体的に塗っていくのじゃないかなーと思うんですが、どうなんでしょう。

2013-04-03 0908 (56)_R
同じくブリューゲルバベルの塔。右側は、謝肉祭と四旬節の喧嘩
農民の踊りか子供の遊戯とこの日は勘違いしてた気がする。世界史でやったーって思ってた気が・・・

2013-04-03 0908 (55)_R
やっぱり有名な絵なので、もう一枚。

2013-04-03 0908 (69)_R_R
ルイ16世、だったはず。


2013-04-03 0908 (70)_R_R     2013-04-03 0908 (71)_R_R
かの有名な?ベラスケスのマルガリータ王女シリーズ


2013-04-03 0908 (72)_R_R     2013-04-03 0908 (73)_R_R
怖い絵なんて本でも有名になりましたよね。少なくともnittiはそれで知りました。




2013-04-03 0908 (60)_R_R     2013-04-03 0908 (61)_R_R
ルドルフ2世のお気に入りだったジュゼッペ・アルチンボルト。一度見たら忘れられん絵を描く人。見てて飽きない。


2013-04-03 0908 (62)_R_R     2013-04-03 0908 (63)_R_R


2013-04-03 0908 (67)_R_R     2013-04-03 0908 (68)_R_R
さて主役級出てきましたね!ラファエロの牧場の聖母、ルブランのマリーアントワネット

2013-04-03 0908 (57)_R_R     2013-04-03 0908 (59)_R_R
レンブラント。。。多分、、、の自画像、
右側は分からん!
頑張って調べたらモレット・ダ・ブレシア 「一角獣を連れた聖ユスティナと寄贈者」 と判明。。。


2013-04-03 0908 (64)_R_R     2013-04-03 0908 (65)_R_R
このベルナルディーノ・ルイーニは初めて知ったけどすごく好きな絵だなと。。
左側はサロメかな。
右側の作品がすごく好きで、たぶん同じ人だと思うんだけど自信はないのです。実物の柔らかさというか、繊細な表情が本当に素敵で見入ってしまいました。

なんかダヴィンチみたいな絵柄やんなー。

いかんせん2年近くも前の話だからいろいろ覚えていなくてぐだぐだだけれど・・・。と言い訳させてください。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村







[ 2015/01/22 08:12 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(0)

★中欧旅行記・6日目②美術史博物館の美術史収集室★

2013-04-03 0908 (30)_R
関西ではなかなかお目にかからない大雪ですがウィーン美術史博物館へ向かいます。
2013-04-03 0908 (31)_R_R
こちらでチケットを買って中へ。寒いから早く入れて―!!!

中庭をはさんで自然史博物館とついになるように建てられた美術史博物館

パンフレットを流し見るだけでも飾ってある絵画作品の豪華さに驚きますw


ですがまず入り口入ってすぐにあるウィーン美術収集室(Kunstkammer Wien)を見ることにします。
こちらは2013年に11年ぶりに再オープンしたところだったそうで、訪れた当時(2013年3月)ってもしや再オープンして間もなかったのかもしれませんね。異様に混んでたしwww

2013-04-03 0908 (19)_R_R     2013-04-03 0908 (24)_R_R     
ハプスブルグ家の紋章である双頭の鷲が天上に(右)


2013-04-03 0908 (20)_R_R     2013-04-03 0908 (22)_R_R
世紀末の魔術師にでてきそうなミレニアムエッグ・・・?

2013-04-03 0908 (23)_R_R     2013-04-03 0908 (26)_R_R
右側は象牙の細工ですかね。台湾の故宮博物館でも同じような物をみたような。

2013-04-03 0908 (27)_R_R     2013-04-03 0908 (28)_R_R


2013-04-03 0908 (35)_R_R     2013-04-03 0908 (36)_R_R


2013-04-03 0908 (40)_R_R     2013-04-03 0908 (41)_R_R
テレビの取材が来てたり。



そして、そこを出ていよいよメインの絵画の展示を見に行きます。

2013-04-03 0908 (43)_R_R     2013-04-03 0908 (44)_R_R


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2015/01/21 05:22 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(0)

★中欧旅行記・6日目①王宮と世界一美しい図書館★

2013-04-03 0908 (2)_R
噴水もなにもかも、もう寒い以外の感想が浮かばない・・・w


2013-04-03 0908 (5)_R
これは。。。!EF
私が短期留学して、その後なんかいろいろ活動してたとこです。ウィーン校かな。

2013-04-03 0908 (6)_R
天井の破片が降ってこないように?かな、それとも鳥が入り込まないように・・・?

