★グルジア(ジョージア)のワイン★

お酒ネタがまたできたのでひとつ、ワイン発祥の地であるグルジア(ジョージア)のワインです。
なんとその歴史は8000年も前にさかのぼるのだそう。

最近いつもお買い物をしているスーパーで見かけて衝動買いをしてしまいました。
(他の街に住むワイン好きの友人も買ったらしいですが、同じスーパーでしたwww)
なんて言ったって見た目が印象的で、陶器のボトル製。
飲み終わった今もなかなか処分ができず、良い使い道を考えているしだいです。

まずグルジア(ジョージア)ってどこよってとこからはじまるんですがねw
場所で言えばトルコの隣、シルクロードの西の端に当たります。コーカサス地方というと世界史選択としてはどうにかピンとくるしだい。


「クレオパトラはこの芳醇なグルジアワインをこよなく愛し、人前では強権を誇ったクレオパトラが、時に一人グルジアワインを傾け涙したと伝えられ、グルジアワインは「クレオパトラの涙」と呼ばれるようになりました。」だそう。


th_FullSizeRender 3

このワインにもクレオパトラも愛した、なんてうたい文句が書かれておりましたがそのお味はといいますと、濃い赤色のなかなか渋く重めの味でした。
この陶器の瓶に入って、軽く飲みやすいワインってことはないとは思っていましたが、
どっしりと(そして結構酸化してそうなw)味でした。チーズとよく合いました。飲み終わるのに時間がかかりました。

ブドウの品種はサペラヴィ、はじめて聞く品種ですね。グルジアの固有種だそうですよ〜

ちなみにグルジアの個展製法に則ったワイン造りはユネスコ世界遺産にも登録されたのだそう!
そう思うと気になってきました。甘口のも買ってみようかしら。

http://www.unesco.org/culture/ich/en/RL/ancient-georgian-traditional-qvevri-wine-making-method-00870

http://matome.naver.jp/odai/2144881981703359001

グルジア自体もあんまりなじみのない国でしたが、いつか訪れて、その独自の文化を味わい尽くしてみたいものです。


いろいろと調べていると、現在の国名はジョージア。グルジアは旧ソ連の国ですが、反ロシアの急先鋒なんだそうです。
ですから、読み方を英語読みにかえたということだそうです。それでしたら、あんまりなじみはありませんがちゃんとジョージアとせねばなりませんね。



ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村





[ 2016/04/10 03:09 ] お酒・バー | TB(0) | CM(1)

★ワインの四方山話★

久々にお酒の話などしてみようかと思います。


nittiお酒大好きですけれど、最近新たなお酒にチャレンジしていないことに気づきました。

さて、出張帰り(というか外まわり帰り?)にふらりと梅田の阪神デパ地下に行ってみたんですが、お酒売り場、なかなか力が入っていますね。
というか、正直知らないお酒ばっかりで面食らいました。

ワインが分からないのはまぁしかたないとしても、結構飲んできたと自負しているウイスキーですら、知らない物ばっかり。まぁ全部なかなかに高いやつだったので、お店にも置いていないし、普通に飲めるような値段じゃないんでしょうけど。
あれですかね、通好みみたいなやつが並んでいるんですかね。




ま、デパ地下なんてほとんど行くことがなかったので、未知の世界ですね。びっくりしました。

メーカーズマークのようにロウ?で封をされた瓶内発酵が続いているビール
ブルーベリーや果実のグリューワインだとか、危うく買いかけました。


そんな中、ひとつ運命を感じたのが
トスカーナ地方のラ・スピネッタ社(La Spinetta)のワインのエチケット
http://www.la-spinetta.com/



th_IMG_1378.jpg

なんとnittiのスマホケースと同じデューラーの犀!!!
何種類かのワインが置かれていましたが、全て件の犀でした。

これは、先日神戸であった「大英博物館展」でも展示されていた印刷技術の黎明期のヨーロッパを席巻した版画です。
なんで、ドイツ人のデューラーでトスカーナワイン???と疑問はつきませんが
過去記事⇒http://nitti00w.blog.fc2.com/blog-entry-478.html


余りにびっくりしたので、購入しようかしらとも思ったのですが、結構たかくってですね・・・
一番お手頃なものでも3000円くらい、高い物は一万円超え、1日やせいぜい2日で飲んでしまう(そしてそんなに好きでもないw)ワインにそんなにはだせません(。・ω・。)