こちらは王宮(ホーフブルク)
ハプスブルク家が650年にわたり住まいとしていた広大な王宮です。
同一敷地内?にスペイン乗馬学校と新王宮なんかがあります。その他にもたくさんの見どころが集合しているのでこの辺見ているだけで一日が過ぎ去ってしまいます。

ちなみに朝一番に向かったので、スペイン乗馬学校の朝の調教見学の列に紛れ込むところでした。
ものすごく並んでたし、結構高かったのでどんなものなのかしら。

2013-04-03 0908 (7)_R

ここでは
シシィ博物館と銀器・食卓調度コレクション、皇帝の居室は共通券で€13
解説はアプリとしても無料で存在するので気に入った人はDLしても良いのかも。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/hofburg-u-in-hofuburuku-wang/id446328580?mt=2

見たいところいっぱいあるし食卓調度はさらりでいいや・・・とおもってたんですが、最高に良かったです。
2013-04-03 0908 (1)_R
銀器・食卓調度コレクション。シシィ博物館と皇帝の住居はダメですが食卓調度は写真が取れます。
ガイドブックでしっかり解説してあることが多いので今でもたまに思い出してニヤニヤしています。

2013-04-03 0908 (3)_R
ナプキンの折り方は口伝で伝えられ、現在は2人の女性のみがおることができるのだとか。



あまり写真でご紹介はできませんが、本当、行ってよかった場所ですよ。


続いて

nittiがとっても行きたかった国立図書館(プルンクザール)

世界で最も美しい図書館ともいわれる場所です。18C前半に建設された宮廷の書庫を帝国解体後一般公開したのだとか。入場料は€5

2013-04-03 0908 (11)_R_R


2013-04-03 0908 (12)_R_R     2013-04-03 0908 (13)_R_R



2013-04-03 0908 (14)_R_R     2013-04-03 0908 (15)_R_R
フレスコ画めっちゃきれい。


2013-04-03 0908 (16)_R_R     2013-04-03 0908 (17)_R_R
本の中身は分かりませんが永遠といられる気がします。この時ばかりはドイツ語が読めればいいのにっておもいましたねー*:・(*´ω`pq゛
ファンタジーの世界の様です( ✧Д✧) カッ!

2013-04-03 125239_R


IMG_1160_R.jpg
ワイド写真撮ってみた★


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






[ 2015/01/21 04:18 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(0)

★中欧旅行記・4日目④夜歩きとカフェ・ザッハー★

2013-04-01 08 (51)_R
別日程で訪れる予定の王宮(ホーフブルク)
夜は人気がなく少し寂しいですが品があって好きです。

2013-04-01 08 (50)_R



2013-04-01 08 (54)_R
ホーフブルクの近くには地下と言ったらいいのか、壕なのかよくわからないものがあります。本当謎、なんなんだろ。



2013-04-01 08 (57)_R


2013-04-01 08 (58)_R





2013-04-01 08 (56)_R

オペラ座の夜のライトアップはなかなか素敵。

2013-04-01 08 (59)_R
これザッハーって読むのね。ドイツ語難しい・・・

せっかくなのでやっぱりカフェザッハーでザッハトルテを食べたいですよね♥

ということで行っちゃいましたカフェザッハー!!やっぱり本場に来たんだもん!
入ると、ドアマンというのでしょうか、素敵なおじさまが案内してくれます。
まず初めに、コートをクロークに預けます。クロークスペースがきちんとあって、しかもチップを渡さねばなりませんw

これがどうやらほぼ強制の模様。

まず感覚が違うよね。

564275_401656966608694_336049578_n.jpg
写真はなんだか、お洒落な雰囲気に圧倒されてほとんど取らずじまいw


さてザッハーとデーメルの二大カフェには一揉めありまして

日本でもお馴染みのザッハトルテ。ハプスブルク家御用達だったデメルが広めたので、デメルのお菓子という印象が強いと思いますが、オリジナルはこのザッハー。ホテル・ザッハーを開業したエドゥアルト・ザッハーの父フランツ・ザッハーが考案したので、彼の名字を取ってザッハトルテと呼ばれるようになったのです。

長らく門外不出だったザッハトルテのレシピですが、ザッハーが財政難に陥った際、資金援助をしたデメルにレシピが流れ、後に7年に及ぶ本家争いをしたのは有名な話。その結果、“オリジナル”を冠することが許されたのはザッハー。ウィーンではデメルのザッハトルテはちゃんと“デメルの”ザッハトルテと但し書きが付いています。

2つのザッハトルテの違いはザッハーのものはアプリコットジャムをスポンジ表面と間に挟むのに対し、デメルは表面にだけ塗るということと、チョコレートでコーティングされた上に施されるメタルの形(デメルは三角形でザッハーは円形)。

どちらも無糖のホイップクリームを添えて頂くのがウィーン流。
http://allabout.co.jp/gm/gc/410994/




だとかなんとか。

正直に言うと味は濃厚すぎて、美味しいんだけど、その美味しさがよくわからなかったw
でも、なんだかセレブになった気分で楽しかったですwww

日持ちするのでも持ち帰ることもできるんだけど、うん、いらないかなって感じ、私も家族も甘いもの苦手だしね(ฅΦωΦ)ฅ


2013-04-01 08 (55)_R
お土産屋さんのショーウィンドーをぱしゃり。







おまけ
2013-04-01 08 (52)_R
パトカーのサイレンは青色なのね。




◇次の記事⇒<

◇中欧旅行HOME⇒★中欧旅行記~INDEX~プラハ・チェスキークルムロフ・ザルツブルク・ウィーン・ブタペスト★



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(*˘︶˘*).。.:*♡
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






[ 2014/08/14 10:32 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(6)

★中欧旅行記・4日目③シュテファン寺院★

Map-Wien.gif

http://www2m.biglobe.ne.jp/~ZenTech/world/map/austria/Map-Wien.htm


続いてウィーン市内観光を続けます★
まずはウィーンのシンボルともいえるシュテファン寺院です(灬╹ω╹灬)

『シュテッフェル』の愛称で親しまれている象徴的な寺院です。1147年に小さなロマネスク教会として建設され。14世紀にルドルフ4世の命により大々的に改築しゴシック様式の大教会となったそうな。
2013-04-01 08 (32)_R
2013-04-01 08 (33)_R
137mもあるという尖塔にモザイクになっている屋根瓦が美しいのです。
また、近くにはフィアカーという観光馬車が集まっています。

2013-04-01 08 (31)_R
旧市街のど真ん中にあるので、街歩きの合間にふらっといける壮大教会。
ミサも見ることができました。意外と平日でも一日に何度もやっているのね、観光地仕様かね?
http://www.stephanskirche.at/index.jsp?langid=11&menuekeyvalue=13

地元?の信者以外の人は鉄格子の向こうからしか見れないのよね。当たり前だけどこういう大きな教会でも檀家さんみたいな?人っているんだなーと。
それにしても、教会建築だとかミサの荘厳な音楽だとか、信者じゃなくても信じちゃいそうなすごいもの。現代人でもそうなんだから昔の人なんかいちころだったろうなーと。


カタコンベではマリアテレジアなどの臓器の入った銅の缶や、ペストで死んだ人の大量の骨などが見られるそうですが、見損ねました・・・いつの日にかリベンジ!!!