試飲もさせて頂いたんですが、うーんちょっと好みとは違うかなと。



この運命感じたワインは、いずれの楽しみにとっておきましょ。

間違いなく、最もよくされる質問である。わが社ワインのラベルに
写しだされた動物はわれらがクライアントの好奇心を相当に刺激
している。

実際に犀とラ・スピネッタにはなんら直接の関係はない。この動物を
選んだその裏側には、疑いもなく、ジョルジョ・リヴェッティが
常日頃から持っている、この著名な犀の画とアルブレヒト・
デューラーの木版画への大いなる憧憬があったのだ。

犀の歴史とラ・スピネッタを結ぶストーリーは皆無だが、この特殊な
犀のストーリーは多彩で、まさしくそれがこの有名な芸術作品に
ジョルジョがぞっこんになった理由である。


この画は、ポルトガルへの犀の到着を記念して描かれたもので、
1515年のリスボンでの事。ヨーロッパにおいてこのような動物が
お目見えするのは初めてのことだった。

犀は、ポルトガル支配のインド総督からポルトガル王に献上されたもので
犀と象の決闘において、前者がその相手を圧倒したということだ。


ほどなく、この犀の詳細がドイツにも届き(おそらくはいくつかの
デッサンも)デューラーは、その犀を見ることなく彼独自の表現法と
木版画の技術を駆使して描いた。


デューラーのこの画は、その後300年にわたってヨーロッパの
アーティストに影響を与え、実際の犀を見たであろう彼らさえもが
デューラーの犀を模範にして、あからさまな装飾をつけて描写して
いるのである。


我々の最初のバローロ・カンペのエティケッタにはデューラーが鉛筆で
デッサンしたライオンを選んでいる。というのは、ライオンは疑いもなく
すべての動物の王であり、我々はバローロというワインにもっとも
似つかわしいイコンとなりえると考えたからだ。バローロとはイタリア
ワインの王なのだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/viteitalia/diary/201106060000/



と公式HPに描いてある説明を和訳してくださった方がいらっしゃいましたのでお借り致しました・・・



ちなみにその日の気分はもうワインだったのですが、選び方なんてゼンゼンわかんないので白ワインお楽しみ袋を購入することに。
てか、お店のおっちゃんが、「これはイイヤツはいってるきがするなー」とか言うもんだからですねwww
結構具体的な予言なさるものだからついついノせられてwww


th_IMG_2006.jpg
中身は5等で2000円くらいのスペインワイン、お金的にはちょっぴりお得、内訳も公開されていたので内訳的にもまぁお得というくらいでしょうか。
お金的にはそうですが、味はなかなか好みでした。

th_IMG_2009.jpg
世界中で飲まれているサングレ・デ・トロのワンランク上のやつらしいっす

辛口でフルーティー、すらりと飲みやすいワインでした。

th_IMG_2007.jpg

トーレス(TORRES)はなんか私も聞いたことがある気がするやつ(トリスハイボールだったりしてw)ですが、
なんと牛の人形が瓶に着いてたりするんですよ。

てか、そりゃ店員さん触れば分かるわなwww


th_IMG_2008.jpg





ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






[ 2016/04/02 07:14 ] お酒・バー | TB(0) | CM(2)

★ワインオープナーばなし★

th_DSC_0451.jpg


ワインのコルク抜き。
nittiが愛する様々なお酒のうち、どうしても苦手意識があるのがワインです。

まず、コルクをあけるのがめんどくさいし、あけたら早めに飲まなきゃだし、二日酔いなるし・・・

それでも、ちょっとはワインを知ってるって言うとかっこいいかなと、不純な動機でたまに飲みます。



さて、先日nittiがボトルのワインを初めて買ったときからお世話になっていたコルク抜きさんが絶命召されました。
ちょっと使いにくくはあったものの、見た目が好みで愛用していたおふらんすはParisの土産物。(写真左)
初めてのワインのコルクあけで四苦八苦していたときにご素敵な老夫婦があけてくれたりと思い出深い品でもあります⇒過去記事★


さて、そんな思い出深い品も所詮は土産物、久々にワインをあけようとしたらスクリュー部分が根元からぽっきりと折れてしまいました。

ショック・・・!



ということで、急遽新しいものを買うことに。
これまで使っていたバタフライ型ではなく、
ソムリエナイフが以前より欲しいと思っていたのでひとまず安めのものを購入することに。そのうちワインの国に行く機会があればにちょっといいものを購入しようかなーと思ってます。いつになるやら。



で、かったのが700円くらいの安価な一品・・・

別に普通に使えますしね。ものの善し悪しは分かりませんが、普通に店のよりあけやすい・・・

ソムリエナイフはなれるまでは使いにくいですが、なれてしまうと力も要らずラクと言えばラク!
私はできませんがソムリエさんは忙しいときは歩きながらもあけられるのだとか(-ω☆)キラリ




ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村



最後に、スチームパンク版ワインピタゴラスイッチをご覧頂きましょう
これもワインオープナーですよ・・・w





[ 2014/12/18 20:52 ] お酒・バー | TB(0) | CM(4)

★ウイスキーがおすきでしょ♪★

最近ちかとお酒の話題が続いていますね。

だんだん皆様に酒好きがばれ、もとい浸透してきたことかと思います。
こんなnittiは実は?ウイスキー党なんです。そういえば言ってなかったような。
ちょうどいい酔い具合と二日酔いが起きにくいのでついついいつもウイスキー。

何でも飲みますが、一番はジャパニーズウイスキーの白州ですね。
日本のものはどれも好きですが、中でもダントツでやはり白州。。。

普段はバーボンをよく飲みます。


ウイスキーの細かい分類なんかも興味深いものがあるんですが、好きな人しか楽しくない話題ですので今日は止めておきましょう。



さて、

バーに並ぶウイスキーを始めて頼むとき、特にこだわりがないのなら、話題性があるものがいいかしらと思うのです。ちょっと記憶にも残りますしね★

たとえばメーカーズマーク

この上の蝋を垂らしたようなキャップはひとつひとつ手作業でつけられているので二つとして同じものがないのだそう。
この赤い封蠟がけ体験というものがときたまあるらしく、どこぞのバーにて自分でやりましたというボトルを見たことがあります。いいなぁ私もやってみたいです(○´∀`)ノ

nittiの中ではかなりオススメのバーボンです。バーボンのなかでは一、二を争うくらい好きかも。





他にも、ブラントン
ブラントン 46.5度 並行 750ml

ブラントン 46.5度 並行 750ml
価格:3,980円(税込、送料別)



こちらは上に載っている馬の置物が(Blanton’s)の文字数分の8種類あって
並べると走っている馬の連続写真のようになるんですね。
こちらは、確かに美味しいバーボンなのだけどいい値段だからね……(ㅎωㅎ*)





そして、いくつかウイスキーが並べられたとき自然と目がいくラベルのウイスキー
フォアローゼズ。
こちらはおそらくドンキホーテで格安にて買うことができる、別段珍しくも何ともないウイスキー。

バーに行ってまでフォアローゼズ、なんていう人もいるかもしれない。

でも、このウイスキーの名前の由来にはちょっとろまんちくなるエピソードがあるのです。

それはある舞踏会でのこと、フォアローゼズの生みの親ポール/ジョーンズは、絶世の美女と出会います。一目で恋に落ちた尾ポールは、迷わずプロポーズしました。でも、彼女は彼にこう答えたのです。
『どうか次の舞踏会までお待ちください。プロポーズをお受けするなら、バラのコサージュをつけて参ります。』
そして約束の舞踏会の夜、彼女は四輪の深紅のバラを胸に彼の前に現れたのでした。…
http://www.kirin.co.jp/products/whisky_brandy/fourroses/episode/index.html




th_0129_01_b.jpg

ちなみに右側のがフォアローゼズブラックという、ちょっと高級バージョン。
私の周りでは黒バラなんてかっこつけて呼んでますが全国的にそうなのかは知りません。
最近ボトルデザインが変わったのですが、前の方が好きだったなー(ㅎωㅎ*)

さらに上にプラチナなんていう高級感あるオサレボトルもございます(飲んだことないけど!)

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






最近だと朝ドラのマッサンの影響でウイスキーがよくよく売れているようですね。
ウイスキーブームもっとこい!!!ウイスキーを飲んでてもどん引きされない時代よ来い!!
ドラマは見てないけど、本のやつ?を今読んでます★
[ 2014/12/10 15:00 ] お酒・バー | TB(0) | CM(2)

★画家の名前とカクテルの話★

シャンパンカクテルはこのシーズンにぴったりですねヾ(*´∀`)ノリア充ども爆発せよ!