2013-04-01 08 (42)_R
近く?にあるペスト記念碑(Pestsaule)
正式名称は三位一体像と言い、ペスト終焉を記念して1692年にレオポルド1世がオーストリア最大のバロック建築家フィッシャー・フォン・エルラッハをはじめとする建築家に命じて建てたものです。
1679年、ウィーンではペストが流行し、10万人以上の人が亡くなったのだとか。
グラーベン通りのランドマークのような存在だそうです。
何がモチーフになっているかよくわからないです・・・w


ペーター教会(Peterkirche)
2013-04-01 08 (43)_R
どうやら改装工事中?こちらもシュテファン寺院から近いです。
9世紀創建のウィーンで2番目に古い教会なんだそう。
ベルヴェデーレ宮殿なども手がけたバロックの巨匠ルーカス・フォン・ヒルデブラントによって18世紀に改築された。
天井画はロットマイヤー。

2013-04-01 08 (44)_R
ここでは偶然にもバイオリンとパイプオルガンのコンサートを聴くことができてん!
なんてラッキー!狙い澄ましていったかのようなすばらしさ(時間は月~金曜15時、土、日曜20時)(○´∀`)ノ
バイオリンの男の子10歳くらいに見えたけどめちゃうでした★


これでチケット買ってコンサートに行こうかなっていう案はなくなりました。
観光地にはモーツァルトみたいな恰好の人がたくさんいてチケット売ってます。

2013-04-01 08 (34)_R
街を歩く人々もおしゃれ。






おまけ



2013-04-01 08 (37)_R
アイスクリーム屋さん店内。コーンが気になって気になって。
[ 2014/08/11 09:33 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(0)

★中欧旅行記・4日目①ベルベデーレ宮殿でクリムト★

2013-04-01 08 (1)_R
ザルツブルクのホテル。超早起きです。疲労の為だんだん朝ごはんを食べれなくなってきた同行者が徐々に増え・・・
nittiはまだまだ元気です⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

それにしても背景が食事場所に置くような絵ではない気がするんだけどw

2013-04-01 08 (2)_R


Map-Wien.gif

http://www2m.biglobe.ne.jp/~ZenTech/world/map/austria/Map-Wien.htm


ザルツブルクからの電車はウィーン西駅に到着します。
大体2時間半くらい?だったかしら。

2013-04-01 08 (4)_R

地下鉄の3日券。5.4€。買い方はザルツブルク⇒ウィーンで一緒になったおばあさんに教えてもらいました(灬╹ω╹灬)
しかしこの地下鉄券一回も使うことがなかったのよね。(載らなかったって意味ではなくってチェックされなかったって意味)
日本やロンドン、フランスの改札は機械があって、キセル対策が厳しいのだけど、この旅程で行ったような国々はほとんどチェックないのよね。

で、最初は民度が高いのだなー!と感心してたんだけど、実はキセルがばれるとすごい罰金が科せられるのよね。素直に払った方がましってレベルの。
世界一周してた友達が引っかかって払ったらしい。

やつは故意に買わなかったので自業自得である。

まぁ気持ちはちょっとわかるけどね。

2013-04-01 08 (3)_R
地下鉄の様子。地下鉄便利だわ。


2013-04-01 08 (5)_R
写りが悪いけどベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere)。表から。宿泊したホテルアトラスの近くです。
バロック様式の宮殿で、プリンツ・オイゲン公の夏の離宮として建造されたそう。
なので?すこし冬の風景はさみしいのです。
ここの上宮はオーストリアギャラリー(オーストリア絵画館)という美術館になっていてクリムトの接吻、ユディット他、シーレやココシュカ、モネ、マネ、も見れました!
ここのクリムトを見るために中欧を卒業旅行に推したといっても過言ではない!

館内は撮影禁止でしたのでちょっとお借りしてきたきた画像なのですが。。。
いやーもうよかった!