昨日の瓶詰めカクテル、ベリーニ(スパークリングワイン+桃ピューレ+甘味)の味ですが

うーん、桃ピューレが微妙でした。
フレッシュな桃を使ったものならもっと美味しかったんでしょうが、どろりと少々くどくて、これならピーチネクター(いわゆるジュース)をつかったシンプルレシピの方が美味しいかもなーなんて。



さて、今日はベリーニの親戚のようなカクテルがあるのでそちらをばご紹介
桃の代わりに
・イチゴのピューレを使用すると「ロッシーニ」(Rossini)、あるいはレオナルド(Leonardo)【ダヴィンチのことね】
・ミカンのフレッシュ・ジュースを使うと「プッチーニ」(Puccini)
・グレープ(ぶどう)では「ティツィアーノ」(Tiziano)
【ベリーニ兄弟に師事したルネッサンス期の画家、ティツィアーノ・ヴェチェッリオから、ベリーニより有名…?】
関係ないですがグレープとグレープフルーツって耳で聞くとややこしいから嫌い…

・マスカットならラファエロ(Raphael)
・マンゴーなら、フランジェリコ又はカラバッジオ(Caravaggio)
・ザクロなら「ティントレット」(Tintoretto)


なんというか言ったもの勝ち感が満載ですね( ̄▽ ̄;)


他にもあるらしいですが、どれもイタリアに所以ある芸術家らしいという所は共通なようです。




スパークリングワインやらシャンパンやらとフルーツの相性は非常によくって、女性にも飲みやすいですから、季節のフルーツをピューレ状にしたものを足してみるとたいていの場合美味しくなります。

バーで飲むのもいいですが、所によっては高くつくこともあるのでw
ホームパーティなんかで大量に作っちゃうのも良いかもしれません。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






ああでも、オレンジジュース+シャンパンはミモザといってお花の名前が由来ですので画家さんではないですね。カシスリキュールで作るキールロワイアルも。
[ 2014/12/08 20:21 ] お酒・バー | TB(0) | CM(2)

★カルパッチョとベリーニ、お酒と絵画の話★

お酒と料理と絵画な話。

カルパッチョというと日本ではサーモンや海鮮がのったマリネのようなイメージですよね。
生のお魚って海外でも食べるんじゃん!と。


海沿いの地域では西洋でも生魚を食べる文化があるとは聞いていますが、
イタリアで生まれたカルパッチョ本来の料理は生の牛肉を使ったものなんですね。

生の牛フィレ肉を超薄切りにして、マヨネーズベースのソースをカンディンスキー風にデコレーションしたイタリア版の牛刺しであった。若い牛肉は脂肪分が少なくあっさりして、しかもレモンの酸味をほどよく利かせた軽いマヨネーズが、絶妙のバランスで味をまとめていた。



スクリーンショット 2014-12-08 024557
http://compitum.net/col_rec/kyojyu/kyoujyu6.html
こんな感じ。


ですから○○のカルパッチョという名称の場合はその○○が使われ
カルパッチョとのみ書いてあれば牛肉が使われるようです。


まぁ偉そうに書いても食べたことないんですけどねwww



で、本題が、このカルパッチョが生まれた場所、ハリーズバーのお話です。

ハリーズバーというのは
お酒の世界でも有名な店で文豪ヘミングウェイがこよなく愛した店として、
そして、ベリーニというスパークリングワイン(イタリアの”スプマンテ”ならなおよい)とピーチネクターを使った有名なカクテルが生まれた名店として知られる名店なのです★

バーテンダーとしてバイトするために各自お勉強するんですが、大体どの本にも出てくる超!有名店!なのです。まぁ有名店というか高級店なのでえっらい高いようです(噂によると写真のカルパッチョが6000円くらいだって)。いっぺん行ってみたいけど、敷居が高いなー。

th_IMG_20141208_031726.jpg

イタリア土産で瓶詰めベリーニをもらったことあります(ㅎωㅎ*)
というかせっかくなので今からあけます。賞味期限今月いっぱいだし。
th_IMG_20141208_031754.jpg



このベリーニなる名前にピンとくる絵画好きの方もいるかと思いますが
ルネッサンス初期の画家ジョヴァンニ・ベリーニの展覧会を記念して作られたものなんだそうですね。

th_1024px-Giovanni_Bellini_013.jpg
『ピエタ』1460
こんなの描く人。

私はあんまりルネサンス期の絵はキリスト教色が強くて描かれてるものも描いた人もようわからんので好きでないです( ̄▽ ̄;)きちんと勉強したら好きになるのかしらー。




ちなみにもう一つ、
カルパッチョという名称も実はヴィットーレ・カルパッチョという画家の名前から取られた名前なんですよ。
牛肉赤とソースの白の対比がカルパッチョ絵画の特徴をあらわしているのだとか。

th_800px-Vittore_Carpaccio_050.jpg
聖ウルスラの夢(1495年)

こちらもベリーニに続きハリーズバーのオーナー、ジュゼッペ・チプリアーニにより作られたんですよね(ㅎωㅎ*)
この方芸術好きだったのかもしれませんね。
どちらの画家も、ハリーズバーのあるヴェネチア派の画家なのだそうですよ。



もう少しこの話は続くので次回に持ち越しです、よろしければまたおつきあいください(ㅎωㅎ*)

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






★ベリーニのレシピ★
スパークリングワイン(スプマンテ) 2/3
ピーチネクター(本家ではピーチピューレ) 1/3
グレナデンシロップ(ザクロのシロップのこと、本家では砂糖)1dash
[ 2014/12/08 03:22 ] お酒・バー | TB(0) | CM(2)

★バーにあるメニューと大都市圏の超安バー★

th_スクリーンショット 2014-11-25 05326
bar moonwalk

わすれないうちに先日の超激安京都バーの紹介をしておこうと思います(ㅎωㅎ*)
チェーン店なので東京や大阪、神戸なんかにも何軒もあるんですけどね、どこも結構立地がいいので重宝しそう。近場なら梅田にもあるし。
京都の四条木屋町店もそうですが、雑居ビルの中にあることが多いらしく、ちかとアナーキーな雰囲気を醸し出しており知らずに入るには勇気がいるようですよw


チャージ400円、ドリンクall200円、フードも300円
私の知る中では最安値ですね。
(近所にチャージなし300円の店があるのですが味が微妙なのでこちらに軍配、お世話になってますが。)

アホみたいな飲み方するメンバーで行くなら最高ともいえる店でしょうか。

美味しいお酒を一、二杯なんてのには間違っても使わない方がいいのかも。。。

でも値段相応以上の味だったので行って損はないと思いますよ。あと、メニューがすっごく豊富。
これまた今まで見たどの店よりも。


だいたいどこのバーでも(ガールズバーとかオカマバーとかレストランバーとかでなく)ショットバーであれば注文すれば数百のカクテルを飲むことはできるんですね。
それこそカクテルってのは無限の組み合わせがありますから、腕のいいバーテンダーさんとリキュールがそろっていればよりどりみどり、それこそ無限なわけです。

ですが、わりかしバーのメニューというのはそんなにたくさんは書いてないんですね。
私の行く店の統計?だと
少ないところで3つ4つ、うちの店(1杯800円〜くらい)で20くらい、若者向けの店(1杯300円〜500円くらいの)で100くらいですかね。

下手するとメニュー自体がない店も結構ありますね。本日のオススメのフレッシュフルーツカクテルだけとか。

勝手な想像ですが若者向けの(リーズナブルな)店ほどメニューの品数が多く、常連さんばっかりの店や敷居の高そうな?店ほど少ない。
メニューのない店ではバーでお酒を頼むという行為自体が会話の糸口になったり(そもそも並んでいるボトルを見て決めたりする人も多かったり)

逆にみんなでわいわい行くような店では、選ぶ側もメニューがあると親切ですし、店員さんの作業量やマニュアルという観点からもメニューから選らんでもらうのがいいのでしょうね。


いろいろ書きましたが、
メニューが豊富ってのは、結構楽しい。
なれない人が行っても面白いし、私のような片足突っ込んだ人間が行っても新たな発見がある。

というかありすぎたw



私はあんまり安いとつい飲み過ぎて翌日後悔するコトがあるので気をつけないといけないタイプの店ですねw
nittiの所持金から考えてだいたい1杯500円くらいが安心して飲める店な気がする。

ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村






日本酒一合1000円〜クラスの店からのギャップが激しすぎます。
[ 2014/11/25 20:09 ] お酒・バー | TB(0) | CM(2)

★タクシーに乗る罪悪感/アホな酒飲みの日記★

th_DSC_0421.jpg
箕面の滝の紅葉風景(○´∀`)ノ



この三連休いかがお過ごしでしたか?

nittiは久々に遊んだなーという日々でした。

美味しいと評判の回転寿司に食べに連れて行ってもらい(敵情視察をかねて?)、そのあとスペインバルとバイト先のバーをはしごのちに解散


がしかし!