このオーストリアギャラリーは世紀末芸術からユーゲント・シュティールのオーストリアの画家の作品を中心に所蔵しており、何より見ていて飽きない!、楽しい!、興奮する!のです。
世紀末芸術大好き♥


03494x.jpg
グスタフ・クリムト 接吻
http://doctoratenfrance.blogspot.jp/

この接吻を見れただけでもう満足です、この旅行は満喫した・・・!って感じw
想像以上に大きくて大迫力、見入ってしまいます。サイズは180 × 180 cmらしい。

KR14.png
グスタフ・クリムト ユディト
http://tomominakagawa.blogspot.jp/2012/08/klimt-paintings-at-schloss-belvedere.html


20110528-92.jpg
http://tabisuru-c.com/travel/austria_201105/20110528-14r.htm
他にも有名なダヴィッドの『サン・ベルナール峠を越えるナポレオン』があってビビりました。
ウィーンにあるんか!とびっくりしたのですが、実はナポレオンが気に入って何枚も発注したらしく、世界に何枚か、というか日本にも!
同構図のものがあるのだそうですw
ですからこの画像がどれにあたるのかnittiには見分けがつかなかったり・・・


800px-Egon_Schiele_016.jpg

有名どころだとエゴンシーレの(チェスキークロムロフでシーレ記念館行きました★)『抱擁』なんかも
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC


後は公式のギャラリーだとこんな写真もあったり(灬╹ω╹灬)
ansicht_schlachtenbildersaal_schmidt_730x440.jpeg

ansicht_blauersalon_schmidt_730x440.jpeg

ansicht_luster_schmidt_730x440.jpeg




2013-04-01 08 (6)_R
やはりなんだかきれいにうつらないのです~なんでだろ。

2013-04-01 08 (7)_R
庭園は冬に行くとちょっと微妙。

2013-04-01 08 (8)_R
噴水が枯れてるのもちと残念です。

2013-04-01 08 (9)_R
上宮側から見た下宮。時間と相談して、行かなかったんよね。

2013-04-01 08 (12)_R

2013-04-01 08 (11)_R

2013-04-01 08 (10)_R
ウィーンは屋台文化が発展している、らしいのですが、確かに安くておいしいのです!
この屋台文化の隆盛はトルコ人の流入が増加し、ケバブ屋台が増えたことに端をなすようで、この屋台もトルコ系の方の様でした。だってメニューにケバブあったしw


◇次の記事⇒<

◇中欧旅行HOME⇒★中欧旅行記~INDEX~プラハ・チェスキークルムロフ・ザルツブルク・ウィーン・ブタペスト★


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます?(。???。)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






[ 2014/08/06 20:18 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(2)

★中欧旅行記・4日目②世界遺産シェーンブルン宮殿★

Map-Wien.gif
http://www2m.biglobe.ne.jp/~ZenTech/world/map/austria/Map-Wien.htm


さて、続いてハプスブルク家の夏の離宮、シェーンブルン宮殿へ向かいます。世界遺産にも登録されており、ハプスブルク家の栄華の象徴とも。
前回のベルベデーレ宮殿がもともとハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲン公という軍人の建てた宮殿だったことを思うとこちらの方がやや?ボリューミーですね。

2013-04-01 08 (14)_R
シェーンブルン近くの地下鉄駅。もはや地上である。


2013-04-01 08 (15)_R
読めないけどシェーンブルンステーションとかだろ、たぶん。


2013-04-01 08 (18)_R
荘厳。この色は「マリアテレジアンイエロー」というそうで、彼女が好んだ色だとか、ちがうとか。最初は金箔をはりたかっただとか(どこの鹿苑寺)、なんだとか。
左手の人ごみはイースターの市が立ってるの。
これは別の記事で⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

2013-04-01 08 (19)_R


シェーブルン宮殿内部は残念ながら撮影禁止。
1740au2.jpg
http://www.europe-z2.com/kinsei/ad1740au_n.html


ここはツアーでインペリアルツアー(26の部屋が見れる、€11.5)とグランドツアー(40の部屋が見れる、€14.5)
時間が結構遅かったので進行を考えてしぶしぶ?インペリアルツアーにしたけど、これで十分満足!
ロココ調で見るのに疲れる。。。と言ってしまうとあれですが、本当に豪華で見ごたえがあります。もう一回行きたいです。

日本語のオーディオガイド代も料金に入っていて、聞きながら回るんだけど、内容も面白いですし
ボリュームは十分、ちょっと疲れちゃうくらいはありました。


公式ページから
dddda.jpg


asdf.jpg


ここでしょっちゅう登場してくるのが(人気があるからだとは思うんだけど)シシィことエリザベートとフランツ・ヨーゼフ1世、
それにマリーアントワネットに
マリアテレジアとその夫ヨーゼフ1世。

とにかく、男性陣が同じ名前すぎてヤヤコシイ。
hapusburg2.jpg

http://nao8148.blog.eonet.jp/default/2009/02/post-98f9.html



2013-04-01 08 (16)_R
宮殿に入って反対側に抜けたところです❤(。☌ᴗ☌。)
庭園が見える。

2013-04-01 08 (17)_R
庭園をずんずん歩き回ります。こげな風に、西洋の庭園は手を加えて、自然をコントロールして何ぼ。日本庭園の自然をありのままで美しく見せる系のスタンスとは逆ですね。


2013-04-01 08 (13)_R
前方に見えるのはグロリエッテ、遠かったので行くのをあきらめました。
もう少し眺めても楽しい季節ならば行ってもいいのだけど。

ちなみにこの庭園内には動物園(世界最古らしい、パンダいるらしい)があったり、植物園があったりします。



2013-04-01 08 (47)_R

これが植物園のパルメンハウス、ちょっぴり興味はあるんだけどまぁ行かずじまい。




それよりこれ、何だと思いますか・・・?

2013-04-01 08 (45)_R











2013-04-01 08 (46)_R


日本庭園なんだって、ふざけんなwwwwww

確かに自然に任せてはあるけど任せすぎじゃろ。

ウィキさんによると


シェーンブルン宮殿には日本庭園がある。これは1913年にフランツ・フェルディナント大公が日本訪問から帰国後造営させたもので、オーストリアの庭師に見よう見まねで作らせたものである。オーストリア=ハンガリー帝国崩壊後は荒廃し、誰ともなしに「アルプス庭園」と呼ばれるようになったが、1996年にここを訪れた日本人が日本庭園ではないかと指摘した。その後調査が進められた結果、手水鉢と思われる石など見つかり、日本庭園ということが断定された。これを受け1998年、日本から庭師を招いて枯山水の日本庭園として修理復元がなされた。
だそうな。



庭師いるんかい!(今は知らんけど。)




さらにウィキさんにはさらに衝撃的な情報が載っていて

シェーンブルン宮殿は観光客に公開されている2階部分を除いた居室が、文化財管理公社によって賃貸住宅として一般に貸し出されており、住民がいる。これは1960年代にウィーンの住宅問題を解決するために考え出されたものである。居住者は建物の性質を変えない程度のリフォームは許されている。現在では居住に不便な部分も多数あるといわれ、ウイーン市民にとっての住宅物件としての人気は低い。官舎であるため、公務員であることが入居の条件である。2LDKで100m²、家賃は日本円で4万7千円。



普通に住みたいんだけど。




2013-04-01 08 (48)_R
こちらは帰り道。こういうところはしっかり手をかけてあるのに。誰か日本庭園管理できる人派遣しちゃれよ。まがりなりにも世界遺産の一部なんで、世界に間違えた情報を発信せんといてーなщ(゚д゚щ)♪


2013-04-01 08 (49)_R
奥のかわいいバス?トレイル?のシェーンブルナー・パノラマバーンが撮りたかったんだけどちょーどちょーど人が邪魔。すっごくタイミングわるかってん。


◇次の記事⇒<

◇中欧旅行HOME⇒★中欧旅行記~INDEX~プラハ・チェスキークルムロフ・ザルツブルク・ウィーン・ブタペスト★

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(*´ω`*)
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村




[ 2014/08/04 19:03 ] 海外旅行 オーストリア | TB(0) | CM(2)