飲み足りずいつものお店に顔をだしたんですが
そこのマスターの誕生日パーティに遭遇、完全に忘れてました。

それはもう
エンドレステキーラパーティの一晩でした。

そこから意気投合した不思議なメンバーで○○随一テキーラの消費が多いと噂のお店に行ったりとか、
(後で知ったんだけどその店うちの大学の学生はテキーラ1杯サービスだったんだって、そうはみえなかったのか、くそっw)

さらに出戻ったりで気づけば冬の朝日を眺めることに……あはは

累計6軒を出戻り含め8軒はしご、あほや!




私ははしご酒、ダメなんですよね。いやね、つい飲み過ぎるから、さ。


イケメンがメンバーにいたので調子に乗りましたw
ただの飲み仲間なんですが好みの顔なもので(向井理似)つい楽しくなってしまいます……
やっぱり私もイケメンが好きなのか、イケメン怖い。




無事に帰宅しひと眠り。
予定通り?目覚ましで目覚めた私がまず驚いたのは
ふわりと香る大地のかほり……

ふぁっ???


なぜだかベッドが土まみれw
どうやら日光に当てるためいつもと別の場所に置いていたプランターを寝ぼけて?酔って?ひっくり返したようで……w

いやはや驚きました。






と、ここで終われば良かったのですが

実はその日、
紅葉を見るために箕面の山を登るという超絶アホな予定を立ててたんですね。




行きましたとも、もちろんw

でもさすがにちょっとしんどくてタクシーを家まで呼びつけてしまいました(ㅎωㅎ*)
2年ぶりくらいにタクに乗りました(海外除く)。
金額にして1500円、しかし、なんだか罪悪感が止まらない。私が車社会の田舎出身だからでしょうか。



やっぱりタクシー苦手です。


ここからは根性です。二日酔いと戦いながらの山登り!幸いにしてたいした山ではないんで楽しそうな顔のまま何とかなったんですけどねw

実はこの箕面の山、大学の必修授業でも登ったんですが
そのときは38度の高熱、後で調べたらなんとインフルエンザwww


本当毎回しんどいときばっかり登ってる気がします・・・


また、紅葉の記事はupしますね。






で、
まだまだnittiのアホは止まりません。

なんと、夜は京都に行く約束してたんですよね……ふははははw


はい、行きました!
本当は紅葉を見るはずだったのですが、三連休ってのもあって相手さんが人混み嫌いなのでゴハン&飲みに変更。
昼の山登りはすっぴんだったんで、夜はさすがにと一時帰宅しお化粧して


一応初デート?だったんでねwww

久しぶりですよ、男の子(先輩ですが)とふたりでゴハンいくのは。

京都人でよく飲み歩いてるので、さすがに美味しい店を教えてくれました。
隠れ家系ばっかりなんでほとぼりが冷めたころに紹介できればと思います。

それはそれは美味しい日本酒飲んで

穴場格安バーにいって
(チャージ400円でドリンク1杯200円、味も酒も悪くない。これだけで分かる人は分かるかもw)

途中まではいい感じだったけど先方が少し飲み過ぎちゃったみたいで、すこししんどそうだったので
もしかしたら次はないかな……って感じでした。残念!?

クリスマス、またも一人かもしらん。バイトするか。

ちなみに、nittiが朝タクシーで罪悪感を覚えまくっていたその同日
このかたは集合場所までまで一時間以上もかけタクシーでやってきなさった坊である。
住む世界がちがわー。






終電で帰ってきて、残りは休養とバイトに当てた三連休です。




我ながら楽しんだ、されどアホな休日でした。

基本的に休日は家にいたいヒキコモリのオタク気質なのでたまにはいいかな。
それにしても、体力の衰えを切に感じる今日この頃です(ㅎωㅎ*)


ランキング参加してます。
クリックしてくださるとすごく喜びます(○´∀`)ノ
にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村








あと、念のため、
nittiは富士の根雪よりも清らかですよ(○´∀`)ノ

嘘言うなって?ガチ本当です。
[ 2014/11/25 03:14 ] お酒・バー | TB(0) | CM(10)